宇津救命丸株式会社

夜泣き、かんむしに宇津救命丸国内唯一のこども専門総合医薬品メーカー



やわらか社長の楽しいぶろぐ



トップページ > 宇津救命丸Blog

« 2015年1月 | メイン | 2015年3月 »

2015年2月 アーカイブ

2015年2月 3日

歳をとってボケ連発

先日スキーに行ったとき、友人とボケの連発でした。
アルツハイマーの前兆じゃないことを祈ります。

ボケ その1
姉夫婦と、年が明けたら旅行に行くことになってました。
日にちを決めホテルを予約したのですが、後で気づいたら
スキーと同じ日(変更したので)。あんなに気にしてたのに、
すっかり予定を忘れてました。行く前からボケてます。


ボケ その2
友人が宅急便でバッグをホテルに送るとき、お金の入った
財布をバッグに入れて送ってしまったそうです。じゃあ宅
急便代は? 年寄りは不可解なことをするものです。


ボケ その3
ホテルに行く途中、コンビニに寄って飲物やつまみを買い
ました。ついでに翌朝のサンドイッチやカップスープも。
さて翌日、スープを飲もうとしたらスープがない!あちこ
ち探してもありません。しばらくして思い出しました。
コーヒーがあるからと、スープは買わなかったのです。

ボケ その4
到着した日、ホテルまでなぜかいつものように私が運転。
雪道で疲れ果てベットに滑り込みましたが、やけに掛布が
薄い。夜中に寒くて目が冷めましたが、今夜は相当冷え込
んでいるようです。
翌朝目が冷めて気が付くと、ベッドカバーだけをかけて寝
てました。寒いはずです。


ボケ その5
スキー場でバスを降りると、風が強くて顔が冷たい。こん
な時のために、去年買った防寒のフェイスマスクが・・
あれ?ない!
確かに手に持ってたのに、どこかで落としたかバスの中に
忘れたか?こんな日のためにせっかく買ったのに・・・
友人が「暖かいよ~」と言って得意気にフェイスマスクを
してました。


ボケ その6
その彼が、リフトに乗ったとき自分のフェイスマスクを
はるか地上に落としました。バッカだなー。
これでおあいこです。


余談ですが、帰りに奥志賀に着いてから、バスの切符売り
場に落し物はないか聞きに行きました。すると奇跡!
なんと棚に私のフェイスマスクが。乗る前に落としたよう
で、誰かが拾ってくれてたみたいです。「日本人て素晴ら
しい!」と言ったら、友人が「人のフェイスマスクなんて
誰もしないよ」と水を指す。まあそりゃそうだ。
よく見るとタイヤの跡。可哀想にバスにひかれたようです。


ボケ その7
帰りに、駅の近くのファミレスでお昼を食べました。
ドリンクバーで飲み物を入れてテーブルに着くと、みんな
はガラスのコップで、私だけお子ちゃま用のプラスチック
のカップ。笑われましたが、以前はドリンクバーを頼むと、
プラスチックのコップを持ってきましたよね?

2015年2月 8日

展示会とギックリ腰

大阪で小売店向けの展示会がありました。
うちも久々に新製品を展示するのでが、私も張り切って
早朝の朝礼に出ようと、前日の夜から行くことに。
当日の朝、ベッドから起きて立とうとしたとき、腰にグキッ
と来ました。これがうわさのギックリ腰?


そのまま立とうとすると、刺すような痛みが。いままで
それらしいのになったことはありますが、こんなに痛いの
は初めてです。まっすぐに立てずに、斜め15度の姿勢。
歩く姿はまるでお爺さんです(その通りですが・・)。


取りあえずロキソニンテープを貼り、鎮痛剤を飲んで家
内に会社まで送ってもらいました。ロキソニンテープは、
鎮痛成分のロキソニンを含有するハップ剤で、肩こり、
腰痛にうちでは手放せません(医師の処方箋が必要)。
昼間はなんとか過ごし、夕方大阪へ。新幹線の席に座っ
てリクライニングしたら、今度は痛くて起きあがれなく
なりました。


余談ですが、座席は3列2列に別れてて、私は2列の通
路側でした。すると窓際の女性が大きな旅行バックを持
って乗って来て、足元に置いたので狭いのなんの。
3列席の真ん中はたいてい空いてるので、3列の通路側
が狙い目ですね。


初めて気づいたのですがN700系には車いす用のトイレ
があるんですね。日本の福祉も進んでます。
トイレ.JPG


夕飯のお弁当はやっぱり牛
tajima 072.JPG

新大阪に着くと、構内に美味しそうなたこ焼きを売って
ました。列車の中でお弁当を食べてお腹はいっぱいでし
たが、本場のたこ焼きを食べてみたくて購入。関東では
たいてい6個入りですが、最小が8個入りでした。


地下鉄に乗って、今夜泊まるホテルを確認してたら、降
りる駅を乗り越しました。戻る電車はこんなカラフルな
特急電車。なんか外国に来たみたい。
電車076 - コピー.JPG


前回大阪に泊まったとき、9㎡という極狭部屋で立つ場
所もなかったので、今回は広めのホテルにしました。
しかも展示場の隣という好立地。部屋の中に無駄な長椅
子(エキストラベッド?)と謎のテーブルがありました。
ソファー.JPG


河沿いのホテルなのに、部屋からの景色はこれ。
窓景色.JPG


私は飲みに行かないので、出張先でも趣味です。ただし、
ナイフが必需品なので飛行機での出張は不可。
プラモ082.JPG

部屋でたこ焼きを食べました。東京のと比べるとちょっ
と違う感じ。でも、やっぱりたこ焼きは熱くないと!
たこ焼き (1).JPG


朝起きると、腰の傷みはだいぶ良くなりました。分厚い
脂肪が保護してくれてるのか、丈夫なもんです。
朝食はバイキング。河を眺めながら静かに・・・と思っ
たら、あっちこっちから大きな声の中国語が。朝から
テンション高いです。
バイキング.JPG

展示会場まで歩いて5分。ホテルを近くにとってよかっ
たです。会場入口の新製品コーナーにうちの商品も置い
てもらってました。
新製品.JPG

朝礼で主催者の社長が挨拶。吉本芸人のシルクさんが
来てトークショーをやるとのことですが、年齢不詳になっ
てるのに、社長がペロッと喋っちゃいました(秘密)。


会場にスエーデンの乳酸菌製剤が展示してあって、夜泣
きを抑えると書いてあったのでビックリ。西洋では、夜
泣きの原因は胃腸障害からというのが定説だそうです。
日本では、主に自律神経のアンバランスといわれている
ので、国によって考え方が違うのですね。
スエーデン.JPG

その製品と一緒に展示してもらってました。効果が違う
のでコラボできれば最強です。
吊り下げ091.JPG


うちの展示ブースでは、ポスターを見て説明を聞きに来
る小売店さんがけっこういらっしゃいました。
ブース.JPG


11時からシルクさんのトークショーが始まりました。
遠目ですが、聞いた年齢には見えない。自分が使ってる
化粧品の体験談ですが、まあ機関銃のようによくしゃべ
ること。
シルク.JPG

立ちっぱなしでまた腰に来たので、お昼で帰ることに。
梅田で地下鉄を乗り換えたので、どうせならとお好み焼
きを食べることにしました。東京でも有名な「ぼてじゅう」
を探して、お上りさんのように道を聞きながら。


口コミで混んでるとあったので、たぶん列んでるだろう
なと思ったら、拍子抜けするほどガラガラ。隣の牛鍋屋
のほうが長蛇の列でした。昨年の高崎の鳥料理店もそう
でしたが、地元の人は案外食べ飽きてるのか?


焼きそばも食べたいと思ってたら、ハーフ&ハーフという
のがあったのでそれを注文。ごはんセットは?と聞かれ、
そんなに食べれないと断りました。すると、隣に座った
若いOL2人が、私と同じものとご飯も頼んでました。
噂では聞いてましたが、関西人にとってはお好み焼きは
おかずなんですね。スゴイ。
1お好み07.JPG

帰りは、3列の通路側の席でゆったりと帰れました。

2015年2月27日

ブログ再開  実家にて

先週末実家でパソコンを開くと、画面が見慣れぬ他人の
パソコンのようになってました。ネットで対処策を調べて
試しても直らず、ITが得意な息子に聞いてもわからず、
さらに本社に帰って近くのパソコン修理のお店に聞くと
そんな症状聞いたことがないと言われ絶望。


いろいろ考えた末、うちのホームページを担当した所に頼
むと来てくれ、2時間格闘の上に直してくれました。
原因はわかったそうですが、私が聞いてもわかりません。
でも、これをサクサク直してしまう人がいるのだからプロ
はすごい。


というわけで、無事再開できました。2月中旬にさかの
ぼった話です。


最近実家の庭の手入れは、だいぶ要領を得てきたのでそん
なにあくせくすることもなくなりました。私は早朝高血圧
症でこの寒さ。朝起きてすぐ寒い外に出ないようにと言わ
れており、それを理由に朝はのんびりしています。


暮れから年始にかけて、落ち葉の掃除が大変だったことは
書きました。落ち葉を減らすには木を切るのが一番。とい
う訳で、大きな葉が落ちる栃の木を切ることに。根本から
だと太すぎるので、枝分かれした太い幹をチェーンソーで
切ってみました。が、なかなか切れず、場所を変えて切り
始めたら・・木の重みで噛んじゃいました。

前衛芸術のオブジェのようです
トチノキ010.JPG


ノコギリでなんとか切り離し、間抜けなチェーンソーを
救出。倒れかかってる方に刃を入れるのはNGですね。
生木は見た目よりずっと重いので、倒れた木を処分するの
も一苦労です。
倒木017.JPG


裏にあるボサボサの椿をやっつけることに。いま剪定する
時期じゃないかもしれませんが、暖かくなると毛虫が湧い
て手が付けられません。毛が飛んでそれに触れるだけでも
かぶれるそうで、対策の一つは枝を減らすことだそう。
もう蕾が沢山あってかわいそうですが心を鬼にして・・・
椿前004.JPG

これなら毛虫も・・・ちょっとやり過ぎました。
椿後005.JPG

隣の岩本さんが、竹の塀を新しくしてくれました。竹は裏
にいくらでも生えてますが、太さを揃えて切るのは至難の
ワザ。さすがです。
竹.JPG


武米unnamed.jpg


門unnamed.jpg

そして、いつか自分でやろうとストックしていた竹は無駄
になりました。
笹尾006.JPG


植木屋さんが使うような三叉。軽くて使い勝手がいいです
が、たぶんもう売ってないでしょう(むかしは自分で作った
ようです)。傷んだ竹を岩本さんが換えてくれたみたい。
三叉007.JPGのサムネイル画像


1月に植え替えて家内に怒られたクチナシを見てみると、葉
が丸まって表面が黒くなってました。これはヤバイ!
しかし表面をこすると下から緑色の表面が出てきました。
なんと生きてるようです。
葉002.JPG


この土はなんでしょう?いまの都会の人はわからないかも
しれませんが、モグラが穴を掘った土です。
モグラunnamed.jpg


うらに沢山の「龍のひげ」があります。少しなら見た目が
いいけれど、沢山あると落ち葉の掃除のじゃま。前に除草
剤を撒いたら、土止めにならないと注意されました。
竜unnamed.jpg


そこで草刈り機で開墾。私が子供のころ、おもちゃの鉄砲
で遊んでいたら父が「屯田兵みたいだ」と言ってました。
いままさしくそんな心境です。
カリ.jpg


帰りに東北道で、いまどき珍しい大木を運ぶトラックを見
ました。そういえば、先日親戚に木材伐採の人を紹介して
もらい、実家の周りの密集した杉林を間引いてもらうこと
になりました。
大木024.JPG

むかしは、大きくなったら売るためにみんな杉を植え、山
持ちの人はそれで相続税を払ったそうです。でも、いまは
杉が売れずにほったらかしになり、それが花粉症の元凶だ
とか。


ここら辺で伐採を頼むと、一本切るのにも結構なお金を
取られます。家の周りを全部頼んだら一体どのくらい
かかるかわからず手が付けられませんでした。
今回はお金をかけずにできそうで気が楽になりました。

2015年2月16日

バレンタン・チョコ

バレンタインデーに、極々少数ですがそれぞれ特徴のある
チョコレートをもらいました。


近所に住む家内のお友達からはエクレアのチョコレートを。
毎年趣向の凝ったチョコレートをいただくのですが、今年
はこれ。チョコレートというよりはケーキのようで、かな
り高級のようでした。
エクレア039.JPG

カファ2113 (2).JPG

息子のガールフレンドからは、スペインみやげのチョコを
もらいました。同じチョコレートでも、国によって味の
傾向が違うのが面白いです。
スペイン119.JPG

最後は家内にもらったカファレルのチョコ。東京駅にお店
が出来て、毎回おみやげに買ってきてと言われてましたが、
いつもお店を発見できませんでした。
あるときショップチャンネルの通販に出て、家内は迷いに
迷って買いました。そして14日に開封することに。
つまり、自分のために買ったのです。しかも私のカードで。


アメリカのチョコかと思ったらイタリア製。さすがオシャレ
で、入れ物の缶も一つ一つの包装もかわいいです。女性は
還暦過ぎてもこういうのが好きなんですね。
カファ.JPG

カファ2113 (1).JPG

包装を剥くと彫刻のないただのチョコ。意外です(中は空洞)。
カファ3.JPG

私が子供の頃、不二家に同じように銀紙に包まれた自動車の
チョコがあり、銀紙を剥いても車の彫刻になってましたが・・・
そのころ他に好きだったのは、パラソル型のチョコでした。


当時、母が不二家のモニターになっていて、毎月いろんな
チョコレートが送られてきました。でもクリームが入った
のが多く、子どもたちは苦手。いつも母が文句を言いなが
ら残ったチョコを食べてました。


でも、最強のチョコレートはこれでしょう。
カイコ124.JPG


去年9月に群馬でおみやげに買って、人を驚かせはしまし
たが、食べる勇気がなくてついに賞味期限となりました。
「もったいない」と家内が食べてましたが、昔も今も同じ
ようです。


2015年2月23日

工事中

パソコンの不具合によりしばしお待ちください