宇津救命丸株式会社

夜泣き、かんむしに宇津救命丸国内唯一のこども専門総合医薬品メーカー



やわらか社長の楽しいぶろぐ


最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

カテゴリー

Powered by
Movable Type 5.2.3

トップページ > 宇津救命丸Blog

« 2016年3月 | メイン | 2016年5月 »

2016年4月 アーカイブ

2016年4月 4日

見ればハマる海外ドラマ

最近、ある海外ドラマにはまってます。


私が子供の頃は、テレビでいろんな海外ドラマ・・という
かアメリカドラマをやってました。もちろん吹き替えで。
この頃お年寄りが「この外人さんたち日本語うまいね」と
言ったとか?


コメディからファミリーもの、警察もの、探偵もの、戦
争もの、動物が主人公のものなどいろいろありました。
そういえば、いまは日米共に動物が主人公のドラマって
ないですね(ソフトバンクの犬のお父さんぐらいかな)。


その頃のアメリカは白人至上主義ですから主人公はもち
ろん全員が完璧な白人。黒人は召使いかベビーシッター
の役ぐらいで、アジア系、スペイン系の人もほとんどい
なかったような。


男子校だったので、みんな戦争ものにはまり、放送日の
翌日はもっぱらその話題でいっばいでした。


不思議だったのは、ルーシーショーなどのコメディに笑い
声が入ること。最初はほんとに観客がいるのかと思って
ましたが、後で効果音だと知りました。でも全然面白くない
所で笑いが起き、日本人とはユーモアのセンスが違うと子
供心に思いました(和訳が違ってた可能性もありますが)。


だいぶ前から地上波で海外ドラマをやらなくなりました
(韓流ドラマ以外)。それだけテレビ局の制作能力が高くな
って、海外ドラマに頼らなくてもよくなったということで
しょうか。


話は元に戻りますが、私がいま見てるのは、スカパーで
放送している「クリミナルマインド」というドラマ。
FBIの行動分析官(プロファイラー)の話で、過去の統計か
ら犯人の行動を予測して事件を解決していく話です。


スカパーで放送してるのはシーズン1から7までで、
いま「クリミナルマインド祭り」と称して一挙に放送し
ています。シーズンという言い方は、最初Vシネマの
「24」だったような。何で「季節」なんだと思ってま
したが、アメリカではシリーズのことをそういうと知
りました。


録画しながら見てますが、最近のビデオはお利口なの
か馬鹿なのか、同じタイトルのものをドンドン録画してい
くので、日本語版と英語版、再放送分まで録画して、後
で選別するのが大変です。


さらに曜日によって違うシーズンを放送してるので、離婚
したメンバーが奥さんと仲むつまじくしてたり、死んだ
メンバーが生き返ったりとややこしい。最近違うドラマに
もハマりだし、1日5話づつぐらい録画されるので見るの
も大変。もう祭りじゃなくて地獄です。


2016年4月10日

時の流れ

前回、むかしのアメリカのテレビドラマの出演者はほとん
どが白人だったと書きましたがその続きです。


人種の坩堝と言われてるアメリカでは、インディアンの
差別から始まって、メキシコ人、黒人、アジア人、アラブ
人と「差別の歴史」があります。私が学生の頃は黒人は同
じバスに乗れず、映画館にも一緒に入れなかったそうです。


当時の戦争ドラマや映画には白人の兵士しか出て来なか
ったので、実際の戦争にも白人しか行ってないのかと
マジで思ってました。敵役のドイツ兵や日本兵は極悪非
道で(いまのどこかの国の映画のよう)、アメリカ兵は
ヒューマニスト。インディアンも同様でしたが、そうい
えばインディアンが敵役の西部劇って見なくなりました。


その後リアルな戦争映画が作られるようになり、黒人や
ラテン系などいろんな人種が出て来るように。また敵役
の人間性や、アメリカ兵が行った残虐行為も公平に描か
れるようになりました。


映画に黒人が主役級で出たのは、1967年の夜の大捜査
線だった気がします。いままで黒人のシドニー・ポア
チエ主役だと思ってましたが、この映画でアカデミー
賞をとったのは共演のロッド・スタイガーだったと知っ
てビックリ。やっぱりまだ白人が優位だったのですね。


最近のアメリカドラマや映画にはいろんな人種が出てく
るようになり、黒人が主役の映画も数多くあります。
逆に白人の数がぐっと減ってきて、5人ぐらいのチーム
だと、黒人1人、中国系1人、ラテン系1人、あとが白
人みたいな。


アニメの世界でも、人種の取り扱いは変わってきました。
むかしのディズニー映画は眠れる森の美女やシンデレラ
など完璧なアングロサクソン人が主役でした。その後人
種差別が無くなりアニメの主人公もだいぶ変わってきま
した。ただ、動物だけは差別がないようです。

2016年4月15日

サクラ お腹いっぱい

今年の桜は例年より早く咲き始め、東京の開花期間は異例
に長かったそうです。
週末に車で都内の桜名所巡りをしましたが(絶対に降りて歩
かない)天気が悪くて残念でした。空が曇っていると桜も
くすんで見えるから不思議です。


面影橋から(神田川)
通勤路なので毎日横を通ってますが、ある日一斉にパッと
咲いた感じです。
桜1011.JPG

sakura 2012.JPG

靖国神社前の靖国通り
ここから千鳥ヶ淵、武道館にかけては、外国の観光客も相
まって凄い人。晴天の日(平日)は歩けなかったそうです。
駐車場に長蛇の列でしたが、この時期の土曜日に停めよう
なんて無謀もいいとこ。
四谷016 (2).JPG


市ヶ谷のお堀端
子供の頃ここで夜桜見物の酔っ払いが堀に落ち、桜の下で
警察官がライトで照らし探していたのをやけに覚えてます。
四谷016 (1).JPG

青山墓地
今年初めて行ってみました。道が狭いので両側の桜が重な
り合い見事でした。ほんとに天気が残念です。
青山025.JPG

溜池周辺。
ここは毎年桜めぐりの定番。比較的人が少ないのでお奨め
です。
ため池026.JPG

哲学堂付近の目白通り(新青梅街道)。
桜並木の道はけっこうあります。
目白032.JPG

中野通り
ここも両側の桜がきれいです。でも、夜はこの提灯が明る
すぎてかえってジャマ。
中の036.JPG

台東区の本覚寺。
取引先に初めて訪問したときたまたま通りにかかって発見。
みごとでした。でも枝が落ちたら危険でしょう(実家の桜も
よく枝が落ちるので)。
寺045.JPG

翌週、栃木の実家で再度お花見をしました。約1週間の違
いです。昨年はタイミングが悪くて来れなかったので今年
は楽しみ。天気はまあまあでしたが、さくら市の喜連川に
行ってみました。


一昨年見つけた川沿いの桜並木。東京はどこへ行っても人・
人・人だったのに、ここはひとっこ一人いません。そこら
じゅうに咲いているのでわざわざ見に来る人もいないのか。
喜連川って川の名前かと思ったら昔の藩の名前で、この川
は荒川なんですね。まぎらわしい。
きつれ008.JPG

天気がいいと桜もきれい
きつれ3009.JPG

そばにある五月女のさくら並木は栃木県の景勝百選にも選
ばれた名所らしいです。うすいピンクの桜と黄色い菜の花
のコントラストがきれいです。車も少ないので、道の真ん
中に出て撮ることが出来ました(いい子はマネしないで)。
さおとめ3033 (1).JPG


近くの丘の斜面にある「お丸山公園」。上記の街道の桜を
間引いて植えたそうですが、てっぺんのこの立派なタワー
は東北地震で使用不能になってしまったとのことです。
タワー展望台024.JPG


途中にある少年院の周りのも桜が。この桜を見て心を癒し
てるでしょうか。
少年院019.JPG

さて、最後はメインイベントのうちの薬師堂のお花見。
今年は濃いピンク色できれいに咲きました。
母は、フーテンの寅さんのように桜前線を追いかけて旅に
出るほど桜好きで、この桜も母が少しづつ植えたのがこん
なに立派になったのです。
薬師2051.JPG

やりたかったのは軽トラの上でお弁当を食べながらのお花見。
お弁当を買いに行ったら40分もかかると言われ、違う店へ。
やっぱりお花見効果でしょうか? 違う店で買って、叔母を
連れ3人で薬師堂へ。完全貸切のお花見ができました(近くに
人なんていませんが・・・)。
薬師042.JPG


矢板市に住む家内の妹夫婦の家に行ったとき、途中の長峰
公園にて。ここも桜の名所だそうです。
乙女山3056.JPG

日本人は桜好きですが、桜でお腹いっぱいになりました。

2016年4月19日

地震お見舞い

このたびの九州の地震で被害に合われた方には、
心からお見舞い申し上げます。
阪神淡路大震災では友人が被害に合い、東日本
大震災のときは栃木の実家が被害を受けたので
他人ごとではありません。


地震が発生したときはスマートフォンに表示された
ヤフーニュースで知り、被害の大きさはまだわかり
ませんでした。その後のニュースで、時間がたつ
たびに被害の大きさを知りました。とくに、九州全
体の発生頻度を現す地図を見て驚きました。


いまでも大きな余震が続いてるようですが、東日本
大震災のときも、実家にいると夏頃までグラグラっ
と大きく揺れることが続きました。しばらくは不安
な日々を過ごされることと思います。


亡くなられた方のご冥福と、一刻も早い復興をお祈
りするばかりです。

2016年4月26日

息抜き

私の趣味のプラモデルは、メーカーが競ってどんどん精
密化してきているので、作るのがだんだんしんどくなって
きました。


先日、男の子のいる父親が「子供がミニ4駆にはまっるい
るけど作ってやれない。製作費300円プラスして完成品を
買ってやってる。」と話してるのを聞きました。
ミニ4駆はむかしうちの子供らも作ってましたが、ちょう
ど骨休めによさそう。「まかせなさい!」と言いました。


キットを持ってきたのでさっそく開けてみるとビックリする
ほどパーツが少ない。組み立てもランナーから切り出す
だけで、あとはパチッ、パチッとはめていくだけです。
ランナーごとに色がついてるので、色を塗る必要もありま
せん。
シール126 (2).JPG

めんどくさいことは最初にやっちゃう主義なので、先に
ボディにシールを貼っちゃいます。剥がして貼るだけだ
から簡単。プラモの場合は薄い転写シールで水に濡らして
貼るタイプ。余白がないように切り出すのが大変です。
シール126 (1).JPG

次にメカの組たて。といっても、指定の場所にギアとか
シャフトを通すだけ。しかし、さすが世界のタミヤ。
信頼の高そうなメカがあっという間に組みあがりました。

おっ!メカは4駆だ。ミニ4駆だから当たりまえか。
完成130 (2).JPG

別売の、走行重視のオプションも取り付けました。
オプション127.JPG


シール貼りに1時間、組み立てに1時間の2時間で完成。
ウーン、スケール感はゼロだけど・・・
完成130 (1).JPG

わたしが子供の頃のプラモデルは、車でも戦車でもモーター
で走るのが当たり前でした。でも部品の精度が悪かったの
で、完成してもまともに走ることの方が珍しい。
とくに戦車みたいに車輪が沢山あると、組み立てる時に接
着剤が着いてしばらくするともう動きません。ギアや部品
もすぐ壊れてひどかった。いまだったらクレームものです。


車のプラモは比較的よかったですが、子供が走らせて遊ん
だらひとたまりもありません。その点、このミニ4駆は部
品が少なくて丈夫そうだし、メカも単純でよく考えられて
ます。


いまは世界のタミヤですが、一時は子供のプラモ離れが
大きく大変だったそうです。でも、このミニ4駆の成功
で会社は大きく飛躍したとか。


組み立てもよく考えられていて、接着剤も塗料も不要。
ニッパーとドライバーさえあれば組みあがり(爪切りで切
る子供もいるとか)、かなり乱暴に扱っても壊れません。


でも、これは私の持論ですが、このミニ4駆とガンダム
系(詳しくは知りません)のようにパーツを切るだけで簡
単に組み上がるプラモが出来たために、本来のプラモデル
を作れる子供が少なくなってきたのではないでしょうか。
スケールモデル売り場に、子供を見たことがありません。
ひいては手先の器用な技術系が減り、日本の精密工業の
減少に・・・?


まあ、何にしてもいまの子供は幸せです。

2016年4月29日

ホームページをリニューアル

このたび、弊社のホームページを久々にリニューアルし
ました。


いままでは歴史を重視したスタイルでしたが、今回から
より商品寄りの形にしました。コピーの立案から参加し
ましたが、完成するともっとこうすればよかったとか反
省しきりです。


校正も担当しましたが、何度も見直すたびに文章がおか
しかったり誤字脱字を見つけたり。訂正を繰り返すたび
に完成が遅れ、だんだんヒステリックになってきました。


車は、新車を発売してからでも徐々に改良されてきます。
うちのホームページもなんとか完成しましたが、今後も
パワーアップしていくつもりです。
これからも私のブログとともによろしくお願いします。


今年もいよいよゴールデンウイークに突入します。
ブログも連休明けまでお休みです。