宇津救命丸株式会社

夜泣き、かんむしに宇津救命丸国内唯一のこども専門総合医薬品メーカー



やわらか社長の楽しいぶろぐ



« 大腸検査 | メイン | 手術 »

老人の病(やまい)?白内障

以前、歯の健康の話をしましたが、目の病気も
大変です。


私は40代の初めごろから目に異常を感じてい
ました。突然目に刺すような痛みがあり、目が
開けられなくなるのです。
しばらくするとウソのように痛みは消えるのです
が、運転している時によく起きるので、大変危険
でした。しかし、近所の眼科で診察を受けても、
結果は異常なし。


それでも痛みは続いていましたが、今度はだん
だん物がはっきり見えなくなってきました。
視力が落ちてメガネの度が合わないのかと思い、
メガネ店で視力を計ってもらったところ、白内障
ではないかと言われました。


大きい病院で診てもらおうと、眼科では日本でも
屈指の井上眼科に行きました。
全国から患者さんが診察に来るというぐらいなの
で、院内はバーゲンセール並みの混みよう。
広い待合室はいっぱいで、廊下から玄関まで患
者が溢れています。


勤務している先生は沢山いますが、その中で
院長先生に診てもらう事になりました。でも、
そんな人気のある病院ですから、院長の診察を
受けるのも大変です。
当時は予約が出来ず、普通に行ったら4~5時
間待つのはあたりまえ。


会社の近くなので、朝、社員に診察券を出して
きてもらうのですが、午後1番の診察でも、午前
中からの診察がずれ込んで、1時に行っても終
わるのは4時過ぎです。
お年寄りが多いので、待合室はそれぞれの病
気自慢や嫁の悪口でワイワイガヤガヤ。


私の前に診察してもらっているお婆さんが、院
長先生に言った言葉に驚きました。
「最近、目ヤニがちょっと出るのですが」。
エ~ッ!そんなことで朝から何時間も並んで・・
目薬か、近所のすいている眼科に行けばいい
のにと思うのですが、やっぱり病院はお年寄り
の社交場なのでしょうか。


目の検査はとっても大変です。
眼底の写真を撮る時は、目の直前でフラッシュ
をたかれ、一瞬目の前が真っ白になります。
最もつらいのは、目の中に直接レンズを入れ、
強力なライトを当ててのぞかれる時で、まるで
拷問をされているようです。
「目をつぶらないで!」と言われても無理な話。


検査の結果はやはり白内障で、若い人の白内
障は珍しいと言われました(当時40代)。
あと、網膜はく離の跡があると言われ、あの時
の痛みはそれだったのでしょう。
近所の眼科では異常無しといわれたのですが、
一歩間違えば大変なことになっていたかも。


網膜はく離の治療は、レーザー光線で、はく離
した部分を焼きつけるのですが、これが脳にズッ
シリと響くような痛さです。
白内障は、しばらく様子を見て、進むようだった
ら手術ということになりました。
それから数年後、いよいよその時がきました。

つづく