宇津救命丸株式会社

夜泣き、かんむしに宇津救命丸国内唯一のこども専門総合医薬品メーカー



やわらか社長の楽しいぶろぐ


最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

カテゴリー

Powered by
Movable Type 5.2.3

トップページ > 宇津救命丸Blog

« 2015年12月 | メイン | 2016年2月 »

2016年1月 アーカイブ

2016年1月14日

ブログ復旧しました

皆様お久しぶりです。


正月そうそう弊社のホームページにアクセス出来ない
トラブルが発生し皆様には大変ご迷惑をおかけしました。
ブログの復旧に一番時間がかかりましたが、年末にT君
の秘密を暴露したバチが当たったのかもしれません。


そのとき編集画面がグチャグチャになり、もうだめかと
諦めかけました。9年間も書き続け、マンネリ感も拭えな
かったので、そろそろ潮時とも。でも、新年に会った方々
や、お取引先から社員の方も見てるとのお話をいただき、
編集画面もやっと再生したので再開することにしました。


今年もよろしくお願い致します。


さて、今さら正月休みの話でもないですが、やっぱり新年
第一弾は正月ネタでいきます。


年末年始は例年のように実家ですごし、大量の落葉の掃
除に追われました。 以前は一日中やってたけどもう年な
ので午前中やるのが精一杯。でも今年は新兵器が登場。
それは軽トラックです。長くなるので詳しくは次回に。


お供えを準備。本社で使わなくなったお供えを持ってき
ました。大きくてかなり立派です。
お供え086.JPG

いつもはこれ。10年ぐらい前から使っている作り物です
が、中に本物の餅のお供えが入ってます。どんなになっ
ているか見るのが恐ろしい・・・
お供え2022.JPG


矢板に住む家内の妹夫婦と食事に行くことになりました。
途中、国道沿いにシャトレーゼ発見。ここのケーキは安く
て美味しいです。思わず立ち寄って買いました。
シャトレーゼ069.JPG

定番のショートケーキ。今年の食べ治め。
ケーキ070.JPG

大晦日の夜は、レンタルのDVDを見て過ごしました。
うちの年越しそばは、家内特製つゆのかもせいろです。
お屠蘇078 (2).JPG


元日は息子夫婦たちも来るので、おせちは地元のレスト
ランのを頼んでみました。いつもは通販の冷凍を頼むの
ですが、さすがにこっちの方が美味しかったです。
水道065 (2).JPG

久しぶりにお屠蘇も復活。いまは知らない人が増えた
ようです。
お屠蘇078 (1).JPG


夜は宇津家恒例のすき焼き。以前に買っておいた栃木和
牛の割引券が役に立ちました。


翌日は、みんなで敷地内の薬師堂・観音堂ほか7ヵ所の祠
(ほこら)を初詣巡り。年末は寒くて外の水道が凍っていた
のに、正月は異常に暖かく、初めて凍ってない手水鉢を見
ました。

蛇口からツララが。
水道065 (1).JPG

梅の蕾ももうほころび始めて。数日でこの気候の違い・・・
梅088 (4).JPG

祠を巡ると、年末に各所に置いたお供えがいつもはカラス
に食べられて無くなっているのに、今年は残っていました。
隣の人に聞くと、うちの杉林を切ったのでカラスや野鳥が
いなくなったのだとか。まさか自然の生態系に影響を与え
たとは・・・
お参り088 (3).JPG

その後車で近くの安住神社へ。
駐車場までは長い列が出来てましたが、地元の強みで離れ
た農道に停めズルしちゃいました。


ここは関東で一番大きなお供えを奉納するので有名です。
それだけでなくヘリポートを造ってヘリコプターのお祓い
とか、最近はバイクのお祓いを始めて全国からバイカーが
集まるなどアイデアがいっぱい。見習うところがあります。


鳥居110.JPG


お参りのため長い列に並んでいると、大きな入れ物のおみ
くじを引いている人がいました。これもアイデアですね。
おみくじ103.JPG

バイク神社ののぼりが。言ったもん勝ちです。
バイク107.JPG


お賽銭入れにもひと工夫してありました。目標に入れよう
といくつも投げる人がいるかも。
後ろにあるのがウワサの巨大なお供えです。
お賽銭106.JPG


正しい参拝の仕方は二礼ニ拍手一礼ですが、願い事は二礼
目のときにするそうです。
「今年も良い年でありますように」とお願いしました。


東京に帰りデパートへ。禁断症状が出てケーキを買おうと
思ったのですが、やっぱり買うなら一番美味しい(と思っ
ている)目白のケーキ屋さんへ。ところが、もう4日という
のにまさかのお休み。こうなったら何が何でも・・・で、
中野のシュークリーム専門店に行きました。


ソワメールというこのお店のシュークリームは絶品。
ケーキの食べ始めはこれになりました。
シュークリーム119.JPG


仕事始めの5日、夕方から本社の社員と神田明神に参拝に
行きました。ここは人で溢れかえり、外の鳥居まで長い行
列が。でも大丈夫。今年はネットで参拝の予約をしている
ので、長い行列をしり目にスイスイと本堂の中へ。お参り
も便利な時代になりました。
列001.JPG

そのうちネット中継でお参りして、お賽銭は振り込み・・
なんてことになるかも。

2016年1月24日

ちょー便利な軽トラック

今年の最初に書いた軽トラの話です。
去年、杉林を大方伐採し、日当たりがよくなったので雑草
が生えるのが心配です。強力な除草剤の噴霧器はありま
すが、重くてそこまで持って行けません。それにだんだん
齢とってくると、刈った草や切った枝を運ぶのが一苦労。


そこで中古の軽トラックを買おうという話しになりました。
ネットでいろいろ調べると、高ーい!軽トラの中古は人気
があるようで、20年前のでも20万円以上するからビックリ。
農家の人はみんな軽トラに乗ってますが、なかなか新車に
乗り換える人はいないのでしょう。


うちが欲しいのは四輪駆動のオートマなので余計に出物
が少ないようです。オートマは家内がオートマ免許しかな
く、四駆は伐採した杉林の中に行くのに必要だから。伐採
のときに重機を入れる道をつくったのはいいけれど、路面
をならしてないのでひどいデコボコなのです。


なかなかいいのが見つからず、そんなとき工場で「今度駅
前広場で軽トラ祭りがありますよ」と言われました。
これは渡りに船。「それって中古?」と聞くと「違います!
軽トラに野菜とか積んで売るんです。」と笑われました。


地元のディーラーの会長が知り合いなので探してもらうこ
とにしました。そこで前々回に書いた四駆を持ってきたの
ですが、走行距離が11万キロのご老体。これじゃあんまり
とキャンセルしたら、いいのが見つかるまで乗ってて下さ
いと置いていきました。
軽トラ066.JPG


この軽トラで試しに杉林の中を走ってみたら、オフロード
レースのようでけっこう楽しい。でも車体が軽いので、
スタッグしたらさすがの4駆でも自力で脱出は無理。家内
が運転して私が押して・・・やっと脱出できました。
やっぱり家内が運転できるオートマにしてよかった。
4区082.JPG

庭仕事ではさすがに威力を発揮。土砂や切った枝をこんな
に楽に運べるとは夢のよう。もちろん、ハシゴや草刈り機
など何でも運べます。とくに薬師堂の敷地に入れるので便
利。何しろトイレが遠いので、いざとなったら軽トラですぐ。
もっと早く買えばよかったです(まだ買ってないけど)。
積荷016.JPG

こんなふうに休憩所にもなります。
休憩020.JPG


出来れば、ダンプ機能とクレーンが付いてる軽トラを探し
てもらおうかな。

2016年1月28日

半世紀前のバス事情

雪の日に久しぶりにバスに乗ったので、バスにまつわる思い
出話を。


トロリーバス
私が幼稚園に入るか入らないかの頃、都内にはトロリーバス
というのが走っていました。電気で走るバスで、天井にある
長いポールで架線から電気を取るのです(黒部ダムのトンネル
を走ってるのと同じ)。でも都電と違い車線変更をするので、
時々ポールが架線から外れます。すると車掌さんが降りて
ポールの紐を引っ張り、架線に戻していました。
TMBT_Trolley_bus.jpgのサムネイル画像 Wikipediaより
                  
いつもバスに乗るときは、前が見たくて母と運転席のそばに
立っていました。あるときそのトロリーバスの運転手さんが
「抱っこして運転させてあげる」ととんでもないことを。
その頃はまだ内気だったので、恥ずかしくて結局座りません
でしたが、今だったらツイッターで大問題になったことでしょう。
60年も前のことですが嘘のような本当のはなしです。


スタイル
むかしのバスは、ボンネットにエンジンがあり、前の窓は上
に少し開くというクラッシックカーのようでした。
その後エンジンを無理やり車体に押し込んだので、運転席の
隣に大きなドームが出現。エンジンの音と、点検の蓋のガタ
ガタいう振動音がうるさかったのを覚えています。いまでは
リアエンジンが当たり前でスタイルも洗練。停留所に止まる
と、乗り降りしやすいように車体が下がるなんて、まるで象
かラクダです。


満員バス
むかしは家のそばに鉄道も地下鉄もなく、唯一の交通手段は
バスでした。本数も少なく車体も小さかったので、朝のラッシュ
は大変。満員で車掌さんが制止しても次から次に乗ってきて
扉は閉まらず、東南アジアで見かけるように、お客さんがドア
にぶら下がって走るのが日常でした(さすがに屋根の上には乗り
ませんが)。小学校のときはバス通学だったので毎日が地獄。


車内で逆立ち
小学校の帰りは車内も空いていたので、いつも一番後ろの席
に座りました。その席はちょっと高く座ると足が届きません。
あるとき何かを落として拾おうとしたら、さあ大変。ランド
セルが重くて起き上がれなくなりました。他のお客さんがい
なくて助けてとも言えず、しばらく観客のいない逆立ちの
パフォーマンス。やっと気づいた車掌さん(か運転手さん)に
助けられました。


道間違い
うちの近くのバス停にはいくつかの路線バスが通ってます。
ある会社のバスは、山手通りを超えて右折する新宿行と、
山手通りを左折する池袋行きがあります。
私が社会人になりたてのころ、池袋行きに乗ったはずのバス
が、山手通りを曲がらずに直進。一瞬「バスを間違った!?」
と思ったら、運転手さんが「すいません! 間違いました」と
アナウンス。その先の狭い路地を左折し山手通りに出ました
が近所の人はビックリしたことでしょう。今なら大騒ぎです。

2016年1月19日

初雪で大雪

今年は暖冬だと思ったら、東京に大雪が降りました。
予報では降ると言っていましたが、夜中の1時に雨だった
のでまた外れたかと。でも念のため1時間早く起きたら、
予報通りの大雪となってました。


もうみぞれに変わってましたが、家の前は車が通れる状態
ではありません。今日は地下鉄で行くしかない。
ニュースを見ると、私が通勤に使う地下鉄が大幅に遅延し
てるとのこと。都内の地下鉄は、いくつかを除いて遠方か
ら来る私鉄と乗り入れているので、こういう時は影響が大
きいです。


ツイッターで地下鉄の状況を検索すると、並んでて駅に入
れないとか、押されて腕を脱却したとか大騒ぎ。うーん、
64歳のじいさんには厳しそう。
家内が「バスで池袋に出て丸ノ内線で行ったら?」と。
丸ノ内線は私鉄と乗り入れていないのです。その提案に乗
ったのですが、結局は大変な目に会いました。


家を出るときはもう雨になり、道は溶けたシャーベットの
よう。こういう天気のときは、北海道出張用に買った合成
皮革の短靴が威力を発揮します。裏がギザギザになってる
ので積雪面でも大丈夫。それにズボンの裾で隠れるので、
一見すると革靴に見えます。足が濡れるのってほんとに不
快ですからね。
ブーツ012.JPG

バス停は近くなのですが、歩道の上もグッチャグチャ。
予想外に大通りは空いてますが、その分車のスピードが速
く、シャーベット状の雪を跳ね上げてスーツのズボンが
ビショビショになりました。
それでも心ある人は、バス停の前で車のスピードを緩めて
くれます。自分が運転するときも気をつけよう。


跳ね上げがひどいので歩道の後ろに下がって並んでいる
と、男の人が来てバス停の横に立ちました。「こっちに並
んでますよ」って言おうかな。でもすぐに天罰が下ります。
案の定大型トラックが来て、その人に盛大に泥のシャワー
を浴びせました。そしてやっと、われわれが後ろに並んで
る意味がわかったようです。


それにしても、道は空いてるのにバスが来ない。来たと思っ
たらみんな違う路線のバスです。結局15分ほど待ち、やっ
と来たのは本命じゃない遠回りで池袋に行くバス。ここで
待ってるよりはと乗りましたが、乗れただけラッキーで、
バス停によっては積み残された人も大勢いました。


満員でワンマンの前の扉が開かないときは、後ろの扉を開
けて乗せるんですね。つまりこの人たちはタダですが。
さすが都バス、都民の足です。


丸ノ内線は予想外にガラガラ。池袋に着く私鉄がみんな遅
れてるからでしょう。会社に着いたのは始業5分前でした。
夜のニュースで電車のすごい混乱状況を見ました。ズボン
は汚れたけど、センタクは間違ってなかったようです。


しかし、首都圏に雪が降って交通が乱れるたびに思うので
すが、雪国でふつうに走ってる鉄道と、都会の鉄道とでは
どこががどう違うのでしょうか(まあダイヤ自体が違うで
しょうけど)。