宇津救命丸株式会社

夜泣き、かんむしに宇津救命丸国内唯一のこども専門総合医薬品メーカー



やわらか社長の楽しいぶろぐ


最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

カテゴリー

Powered by
Movable Type 5.2.3

トップページ > 宇津救命丸Blog

« 2016年2月 | メイン | 2016年4月 »

2016年3月 アーカイブ

2016年3月24日

大ぼけ小ぼけ勘違い

齢をとったせいか、記憶がなくなってたり勘違いが多く
なってきました。もし警察に「3日前の14時頃何してた
か?」と聞かれたらアリバイが証明出来ないかも・・・


探し物・忘れ物
いつも家に帰ると、無意識に車の鍵とか財布をそこら
辺に置いてしまいます。なのでたまに、ない!ない!と
大騒ぎ。


消したエアコンや戸締りもあとで気になって、一度出た
のに戻ったり、会社に電話して確認を頼んだり。
無意識でやるのがいけないんだと、最近は駅員さんの
ように手指しで声を出し確認するようにしています。


忘れ物はあんまり無い方ですが、その後が気になって。
たまにタブレットを会社に置き忘れるのですが、ほんと
に会社にあるのか会社に電話して確認を頼んでしまいま
す(どこにも寄らずに帰ったのに)。


記憶喪失
久しぶりにあった友人に、去年横須賀に行って駅前に何
もなくて驚いたと話しました。すると友人が「前に二人
で行ったじゃないか」と・・・


以前も違う仲間に、家内と出雲大社に初めて行って感動
したと言ったら、学生時代にみんなで行ったと言われ
大ショック。二人とも記憶もデジャブもなーんにもない。
かなりヤバイです。


空港にて 1
去年北海道に行ったときのこと。行きのフライトが早朝
なので、息子に羽田空港まで送らせました。久しぶりに
車で来たのでJALの第1ターミナルがわかりません。案
内板の通りに行って降りたはずが、なぜかそこはANAの
マークばかり。振り返ると遠くに第1ターミナルが見えま
した。マズイ・・・と思った時には車はすでに彼方へ。


地下通路をガラガラ荷物を引いて、なんとかJALの出発
ロビーに到着。早めに来てよかったー!
待合室でホッとしたのもつかの間、アナウンスから流れ
て来たのは大阪便の案内。ゲートが違う! 危うく乗り
損なうところでした。

第2ターミナルから第1ターミナルを望む。同じ空港でも
ずいぶん離れてるんですね。
第一001.JPG

空港にて 2
目的地の空港に着いてもドタバタ。預けた荷物はすぐ出
てきましたが、ウッソー! みんなうちと同じような色形
のバッグ。息子のを借りてきたので見分けが付きません。
危うく1時間に1本のバスに乗り損なうところでした。


カツカレー
お昼に社員とカレーを食べに行ったときのこと。
最近お気に入りのカレー専門店で、きょうは何が何でも
カツカレーを食べようと決めてました。店に入り自動販
売機でチケットを買おうとすると、あれ?カツカレーが
ない! 私がもたついてると社員が「隣の店じゃないん
ですか?」と。何言ってんの、カレーはカレー専門店で
食べるの! ても・・・メニューにない。


社員がお店の人に「カツカレーありますか?」と聞くと
「カレーだけです」と衝撃的な返事。そんなバカな!
落ち着いて自販機を見ると、ん? 牛丼のボタンが・・・ 
そこで初めて気づきました。ここは隣の吉野家だ!
カウンター席の形がそっくりで気づきませんでした。
恥ずかしいやら情けないやら。


羅布乃瑠
これ何て読むかわかりますか?
実家の方の国道ぞいに看板があり、たまに反対車線
を通りますが周りの植木で店内は見えません。我々は
ずっと「こんぶ」の販売店だと思ってて(羅臼昆布に
似てた)、なんでこんな所にあるのか不思議でした。


ある日よく見たらレストランで、「ルノーブル」って
読むんだと大笑い。その後ずっとそう思ってましたが、
このブログを書くのに調べたら、ほんとは「ロブノオル」
でした。思い込みってスゴイです。


ボケ対策
うちの夫婦のボケ対策は、クイズ番組を見て競争で答
えること。母が元気だったときは3人でやってました。
ミリオネラのような難問ではなく、少し考えればわかる
ものです。とくにネプリーグやペケポン(放送終了)のよ
うな漢字問題、トンチ問題は頭を使い、少しは脳も活性
化するのではないかと思いますが。

2016年3月 8日

お客様相談室

当社のお客様相談室の話ですが、おかげさまでクレーム
はほとんどありません。昨年、悪質なクレーマーが逮捕さ
れましたが、一時期医薬品メーカーは悪質クレーマー集団
の標的にされました。当社は小児用という性格上被害は
ありませんでしたが、各社対応に追われ大変でした。


お客様相談室には、いろんな質問や相談がきます。
中には薬の話から健康相談や育児相談になり、30分以上
話をされる方も。私も一応薬剤師なので、手の足りないと
きは質問に答えることがあります。


アレルギー
最近多いのがアレルギーの相談。アレルギーだけどウチ
の薬を飲ませていいかと。薬によっては成分に、卵白・牛乳・
米などを使っているものがあるので、答える方も慎重です。
余談ですがアレルギーの種類もいろいろあって、キィウィ
アレルギーというのもあるんですね。


ウンチ
先日お昼前に私が出た相談は、おばあさんから3ヶ月の
お孫さんのウンチの話。便秘がひどくてウチの整腸剤を飲
ませたらよく出るようになったそうで、色はウグイス色とか
白っぽいのにツブツブが入っているとか、ひたすらウンチ
の話。結局は、柔らかいのが沢山出たけど大丈夫かとの
質問でした。


整腸剤は便秘や軟便を改善するための薬ですから問題な
いのですが、初孫なのかお孫さんのことが心配なんですね。
ちなみにその日の夕飯はトマトカレー。昼間の話を思い出
さないように無心に食べました。。


夜泣き
いつの時代も、やっぱり夜泣きにはみなさん困っていらっ
しゃいます。おばあさんからのお電話も多く、自分の子供
に飲ませて効いたから孫にも飲ませたいと。
先日はお父様から電話がありました。「夜泣きで困ってて
救命丸を飲ませたいが妻が反対してる。説得できるデータ
を送って欲しい」とのご依頼でした。


以前お母様方にアンケートでお聞きしたところ、「夜泣きを
止めるのは親の都合だから、薬まで飲ませるのは罪悪感
がある」というご意見がありました。
ネットで夜泣きの対処法をみても、寝るまで抱っこする、車
に乗せる、スーパーの袋をクシャクシャして音を聞かせる
(胎内音に似ている)などですが、みんな対症療法。


救命丸の効能に夜泣きとあっても、夜泣き=病気とは言い
づらいところもありますが、夜泣きがひどいと泣き癖がつい
たり、赤ちゃん本人もご家族も睡眠不足になって免疫力が
落ちることもあります。どうしても「夜泣き→うるさい→
寝れない→止める」という構図になりがちですが、夜泣き
は騒音ではなく、赤ちゃんのためにも治してあげた方がいい
のです。


夜泣き 2
上記のように、最近のお母様は赤ちゃんに薬を飲ませる
のは慎重です。でも先日あった相談では、生後3日の赤ち
ゃんが夜泣きがひどいので宇津救命丸を飲ませたいと。
救命丸は生後3ヶ月から飲ませられますが、さすがに3日
では・・・というか、それはまだ夜泣きではなくふつうの生
体反応です。だから泣くのは仕方ないですと説明しました。


飲み合わせ
薬の飲み合わせの質問も多いです。よくあるのは病院の
薬と一緒に飲んでいいかという質問。医療用の医薬品は
知らない名前がよく出るので、そんな時はネットで調べ
ながら回答します。
ちなみに、宇津救命丸は同じ生薬の入った漢方薬以外
ほとんどの薬と飲み合わせても大丈夫です。


たまにあるのは、解熱薬を飲ませても熱が下がらないので
ウチの解熱座薬を使いたいという方。成分が違っても同じ
作用機序なので絶対にやめて欲しいです。


熱が出るというのは、体内の菌を殺そうとする防衛反応で
もあります。とはいっても、高熱で苦しむお子さんを見て
いるのはつらいから解熱剤を使ってもいいのですが、それ
でも熱が下がらないときは、重篤な病気の可能性があるの
で医師に受診されることをお勧めしています。


自分が飲みたい
たまにあるのは、救命丸をお年寄りがのみたいというご相
談。子供用だから作用が穏やかだと思われているようです。
もちろん害がある訳はないのですが、用法容量が子供用と
決まっているので、メーカーとして飲んでいいとは言えま
せん。まあ、明治時代までは大人も飲んでいたのですが・・・


返事に困るのは、いま飲んでるけどよく効くという確信犯。
お褒めのことばは嬉しいですが、用法容量はお守り下さい
とお伝えするしかありません。


老人用の救命丸を作って欲しいという熱心なご要望も多い
です。でも、残念ながら救命丸という名称・同じ成分では
大人用の許可が下りないのが辛いところ。
あるご老人からご要望を頂きそう事情を伝えると、「それ
はどこに訴えればいいの?私が言ってやる!」と非常に熱
心に語られたそうです。


どこに売っている?
世の中には何千種類も医薬品があるので、残念ながらうち
の商品を置いていないお店もあり、お客様から「どこで売っ
ているの?」と聞かれることが多々あります。そんなときは
お客様の家の近くで扱っているお店を調べ、そのお店に電
話して在庫を確認し、それからお客様に返事します。


自分がその立場になったとき、どう対応してくれたら嬉し
いか。それをするのが顧客サービスの神髄だと思います。


2016年3月 3日

スキーと真田丸(?) 下

翌日は予報が外れ、朝起きるといい天気。テンションが上が
って朝ごはんも美味しい。

食堂からの眺めもいいです。
マド039.JPG



気温はいつもより高そうですが、上は寒いだろうと厚着をし、
ホカロンを2枚貼ってゲレンデに出たら暑いのなんの。
昨年は寒くて死にそうでしたが、今年は暑くて汗だくです。


いつもは一番標高の高いホテルに泊まって、順々にゲレンデ
を下りて来るのですが、今年はその逆だから余計に気温が高
く感じるのでしょう。天気がよくて青空さえ見え、チューン
ナップした板の滑りも快調。雪質が悪いのが難点ですが、雨
に降られないだけでも感謝です。
ゲレンデ042.JPG

1年ぶりに行ったら、リフトのチケットがスイカのようなIC
カードになっていました。タッチしなくても通れるのでスイカ
よりも便利かも。志賀高原はこれ1枚でバスまで乗れる
オールマイティ。

ゲレンデをつなぐ歩道橋。以前は歩いて登って大変でしたが、
いまはエスカレーターが出来ました。スキー場も努力してます。
エスカ051.JPG


最近はスノボーの衝突事故が多く、ヘルメットをかぶってい
る人も増えました。ニュースの検証では、スノボーは圧倒的
に視界が悪く、後方が見えないのが原因だとか。ヘルメット
にサイドミラーかバックモニターが必要でしょう。


お昼はいつも食べる広いレストラン(というより食堂)。
年々お客さんが減ってたのに、今年は多くてビックリです。
よく見ると、中国系のアジア人が大半。あと西洋系の人も沢
山いて何だか日本じゃないみたい。スキーをする日本人は、
我々ぐらいの年代が多いような気がします。
レスト049.JPG

食券売り場に長い列。先頭を見ると5~6人の外人が券売機
の前で悩んでました。料理の写真がないので、余計にわから
ない様子。これだけ国際化が進むと、外国語のできる係りを
置くか、外人専用のレジを作った方がいいかも。


今年はお昼まで休憩せずにガンガン滑ったので、午後から
めっきり体力ダウン。でも、ほとんどのゲレンデを制覇し早
めにホテルへ帰りました。結局、きょうは雨どころか青空で、
久々に天気に恵まれた感じです。


部屋に帰って早速温泉へ。冷えた身体を温めるにはサウナ
が一番。でも、昨年はサウナの中でおしゃべりなオースト
ラリア人と二人きりで大変だったので、今年は中に誰もいな
いのを確かめてから入りました。


夕飯はテレビ付の個室でした。でも上が抜けてるので、あっ
ちこちで違うチャンネルを見てるのでうるさいのなんの。
料理は正直期待してなかったのですが、この値段で?と思う
ぐらい美味しかったです。ただやたらと料理の出るスピード
が速く(特に酒飲みには)まだご飯も食べてないのに「デザート
持って来ていいですか?」と言われても。


翌朝、今度は天気予報が大当たり。朝から雨です。前に降ら
れたときは3月でもっと標高の低いゲレンデでした。まさか
2月の志賀高原で雨が降るとは・・・


朝食が終わったころには、雨も止んで日が差してきましたが、
たぶんゲレンデはぐしょぐしょでしょう。滑るのを断念して
観光に行くことにしました。


どこに行こうか考え今年の忘年会の目的地である真田丸ゆかり
の街を下見に行く事に(下見する意味がよくわかりません)。
さて大河ドラマの「真田丸」との関係は?


山を下りて行くと、気温の関係か下の方に雲海が広がり幻想
的な景色が見られました。
雲海066.JPG

私は「真田丸」を見ていないし歴史にうといので、地元の友
人からレクチャーを受けました。なんと彼のお母さんの実家
は真田家の家臣だった小山田茂誠の子孫。小山田茂誠は
「真田丸」にも出ていて、その妻は真田幸村の姉だそう。
ということは彼は真田家の末裔? どうりで彼は・・・・・
別に普通か。


ここで豆知識。
サナダ虫って「真田さんが発見した蟯虫」ではなく、戦国時
代に真田家が作った真田紐に似ていることから付いた名だ
そうです。真田紐は丈夫で伸びにくいので、行商人が「真田
の作った丈夫な紐」として各地で売り歩いたとか。


真田家ゆかりの城は上田城が有名ですが、真田丸が大阪
城の近くに築かれた砦だったとは知りませんでした。
今回行ったのは、真田氏が最後に移った松代城。もともとは
武田信玄が築いた城で、現在は城壁しかありません。

平地にあって、わりと狭いのが以外です。
城069.JPG


街の中には、真田家が住んでいた屋敷や、真田家に伝わる武
具・調度品を展示している宝物殿などいろいろな建物があり
ます。

真田丸の人気か、観光バスが続々。
houmotudenn 081.JPG


友人の親戚の小山田さんの家もありました。以前は広大な敷
地があったそうです。
茶室080 (2).JPG


いまは元の茶室に住んでいるそうですが、茶室でこの大きさ
ですから元の屋敷の大きさが窺い知れます。
茶室080 (1).JPG

さらに小山田家と親戚という真田家の屋敷(真田幸村の兄、
信之の子の家)。大きな屋敷で維持費が大変そうです。
屋敷085.JPG

ところで、街のあちこちに「真田丸」の旗を立て大河ドラマ
効果を狙ってますが、後で調べたら松代城に移って来たの
は真田幸村の兄の信之で、時代も江戸時代。「真田丸」と結
びつけるにはちょっと関係が薄いようで・・・
まっ、「真田家ゆかりの街」であることに間違いないですが。
旗082.JPG

時間があったので、宝物殿以外はほとんど見ちゃいました。
だから忘年会は違う所がいいなあ。


いずれにしても、勉強になったスキー旅行でした。


追記
先日新宿の交差点で、広告看板を載せた大型トラックが右折
してきました。そこには「真田丸ゆかりの和歌山県」とあり
ましたが、真田家にはどれだけゆかりの地があるのでしょう?

2016年3月14日

ブログの方針

最近の私のブログ、少し真面目に書いてます。
じつは先日、知人と息子とで飲んだ時(私は烏龍茶)私の
ブログの話になって、息子が「社長ブログは人となりがわ
かって面白いけど、会社のHPに載せるにはちょっと違う
んじゃないかと思う」と言い出しました。


すると知人が「息子さんがそう言うなら。じつは仲間と
あれは企業の社長のブログではないとなったんです」と。
もし〇〇〇(某上場企業)の社長だったら「きょうはこんな
懇談会があった」「こんなセミナーに出た」とかで、そこ
から話を膨らませると言うのです。


お酒も入ってたので反論もしませんでしたが、〇〇〇の
社長だったら、みんなまじめな話でも読むんでしょうが、
私がそんなこと書いたって・・・
「だったらもう止めちゃおうかな・・・」


前にも書きましたが、ブログを始めたきっかけは、少しで
も会社のPRになればという気持ちから。最初はいたって
まじめでした。でも、そんなことばかり書いてたら、私の
見聞知識ではすぐに終わってしまい、話題にもならなかっ
たと思います。


でも、言われたことはごもっともで、正直私もこんな路線
でいいのかと自問自答することがあります。まあ、暴走し
ないように、事前に家内のチェックは受けてますが。


先日取材に来られた方に「ブログが面白いですね。前の
分まで読んじゃいました。」と言われ、じつは・・・と言いま
した。すると「そんなことないですよ。ずっと続けてくださ
い」と励まされました。


人のために尽くすというのが創業者の理念。面白いと思
っていただける人がいれば、少しは人のためになってい
るのでしょう。


書き始めてはや10年目。受け狙いで書いてる訳ではあり
ませんが、ウソは絶対書かないというのがポリシーです。
タイトルが「やわらか社長の楽しいブログ」ですから、
また元の路線で行くことにします。

2016年3月19日

ドキドキな取材

先日、2週続けて2社の取材がありました。
どちらもネット関連で、一つは記事、一つは動画。
とくに会社にトピックスがなくても、歴史が長いだけで
いろいろ取材に来てくれるのでありがたいです。


最初は某サイトのインタビュー企画。
ライターの質問に答える間カメラマンが写真をパチパチ。
若いころからいままでの話や、社長になって苦労したこと
など1時間ほどいろいろ聞かれました。


事前に愛用の品を見せて欲しいと言われてましたが、
持ち運び出来る愛用品となると、まさかプラモ製作の七
つ道具というわけにもいかず・・・けっきょくタブレットに
しました。最近は、わからないこと、疑問に思うことはす
ぐに調べ、たしかに毎日愛用してる必需品です。


最後にスナップ写真を撮り見せてもらいましたが、私の
ウイークポイントの目が細すぎる。撮りなおしてもらっ
たら、目を修正したプリクラのようになりました。


それまで寡黙だったカメラマンの方が、「私高根沢出身
で、宇津さんの工場の前をよく通ってました」と言うの
で[エーッ!」。 毎年生徒がうちの史料館を見学に来る
小学校の出身と聞いて二度ビックリです。世間は狭い。


翌週は某サイトの動画の取材でした。
記事なら取材の後でも追加や編集が出来ますが、動画
となると撮影が終わったら取り直しがきかないので緊
張します。テレビやラジオのインタビューは何度か受
けましたが、あがりまくったというトラウマが。
アドリブがきかないので、予想外の質問をされると
パニックです。


4人の方が機材をいっぱい持って来て、セッティングす
るのに30分かかりました。時間になって行ってみると、
ビデオカメラ3台がセッティングされ、まるでニュース
ステーションのスタジオのよう。それだけで緊張UPです。
取材011.JPG


前もって話すことは決めてましたが、思ったように
しゃべれず、撮りなおしてもらった所があります。
両方とも公開前に見せてもらえるそうなので、うま
く出来てたら(撮れてたら)お知らせします。

2016年3月30日

八面六臂の連休

タイトルの八面六臂(はちめんろっぴ)は、八つの顔と六本
の腕を持っている仏像のことです。一人で何人分もの活躍
をするたとえですが、私も家内も七面六臂だと思い込んで
ました。

栃木の実家も春めいて来ましたが、先日の3連休中にやる
ことがいっぱいありました。


林業
まずは除草剤の散布。
もう?と思われるかも知れませんが、いまから撒くと雑草
の発芽を抑制する効果があります。去年杉林を開墾したの
で、日当たりがよくなり雑草の生える面積も増えるはず。
でも手で撒くのは大変です。


そこで新兵器登場。電動の除草剤散布機で、簡単な構造の
割に効率が数倍アップしました。詳しくは別の機会に。
最初家内が、軽トラで走りながら荷台から撒くという構想
でしたが、隣の岩本さんに「危ないからダメ」と止められ
ました。結局歩きながら撒きましたが、3キロの薬剤20袋
を1日半で撒くことが出来ました。
散布機063.JPG


家内が除草剤を散布してる間、私は倒木の撤去です。
前回敷地を軽トラで見回ったら、木が倒れて道を塞いでま
した。チェーンソーで切りかけたら刃がなまってて断念。
今回自分で刃を研いで再チャレンジです。

刃一つ一つをヤスリで削りますが、コツがいります。
チェーン050.JPG


木は見かけよりも重いので、いくつかに切り分けます。
やっとどかして進んだら、また一本倒れていて悪戦苦闘。
まるで未開地に行く開拓者のよう。
切除045 (1).JPG

奥まで行くと、参の宮の前に長ーい杉の木が倒れてました。
ちょうど燈籠とほこらの間に倒れててギリギリセーフ。
以前、薬師堂の横の大木が倒れたときも、違う方向に倒れ
て難を逃れました。仏様の力でしょうか。
倒木 047.JPG

こんな木でも切るのは大変。杉林をあれだけ切った時は
さぞ大変だったでしょう。
切除045 (2).JPG

敷設工事
以前、築山に自分で庭園灯を設置したとき、路の下に
コードを埋設しました。保護するためちゃんとチューブ
に通して埋めたのですが、深さが足りず、車が通るたび
に埋設したチューブが露出してきてました。


2月に雪が降ったとき、隣の岩本さんがトラクターで除
雪してくれたのですが、チューブを引っかけ見事に引き
ずり出されてしまいました。その前に、自分でも別の場
所を草刈機で切断し直したばかりなのに・・・
千切れ044 (2).JPG

今回はその修復。まずはチューブが簡単に露出しないよ
うに、今度はつるはしを使って溝を深く堀りました。
使い馴れない道具で4メートルも掘ったらクタクタです。
むかしはこれとスコップだけで土木工事したんですよね。
溝044 (1).JPG

次にチューブにコードを入れますが、長い蛇腹のチューブ
なのですんなり入いらず、半分ほど入ってストップ。
さてどうしょう・・・ここで閃きました。重力の力を借
りればいい。チューブを書院の二階の窓から垂らしコード
を送っていくと、案の定すんなり入って行きました。
まるでガリレオ!
チューブ060.JPG

コードの入ったチューブを敷き・・・
完成v058 (2).JPG

土と砂利で埋めて完成です。
完成v058 (1).JPG


梅を愛でてる暇もない。
うめ051.JPG


庭師
家の回りの背の低い杉が、しばらく手入れをしてないの
でボサボサです。これも何とかしないと。
ボサボサ053.JPG

最初ハシゴをかけてやってましたが、いい方法を考えま
した。軽トラの荷台に乗って剪定すれば、切った枝もそ
のまま乗せて運べるので一石二鳥。
軽トラハシゴ056.JPG

完成。さっぱりしました。
小杉064.JPG
一日雨で二日しか働けなかったですが、結果が出せて
満足です。