宇津救命丸株式会社

夜泣き、かんむしに宇津救命丸国内唯一のこども専門総合医薬品メーカー



やわらか社長の楽しいぶろぐ



« 還暦スキー PAT1 | メイン | 街の[なにこれ珍百景] »

還暦スキー PAT2

夕食後の宴会はいつものように夜中まで続き、いつものようにエンドレス
の会話となりました。いつもと違ったのは翌日で、1人飲みすぎでダウン。
最終日ですが、彼は長野県在住なので無理して滑ることもないのです。


東京組2人と昨夜来た友人の3人で滑り出しましたが、彼の様子が変。
彼も長野県在住で、以前は私よりスキーがうまかったのに、最近は滑り
がヘタクソ。特に今回はグダグダです。学生時代は野球部のピッチャー
だったのに、いまは運動もせず、ほとんど歩かず(地方の人ほど車社会
のようです)、おまけにヘビースモーカーで昨夜の飲みすぎときてるから
無理もありません。まあ、これが還暦の現実かも。


それにしても滑り方がおかしいので足元を見ると、ブーツの4つのバック
ルが全開になってます。これじゃ滑れるわけがありません。何で締めない
のか聞くと、またしても子供に借りたブーツだそうで、きつくて締められな
いとのこと。子供の携帯に子供のブーツ。還暦にもなって・・・
何とか2つのバックルだけ締めさせましたが、依然として滑っては止まり
の繰り返し。そうこうしているうちに時間がたち、大変まずいことになって
きました。

天気もイマイチ
201101231034000%20%20%20%E3%82%B2%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%87%E3%80%80%E5%B8%B0%E3%82%8A.jpg


志賀高原にある沢山のゲレンデは、みなリフトとゴンドラでつながってま
すが、我々のホテルに帰るには最後にゴンドラで奥志賀の頂上に上がら
なくてはなりません。半日券しか買ってないので、乗れるリミットは13時。
しかも、だれも現金を持っていないので、ゴンドラに乗り遅れたらホテルに
帰るすべがありません。

彼がこれほど滑れなくなっていたのは計算外でした。悪いことに、ゴンド
ラまでのルートはちょっとキビシイ。去年までの彼なら何の問題もないの
ですが、この滑りで大丈夫か・・・
彼に「時間がないから」と何度言っても、ちょっと滑っては途中で止まって
しまいます。ゴンドラまでまだまだ。時間は刻々と過ぎていきます。
叱咤激励を繰り返しましたが、こっちの声もだんだん荒がってきます。
最後の急斜面をなんとか降り、残りあと10分。


あとは緩やかな斜面なのでもう安心。と思ったら、また途中で停止。
かわいそうだけど、もう怒鳴るしかありません。やっとゴンドラの駅に到
着し、壁の時計を見たらあと4分。ゴンドラに乗ったら力が抜けました。
あとは頂上からホテルまで滑って降りるだけです。ところが、一難去って
また一難。


全員がホテルに着き、着替えが終わって時計を見たら1時50分。
帰りの電車は佐久平発4時14分で、ここから車で2時間かかります。
もう昼食を食べるどころではありません。みんなあせっている時に、先ほ
どの彼が靴がないと言い出し、部屋やロッカーを探し回っています。


結局、靴は彼のバックの中から見つかりました。まったく・・・です。
荷物を載せてスタートすると、ナビの到着予定時刻はなんと4時16分。
来る時の予想到着時間は正確でした。これはさすがにマズイ。さらに
マズイことに、チケットの時間変更は不可なのです。


またしても時間を気にしながら、山を下る遅い車にイライラ。
こんな道だから追い越すわけにもいきません。

201101231407000%20%20%E5%B8%B0%E3%82%8A%E9%81%93.jpg


高速に入っても日曜だから車が多く、思ったように走れません。途中で
運転を交代し、2車線を縫うように走ってジリジリタイムを縮めました。
結果、予想外に早く到着できセーフ。もう還暦というのに、今回は時間に
追われ、胃が痛くなるスキーでした。


来年は、リフト券がシルバー割引となります。嬉しいような寂しいような・・・