宇津救命丸株式会社

夜泣き、かんむしに宇津救命丸国内唯一のこども専門総合医薬品メーカー



やわらか社長の楽しいぶろぐ


最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

カテゴリー

Powered by
Movable Type 5.2.3

トップページ > 宇津救命丸Blog

« 2014年12月 | メイン | 2015年2月 »

2015年1月 アーカイブ

2015年1月14日

コンビニの秀作

以前のコンビニは「開いててよかった」というキャッチ
フレーズのように間に合わせ的に買うお店の感じでした。
最近は、コンビニでしか買えない食品も多くなり、わざ
わざそれを買いに行くことも。


そんなにしょっちゅうコンビニに行ってる訳ではありま
せんが、忙しいときはついコンビニで買って簡単に済ま
せたくなります(スイーツはその副産物)。
その中から、私が美味しいと思った物をご紹介します
(あくままで私の嗜好ですので)。


ミニストップのソフトクリーム
うちでコンビニのNo1というば、なんといってもこれ。
デパートの北海道展で倍の値段で売ってても、なかなか
これを超えるものにはお目にかかれません。他のコンビニ
が真似しない(できない?)のも、何かノウハウがあるん
でしょうね。
%21cid_01%40080120アイス.jpg


ローソンのプレミアムロールケーキ
コンビニのスイーツに革命を起こした逸品。そのおかげ
かどうか、デパートにある有名なロールケーキ店から行
列が消えました。毎月22日にはイチゴが入ってるそう
です(なんで15日じゃないんでしょ)。
ロール015.JPG


ファミリーマートのレトルトの豚汁
ちょっと甘目ですが、具がたっぷり入ってつい買ってし
まいます。
豚汁.JPG


ファミリーマートのぬか漬け
デパートでも美味しい漬物になかなか出会えませんが、
これは漬かり具合が絶妙です(特に人参)。
これと豚汁があればおかずいらず。どこでも同じ味が手
に入るのが嬉しいです。最近セブン-イレブンでも同じ
ものを発見。製造が一緒かどうかは未確認ですが、仁義
なき漬物戦争勃発か??
お新香009.JPG

セブンイレブンのすきやき丼
値段から期待はしてませんでしたが、値段の割に肉も多
くクオリティは高いと思います。温泉卵付き。
すきやき.JPG

セブンイレブンの金のビーフシチュー(レトルト)
味はレストランなみ。お肉の食感がレトルトチックです
が、値段を考えたら十分です。ネットでみんなが大絶賛
してるのも納得。量が少ないのが難点ですが、2つ買っ
ても800円以下です。
ビーフシチュー012.JPG


セブンイレブンの金のカレー(レトルト)
お肉は同様ですが、ルーは他のレトルトを寄せ付けませ
ん。レトルト特有のノリのような粘りがなくて美味しい
です。
カレー056.JPG

カレー2.JPG

セブンイレブンの冷凍ピザ
ちょっと大きい店にしかないようですが、これもダント。
ピザ.JPG


セブンイレブンの「ゆずれもん」
甘み控えめのさっぱりした炭酸飲料です。
ゆず004.JPG


ローソンのショートケーキ
つい最近買ったのですが、たしか260円。そんじょ
そこらのケーキより美味しかったです。
コンビニ恐るべし。
ケーキ 020.JPG

コンビニ評論家ではないので、全ての物を食べた訳で
はなく、あくまで私の私感です。
味覚は人それぞれなのであしからず。

2015年1月24日

長屋門コレクション

実家のある栃木県の高根沢地方には、今でも長屋門のある
家が点在します。


ウィキペディアによれば、もともと武家屋敷にあったもの
で、家臣を住まわせた長屋に門を作ったのが初めてだとか。
その後、苗字帯刀を許された富農や庄屋でも造られたよう
です。長屋門の意匠や構造はその家の格式や禄高によって
細かく決められていて、侍屋敷での長屋門の壁は漆喰が許
されたのに対し、民家では板張りが基本となっていたそう。


明治以降は自由に造られたようで、町長によれば高根沢地
方は昔から米どころで裕福な農家が多かったので、富の象
徴として長屋門が多いのではないかとのことでした。


長屋門といっても大小いろいろありますが、住宅以外の建
物をずっと維持していくのは大変です。本来のカヤ葺き屋根
の長屋門は個人宅では見かけなくなりました。うちの長屋門
も以前はカヤ葺きでしたが、15年ぐらい前に銅葺きに代え
ました。


いまはカヤを葺く職人がいないので、葺替えるととんでもな
い金額がかかります。また、たとえ葺替えたとしても、鳥が
巣作りのために取っていったりして、長持ちしないそうです。
ちなみにこのカヤとは、ススキなどの総称のことで、ワラ葺
きとは違います。


典型的な長屋門。以前はカヤ葺きだったんでしょうね。
なが2 (2).JPG

かなり大きい長屋門。門というより塀という感じです。
なが10.JPG


これも大きな長屋門。しかし、みんな板張りではなく漆喰
ばかりです。みんなが武家だったとも考えにくいですから、
明治以降に建てられたのが多いのでしょうか。
なが5.JPG


セオリーから外れた長屋門。なぜか切り立った高台にあり
ますが、もしかしたら道を造るときに前を削られたのかも。
なが2 (1).JPG


ちょっと屋根が傷んでますが、建物を維持するのは大変
です。
なが3.JPG

超希少なカヤ葺き屋根。保存を頑張って欲しいものです。
なが4.JPG

屋根も外観もきれいな長屋門。もしかして新築?
なが6003.JPG

崩れてしまった長屋門。もしかしたら3.11の地震の時かも
しれません。撤去するのもお金がかかります(2年前に撮影)
なが7.JPG

小ぶりでかわいい長屋門。これもきれいです。
なが8.JPG


これも小ぶりですが厚みがあります。
ながや.JPG


珍しい赤い屋根の長屋門。
なが13.JPG

最後はうちの長屋門です。富の象徴で建てたわけではないで
しょうが、かなり大きい部類です。
家内が、汚れてるといって黒い板を水で洗い、白茶けてしま
いました。貴重な江戸時代の長屋門が・・・
なが12.JPG


工場_長屋門.jpg

2015年1月 4日

謹賀新年 (年賀状付き)

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
みなさまにうちの年賀状をお送りします。

nennga.JPG

アイデア・絵・文面は私の作で、毎年産みの苦しみ。
年末に「今回で最後にする!」とぐずりながら描いてます。
ちなみに「天国の先輩裕子ちゃん」というのは亡くなった
私の母で、リリが小さい頃の教育係でした。

2015年1月 9日

年末年始の風景

長い正月休みもあっという間に終わってしまいました。
年末年始は例年のように栃木の実家に行ってましたが、
今年の冬はいつにもまして寒かった気がします。12月
中旬にはもう氷が張ってましたから。

霜柱が、割れたガラスのようです
しもばしら.JPG


年末までの4日間は落ち葉との戦いでした。広い面積に
大量の落葉で、場所によっては10センチ近くも堆積し
てました。放っておくと、腐って始末に困ります。
おちば (1).JPG

おちば2.JPG

風で吹き飛ばすブロアを駆使するうち、ブロア使いの達
人になりました。1000坪ぐらいは掃除したかも。
おちばのあと - コピー.JPG

正月は、テレビで1日中芸人が出ずっぱり。年々正月ら
しさが無くなるなか、テレビだけが正月正月と騒いでい
るような・・・日本は平和です。

おせち料理は通販で。栃木まで送ってくれるので便利です。
おせち.JPG

今年は「手まり寿司」も頼んで色を添えました。
てまり.JPG

初詣は手近に敷地内の稲荷神社めぐり。年末に落ち葉
を一掃しておいたので、気持よく参拝できました。
おいなり.JPG

おみや.JPG

さんのみや.JPG

家の中の神棚には、なぜか4つのお供えをします(昔から
の習慣)。たしか4人の神様が同居してるとか・・・
かみだな.JPG

帰りは、早めに2日の夜帰ることに。途中、暗闇の中に
安住神社の鳥居がライトアップされて浮き出てました。
どうせならと寄ってお参りすることに。たぶん昼間は
すごく混んでたのでしょうが、さすがに気温が零度近い
夜では人もまばらです。
あずみ.JPG

東京に帰った翌日、車で御徒町の方に出かけると、途中
にもの凄い人の行列。先頭がどこなのか確認できません
でしたが、どうやら湯島天神に合格祈願に来た受験生の
よう。


つい2週間前はクリスマスを祝い、今度は神社にお参り。
外国人は日本人がいろんな神を信じてると驚くそうです。
もっとも日本人のクリスマスは、私が小さいころから
キリストとは関係なく祝っていたようですが。

2015年1月19日

コンビニでホッコリ

前回のコンビニつながりのお話です。


実家に行く途中にコンビニがいくつかあります。
2011年の東北地震の後、そのうちの1件にたまたま寄り
ました。まだ大きな余震が続いているときで、私たちが
行った時も余震の直後でした。


店長らしき人から被害がなかったか聞かれ、我々は東京
から実家に行く途中であること、実家では被害があった
ことなどを話しました。買い物をすると、人柄の良さそうな
その人は、親切にポイントカードを作ってくれたり、いろ
いろな特典を教えてくれました。


その後実家に行くたび、その店で翌日のお昼やスイーツ
を買うようになり、その人と話をするようになりました。
どうも、店長というよりオーナーの方のようです。


月日は流れ、昨年の薬師堂のお祭りのとき。ポスターを
貼ってもらう場所をいろいろ考えてました、人が多く行く
のはやはりコンビニ。最初に頭に浮かんだのはあの店で
した。でも、フランチャイズの規定が厳しいコンビニで貼っ
てくれるのか?


まあ、お店に行ってダメモトです。いつもの人を見つけ、
「じつは・・・」と言って名刺を出すと、ちょっと驚かれた
様子。ポスターの話しをすると、快く承諾していただき、
すぐに一番目につく入口に貼っていただきました。


お祭りも無事に過ぎ、しばらくは放心状態でしたが、あの
店に御礼に行かなくてはと思い何度か行ってみました。
でもいつもオーナーは見かけず、ついついそのままになっ
てしまいました。


年が明けた先日、今更とは思いながらも、ずっと気になっ
ていたのでお店に行ってみました。やはりオーナーさん
はいない様子。店員さんに聞くともう帰られて、昼間な
らいらっしゃるとのこと。


なんだ、そうか! 以前は夜行って会うものだから、てっ
きりオーナーさんは夜のシフトだと思い、わざわざ夜に
行ってました。勝手な思い込みです。


翌日の昼間に行き、オーナーさんに会いました。御礼を
言うのが半年近くも遅れたことをお詫びし、うちの
ローションを差し上げると恐縮されてました。買い物を
して帰ろうとすると、わざわざ奥様も出てきて御礼を言
われました。そして残り物だと言いながら、かわいい
ノベルティのお皿を2枚もいただきました。


お互いのその一言で、幸せな気分になれるのですね。

2015年1月29日

今年のスキーは、吉と出るか、凶と出るか

今年も、年に一度のスキーに行ってきました。


毎年大学の同級生4人で行ってましたが、昨年1人が大病
をし、今後は3人となってしまいました。最近の話題は、
いくつまで滑れるかということ。たとえ二人になっても行き
たいですが、じいさんのペアというのもちょっと不気味。


泊まりはいつもの超人気ホテル。長野の友人が昨年の6月
に泊まりに行って、唯一の和室をGETしてきてくれました
(そうしないとシーズン中の週末は取れないのです)。とこ
ろが、8月ごろもう一人が研修でその日がダメとの連絡が。


じいさんのペアが現実に?でも日にちを一週間ずらし、奇跡
的に部屋(洋室)を確保できました。だけどスキーは天気が
最重要。さて、この延期は吉となるか凶となるか。


当日、上野駅から長野新幹線で。ホームで時刻表を見たら、
4分おきに全く違う方面へ行く電車が到着します。
乗り間違ったら大変。

東海道新幹線より過密ダイヤ
時刻表004.JPG


長野新幹線は3月に金沢まで開通して北陸新幹線になりま
すが、もう新型の車両が走ってました。東海道新幹線のよう
に鼻が長くなく、上品で和の感じがいいですね。
北陸006.JPG


ホテルに着くと気温はいつもより低くなく、星がでてました。
明日の天気が楽しみです。
時間も遅いので、部屋で買ってきた駅弁で夕食。前から目を
つけていた牛と豚の競演です。見たら鹿児島のお弁当で、
新幹線で運ぶのでしょうか?
牛豚.JPG


翌日、起きてすぐ外を見ると、ものすごい強風と大雪。奥志
賀に20年近く来ていて最悪の天気です。窓から見えるリフト
がいつまでも動かないのでフロントに聞いたら全面運転中止!!
バスで下のゲレンデに行くしかありません。しかもそのバス
が出るのは1時間後。予定延期は凶も凶の大凶となりました。
H君にはイヤミの言葉をネチネチと。


始発のバス停はすぐ近く。ここが始発で、バスを待っていた
ら臨時のバスが来ました。ラッキーと思ったら、発車は定刻
とのこと。なんで?バスに乗って待ってると、どんどん人が
乗ってきます。奥志賀には2つのホテルと、数件のペンション
があるのです。乗客の中に、スカートにハーフコートでスキー
ストックだけを持った若い女性がいました。不思議。
どこに行って何するのかな?


バスはやっと発車しましたが、視界が悪い上にガラスが曇っ
て運転が大変そう。それなのに、運転手さんは道の両側に
生えてる樹木の説明を始めました。サービス精神旺盛はいい
けれど、どうせ見えないんだから運転に集中して欲しい!!
運転.JPG


途中のバス停に、スキーを持たない外国人の集団がいて、
運転手さんに「モンキーパーク?」と聞いてました。そういえ
ば、志賀高原の麓の地獄谷野猿公苑で、雪の中の温泉に入
る猿が外国で人気だとか。運転手さんは流暢な英語で次のバス
に乗るように言ってました。路線バスの運転手さんも多才です。


リフトで頂上に行くと、たぶん気温はマイナス12度は超えて
たでしょう。登りで体力を消耗した上、顔が痛いほど冷たくて
気分が悪くなって来ました。いや、もしかしたら血圧が上がっ
たのか? これはマズイ。

午前11時でこれ。南極探検に来たみたい。
午前中.JPG

さらに、ブリザードのような強風が吹き、一面真っ白でホワイト
アウト状態。自分が斜面に立っているのかどうかさえわかりま
せん。迷子になって記者会見で泣くのはまっぴらです。
早々とギブアップしてレストハウスへ。
温まってやっと生き返り、食事をすると気持ちが悪いのも治り
ました。ただの空腹だったのかも。


午後は数本滑ってすぐまた休憩。今日はもう無理なので、帰ろ
うということに。もちろん帰りもバスです。20分も前から
バス停で並んでいると、どんどん人が来ました。これじゃ乗り
切らないかも。次のバスは1時間後です。寒かったけど早く並
んで正解・・・と思ったら、来たバスはガラガラで全員座れ
ました。並ばず最後に乗った人が正解です。

リフトを待つ列ではありません。バスを待っているのです。
列017.JPG


バスを待っているとさまざまな除雪車が。カメラを向けると
止まってくれました。さすが観光地。
雪かき車2016.JPG


雪かき車015.JPG

奥志賀に着き、足取り重くホテルへ帰る人たち。
難民.JPG

憔悴しきってり部屋に着き、みんなダウン。でも身体も手足も
冷えきっているので、私だけすぐに風呂場のサウナへ行きま
した。これが間違いの元。


サウナの扉の窓から覗くと誰もいない・・・と思って扉を開け
たら、毛むくじゃらの大きな外国人が横になって寝てました。
私に気づいて起き上がったので、いまさら出て行くわけにもい
きません。英語が苦手な私は彼の右向いに座り「どうか人見知
りの外人でありますように・・」と祈りました。


その願いも虚しく、その人はおもいっきり英語で話しかけてき
ました。日本人は外国へ行くと少しでもその国の言葉を話そう
と努力しますが、なぜ西洋人は当然のように英語で話しかけて
くるのでしょう。仕方ないので必死に聞いて、わかった部分に
答えたものだから、今度は英語のブリザードが襲ってきました。

現場のサウナ
ズボン036 (2).JPG


「仕事は何だ?どこから来たのか?何で来たのか?」と英語で
尋問されてるよう。聞いてもいないのに「自分はオーストラリア
でエビを売っているが、日本のスーパーではエビはパックに入
ってて面白い」とか、白馬にも行ったが奥志賀の方がいい。特
にこのホテルは最高だ」とたぶん言ってました。あとはよくわ
からないので、語尾の下がった部分は全部イエスで通しました。


しばらくして彼は出て行きましたが、いま出て行くと湯船で一
緒になりそう。しばらく中で我慢していると、全身汗びっしょり。
おかげで身体の冷えは解消されました。


夕飯まで時間があるので、一階にあるアウトレットショップに
行くことに。もともとこのホテルは、スポーツウエアーメーカー
が運営してたのです。


見てると、スキーウェアーのズボンが格安でありました。現在、
生誕以来最高に太ってて、いまのズボンは7~8年前のもの。
屈むとパチパチ(ホックの外れる音)、ジー・ジー(ジッパーが開
く音)と全開になってしまいます。Lサイズを試着すると、ウエスト
にまだまだ余裕が(もちろんエクステンションは最大)。もっと
太っても大丈夫。これは買いです。
ズボン036 (1).JPG


食後にラウンジでコーヒーを飲み、部屋に帰ってしばらくまっ
たり。寝る前にもう一度お風呂に行くと、外は今まで見たこと
がないほど雪と風が荒れ狂ってました。
明日の天気はどうなることか・・・
外028.JPG

翌日、雪も止んで薄曇り。こうでなくちゃ!きょう半日でも
天気がよけりゃ・・・と外に出たら風が強くて寒いのなんの。
それでも、フェイスマスクがあるので助かります。落とした
友人を尻目に「♪暖かいんだから・・・」(この話は次回)。


リフトが揺れ、場合によっては運行を中止するとか。それでも、
リミットのお昼まで無理やり滑りました。だって次は1年後。
帰る時間が近づくと、いつものパターン通り風も止んで空が晴
れてきました。
ゲレンデ2.JPG


帰りの下り道、道端に猿の家族がいました。こんなところに食
べ物はあるのでしょうか?
さる.JPG

さて、本来行くべきだった翌週末、ネットで奥志賀の天気を見
ると、これがまれに見る晴天のよう。クーッ !!  
来年こそ晴れてくれー。