宇津救命丸株式会社

夜泣き、かんむしに宇津救命丸国内唯一のこども専門総合医薬品メーカー



やわらか社長の楽しいぶろぐ



« 製造者のモラル | メイン | 栃木の名門 »

山梨温泉紀行

・・・というほどのことではありませんが、山梨の秘湯に
行ってきました。


目的地は何度かテレビで紹介された西山温泉。以前
から一度行ってみたいと思ってました。
旅行前に、DVDに収録した膨大な旅番組(約70枚)の
中から山梨編を見て計画を立てました。
今回は、立ち寄り温泉の「みたまの湯」、日蓮聖人ゆ
かりの「身延山」、武田信玄を祭った「武田神社」を巡る
ことに。


みたまの湯は、甲府市を見下ろす丘の上にある日帰
り温泉施設で、その景色は抜群です。
テレビでは、同じ山梨の「ほったらかし温泉」の方が有
名になりましたが、施設もほったらかしなので家内は
こっちの方が気に入ってます。


中央高速の甲府南ICが一番近いのですが、今回は河
口湖で降りて精進湖湖畔を通る快適なドライブコース。
着いたのはちょうどお昼時で、温泉は空いていました。
お湯は透明感のある茶褐色で、約100万年前の太古
の植物から溶け出した天然有機物が含まれた貴重な
温泉だそうです。天気もよく最高でした。


盗撮と誤解されたら大変。注意しながら撮影
200808311235001%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%81%BF%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%AE%E6%B9%AF.jpg


次の目的地は身延山。日蓮聖人が建立した久遠寺
があります。
町外れに大きな三門があり、ほんとはここから参道を
歩いて本堂に向かうのですが、旅番組でレポーター
がバテていたので、我々は車で行くことに。こんな時も
旅番組を見直しておくと便利です。


  三門 なぜ三門というかは久遠寺のHPで
200808311520000%E3%80%80%E3%80%80%E5%B1%B1%E9%96%80.jpg

ケーブルカーで山頂に着くと、日蓮聖人が故郷の両親
を思って建てたという奥之院思親閣があります。
険しい山道を9年間登って通ったそうですが、よくぞこ
んな山の上に立派なお堂を建てたなという感じでした。


         山頂の思親閣
200808311441000%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E5%A5%A5%E3%81%AE%E9%99%A2.jpg

下山すると、今晩の宿のある西山温泉へ。
西山温泉へは、さらに30キロほど山奥に入ります。
途中に小さな集落がいくつかあるだけの山道で、カー
ナビがなければ不安になるほど。
1時間ほど走って、やっと川岸のがけっぷちに建つ旅
館に着きました。


昔は湯治場だったそうですが、秘湯といっても、いま
では立派な旅館になっています。
部屋のベランダからは、そばを流れる急流と奥深く続
く山々が眺められ、のんびりとして時間を忘れます。


お湯は、いまどきめづらしい全館源泉掛け流しで、部
屋の蛇口から出るお湯も温泉だとか。
1階と4階にある露天風呂の雰囲気と景色は、テレビ
で見たとおり最高でした。
ただ、DVDを見て予習をしてくると、料理の内容まで
わかってしまい楽しみが半減。これもよしあしです。


1階の露天岩風呂 誰もいないときにパチッ
200808311653000%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E9%9C%B2%E5%A4%A9%E9%A2%A8%E5%91%82%E3%80%80%EF%BC%91%E5%9B%9E.jpg

 

       4階の露天風呂からの絶景
200809010756000%20%20%20%20%20%20%20%20%EF%BC%94%E9%9A%8E%E9%9C%B2%E5%A4%A9.jpg


料理は、テレビで見たのと同じ。ある意味良心的です。
山で取れる材料だけにこだわっているそうで、手間と
工夫がなされてました。でも私は鹿と猪料理が苦手。
個人的には、鹿・猪チームが束になってかかっても、
牛・豚チームにかなわないと思っています。
以前、鹿と猪料理が自慢の旅館を予約する時、他の
肉に変えて欲しいと言って怒られました。


帰りに、旅館の裏の源泉の井戸を見せてもらいました
が、お湯を出しっぱなしにしても100年は大丈夫ぐら
い湯量が豊富なそうです。
こんな山奥で1300年前に開湯し、多くの人が湯治に
訪れたとはすごい!


   20メ-ターぐらい吹き上げる温泉の井戸
200809011001000%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E6%BA%90%E6%B3%89.jpg


翌日は、甲府市内の武田神社を参拝。宝物殿に本物
の武田の軍旗が特別展示されていました。
私は、旗に書いてある文字は「風林火山」の4文字だ
と思っていましたが、実際は「疾如風、徐如林、侵掠
如火、不動如山」とごっちゃり書いてあったのですね。
でも、「風林火山」の方が断然わかりやすいキャッチ
フレーズだと思いますが・・・


              武田神社
200809011315000%20%20%20%20%20%20%20%E6%AD%A6%E7%94%B0%E7%A5%9E%E7%A4%BE.jpg


帰りは、青梅街道で山越えをして奥多摩に抜け、青
梅から圏央道に乗って中央高速で帰りました。
この道は知る人ぞ知る絶景のドライブコース。いつも
は奥多摩から来て甲府に抜けるのですが、空いてい
る上に晴れた日は富士山が正面に見えお勧めです。


今回も集めた旅番組が参考になりました。
山梨県再発見の旅でした。