宇津救命丸株式会社

夜泣き、かんむしに宇津救命丸国内唯一のこども専門総合医薬品メーカー



やわらか社長の楽しいぶろぐ


最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 5.2.3

トップページ > 宇津救命丸Blog

« 2016年12月 | メイン | 2017年2月 »

2017年1月 アーカイブ

2017年1月30日

高齢者の運転 考

最近、お年寄りの運転で起きる事故のニュースをよく聞き
ます。自分もそろそろその領域に入ってきてるので、他人
ごとではありません。

事故でとくに多いのが、アクセルとブレーキの踏み間違い
だとか。高齢者の踏み間違い事故は10年前は全体の20%
だったのに、昨年は40%に増えたそう。いや待てよ、じゃあ、
後の60%は高齢者じゃないの?・・とすると、そもそも走る・
止まるという真逆の作用を、同じ足にさせること自体に問
題があるのでは。


これを防ぐ対策をいろいろ考えてるようですが、もっと簡
単な方法があると思います。それは、オートマの免許を取
るとき、教習所で最初から左足でブレーキを踏むように教
えること。現在市販されてる車の大半がオートマチック車
で、左足は何の仕事もしてないのですから。


最初からブレーキは左足で踏むものだと思っていれば、踏
み間違えなんて起こらないはずです。もっとも、いまから
導入しても効果が出るのは数十年先のことで、目先の対策
ではありません。それに調べたらオートマ免許を取る比率
は、昨年でまだ57%だそう。もっと多いと思ったのですが。


もう一つ、左足でブレーキを踏む利点があります。
それは、人通りの多い道を走るときなどブレーキに左足を
載せて運転できるので、何かあればすぐに止まれるのです。


私は若い頃に特訓し、いまではとっさの時でも左足が自然
にブレーキを踏んでます。だからもっと年取っても、たぶん
踏み間違えはないと思うのですが。
※練習せずに左足でブレーキを踏むのは大変危険です。


先日テレビでやってましたが、お年寄りに事故が増えるの
は、自己中心、自信過剰、せっかちになるからだそうです。
自分も耳が痛い。


どうにも防げないのが判断力の低下。歳をとってくると、
普段やらないことを何気なくやってしまったり、勘違いす
ることが多々あります。その原因の一つは、萎縮した脳に
白質病変(血の巡りが悪くなる)が起きるからだと言って
ました。


いきなり脇道から飛び出して来たり、急に曲がったり。
最たるものは逆走運転ですが、これはもう家族が常に見守
っていなくてはならないでしょうね。


お年寄りの免許証返納が増えてるそうですが、返納するの
に手数料が1000円かかると聞いてビックリ。大金を払って
苦労して免許を取ったのに、免許書返すのにお金を払わな
くてはならないとは。
返納を奨励するなら、感謝状とか少しの奨励金ぐらい出し
たらどうかと思うのですが。


もう一つ腑に落ちないのは免許書を返納した後の特典。
品物や食事の割引が受けられる、銀行金利の上乗せ、
デパートの無料配送など、いろいろな企業の協賛には敬
意を表しますが、それが促進につながるかどうか。
また、返納する代わりにタクシーを使えとよく言われま
すが、これって都市部中心の発想です。


ほんとに車が必要なのは、うちの実家のような農村地。
コンビニに行くのだって車がなくては行けないし、まさか
タクシーで・・・それに、車を使うのは出かけるときだけ
ではありません。70・80のお年寄りが、軽トラを運転して
畑仕事をしてるのです。
日本の農業を支えてるのはお年寄り。仮に65歳以上全員
が免許を返納すれば、日本の食糧自給は根底から揺るぐ
でしょう。


最近はだいぶ自動運転が進んできました。家内は楽だと
いうけれど、長年運転してるとなんか気持ち悪いし、あの
へたくそな自動ブレーキがガマン出来ません。
体力と気力と脳を鍛えて、いつまでも自分で運転していた
いものです。

2017年1月18日

アンコウと明太子

息子夫婦に、旬のアンコウ鍋を食べに行こうと誘われま
した。親孝行?いやいや、どうせスポンサー狙いです。


会社のそばに、アンコウ鍋で有名な「いせ源」がありま
すが、一度は本場で食べてみたい。というわけで、茨城
県の大洗に行くことになりました。常磐道で1時間半の
道のりです。


大洗といえば、いまや「ガルパン」オタクの聖地。
ガルパンって何のこっちゃでしょうが、ガールズ(女子)
&パンツァー(戦車)の略で、要するに女子高生が戦車に
乗って大洗町で対戦するというムチャクチャな話。でも、
これが一部の若者に受けてるんです。
(詳しくは2013年10月8日のブログをご覧ください)


大洗町だけでなく茨城県の観光ページにまで載ってます
から、架空の世界に本気で取り組んだ茨城県人は頭が柔
らかいですね。

観光茨城


アンコウの店は住宅街にある民家風。知る人ぞ知るとい
う感じですが予約で満席というから有名なんでしょう。
MISE010.JPG


お店の名刺にガルパンが。町中が協賛してるのが凄い!
ちなみに、大洗女子学園というのはアニメに出てくる架空
の女子高です。
MEISHIDSC_0702.JPG

メニューはいろいろありましたが、ここでしか食べれない
ような物ばかりを頼みました。

アンコウの共酢(茹でたアンコウを肝いりの酢味噌で食べる)
KARAAGE018 (2).JPG

アンコウの唐揚げ
KARAAGE018 (1).JPG

生シラス
SHIRASU019.JPG

珍しいイワシのユッケ。ごま油がきいて美味しかったです。
NABE2032 (2).JPG

こんなメニューも。さすがに頼みませんでしたが。
KANEFUKU038 (2).JPG

最後はやっぱりアンコウ鍋。
アンコウの肝が入ったどぶ鍋にしましたが、なんとも
ネーミングが・・
アンコウは食べれない所がないと言われてますが、女将
さんらしき人が言うには、地元じゃ白身なんて食べない
そうで、その他の部分がご馳走なんだとか。肝は白身よ
り何倍も多いそうですから、さすがは深海魚。

肝を炒めて溶いた味噌と一緒に
NABE022.JPG


メドゥーサかと思ったらシラウオの精らしいです。
MEDIUSA037.JPG


帰りに「かねふく」の明太子工場に寄りました。
かねふくは福岡だと思ってましたが、茨城県にも工場が
あるんですね。といっても、ほとんど売店がメイン。
広い駐車場はいっぱいで、人気があるみたいです。

赤いモスラ?
KANEFUKU038 (1).JPG

店の中も人がいっぱいで、レジには長蛇の列が。こうい
う売店でこんなに混んでるのは珍しい。日本人は明太子
好きなんですね。

試食用の明太子がこんなに山盛りに。
MOTU043 (2).JPG


そんなに辛くなくやっぱり出来立て(たぶん)は美味しい。
一つ買って息子夫婦と分けましたが、もっと買えばよかっ
たと後で後悔しきりです。


夕飯用に明太子入りのもつ鍋セットを買いました。
じつは私はホルモンとか内臓系がだめで、もつ鍋を食べ
たことがありません。
食べた感想? 私はお肉の方が好きかな。
MOTU043 (1).JPG

2017年1月 5日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
つたないブログですが、今年もよろしくお願いします。

新春第一弾はまだ未完成ですが、みなさまに年賀状を
お送りします。

KOJIN187 (2).JPG


ついでにプライベートの年賀状も特別にお送りします。
よく家内が描いたと誤解されますが、案も画も私です。
KOJIN187 (1).JPG

2017年1月 8日

年末・年始の風景

年末年始はとくに変わったこともなく、いつものように栃木
で穏やかな正月を迎えました。多少のトラブルはありましたが。


ミッション
今回は落ち葉の掃除がメイン。落ちたモミジも最初は綺麗
ですが、時間がたてばただの枯れ葉。昨年の11月・12月の
連休は雨が多くて掃除が出来ず、今回まとめて掃いて飛ば
して捨てて大変でした。
ochiba112.JPG

ここまでにするのが一苦労。
ochibahaki134.JPG

零下
さすが栃木、昼間暖かくても朝の気温は零下です。都心で
は見られない霜柱がこんな感じで二段に。
shimobashira118.JPG


土の壁に出来た霜柱も珍しい。横に出来るんですね。
kabe145.JPG

バケツの水が凍って洗車ブラシが使えません。
koori132.JPG

外に停めた軽トラの窓に氷の結晶が。
kextushou142.JPG


ハマる
義理の妹が面白いと勧めてくれたレンタルの海外ドラマ。
連続ドラマは、「24」以来きりがないから嫌いです。だから
シーズン1の6本だけ借りて見るつもりでした。でも結末が
先送りになってて、結局シーズン4まで全部借りることに。
最近は郵送でも返せるので、東京に持って帰って見れるか
ら便利です(自宅の近くにレンタル店がない)。


ねぎらい
先日やっとうちの子になった小トラ(軽トラの愛称 )。
1年間泥だらけになって働いてくれてたので、感謝を込めて
洗車してあげました。
kotora147.JPG

火事!!
実家では、冬はエアコンと石油ストーブを併用してます。
その1つが壊れ新しいのを買いました。家に帰って箱から出
し、タンクに石油を入れてそのままに。夕方寒くなったので
家内が点火しました。
しばらくすると家内の悲鳴が!見るとストーブからモクモク
と煙が出て、パッと炎が上がりました。これ欠陥品!?


あわてて駆け寄ると、ストーブの中で紙が燃えてます。
スイッチを切って必死で紙を引きずり出しボールの水の中へ。
原因は、芯をカバーしていた段ボールを取り除かなかったこ
と。危うくとんでもない正月になる所でした。


おせち
今年のおせちは「ふるさと納税」の返礼品で頼みました。
すると寄付金とほぼ同額の立派なおせちが届いてビックリ。
いつもおせちは食べ残すのに、今回はみんな美味しくて
2日で完食しました。
osechi152.JPG


初詣
お稲荷1
元旦に、薬師堂と自前の稲荷神社6カ所を廻って祈願しま
した。
inari1155 (1).JPG

お稲荷2
inari3163 (2).JPG

お稲荷3
inari3163 (1).JPG

お稲荷4
inari5167 (1).JPGのサムネイル画像

お稲荷5
inari5167 (2).JPG

お稲荷6
inari6169.JPG

薬師堂にもお参り。神仏習合です。
kannnonn161 (2).JPGのサムネイル画像

観音堂へも。
kannnonn161 (1).JPGのサムネイル画像

2日の夕方は、近くの安住神社にもお参りに。昼間は沢山
の人で賑わいますが、さすがにこの時間は空いてました。
ここは関東で1番大きなお供えを供えてニュースに出たり、
バイクやヘリコプターのお祓いをやるユニークな神社です。

ライトアップされた鳥居が迫力。
toriiDSC_0650.JPG

真ん中に巨大なお供え。
ochaDSC_0670 (2).JPG

この巨大な筒はおみくじです。これもアイデア。
omikujiDSC_0661.JPG


事件?
その帰り、暗闇の農道に赤い赤色灯が点滅してました。
近づくと、うちの近くの十字路に2台のパトカーが。
ここら辺は事件なんてほどんどなく、巡回するパトカーすら
見かけません。それが赤色灯をつけ2台もいるなんて。
もしやこれは大事件?


いったん通り過ぎて家に帰ったものの、どうしても気になり
また交差点まで戻りました。平和な町ですが、数年前に遠く
の家に空き巣が入ったという話しもあったので。
パトカーは1台になってお巡りさんは車内にいました。パトカー
の前に停めて窓越しに聞くつもりが、二人のお巡りさんが
同時に降りてきました。ヤバッ。こっちは真っ赤なセーター
にダブダブのコート。逆に不審尋問されるかも。


気負いせずに何かあったのかと聞くと、電信柱の立て看板
にボンベが縛りつけてあったのでそれを調べていたのだそう。
「事件じゃないので安心して下さい」とにこやかに言われ
ました。やっぱりここら辺は平和です。
運転してる時はパトカーを見るとドキッとしますが、こん
な時お巡りさんは頼もしい。


福袋
東京に帰ってデパートに行くと、地下の食料品売り場でお茶
のマシンを売ってました。うちにあるエスプレッソマシンの
姉妹品です。福袋でお茶のカセットがいろいろ付いて半額。
更にカップとソーサーが二組付いてあと限定4個とのこと。
悩んで何度も売り場に行き、結局「限定」に負けて買いま
した。


お茶ってなかなか同じ味に出すのは難しいですが、これは
日本茶・紅茶・中国茶など、お茶の種類によって抽出する
お湯の温度が自動で変わるそうです。たしかに、日本茶と
紅茶を入れてみましたが、いままでに体感したことのない
芳醇な香りと味。お得な福袋でした。
ochaDSC_0670 (1).JPG

5日は会社の仕事始め。
終業後に全員で神田明神に参拝に行きました。最近は、例
年拝殿に参拝したリピーター?には11月ごろに予約のメール
が来ます。神社も時代ですねえ。
お茶の水駅からゾロゾロ人の波が。境内は相変わらず凄い
人でしたが、今年は4日に仕事始めの会社も多かったのか、
例年になく参拝者の列が短かかったです。
kannda001.JPG

2017年1月13日

新年会と「あるある」

業界の新年会に出席するため、大阪に日帰りしました。
家庭薬の卸とメーカーの合同新年会で、毎年大阪と東京
で交互に行われます。
ただの出張日記ではつまらないのでいろんな「あるある」
を交えました


のぞみ「あるある」
往復は新幹線の「のぞみ」です。
のぞみは16両編成で全長は400m以上もあり、東京タワー
の高さよりも長いのです。その長大な長さでカーブの多い
日本の線路を300キロのスピードで走れるのは、16両のう
ち12両に駆動のモーターが付いているからです(山手線は
12両中6両)。それは、車でアクセルを離してカーブを
廻るより、踏んで廻った方が安定して走るのと同じ原理
です。たぶん・・・


さらに、そのモーター車には4つの車軸があり、1つの車
軸に1つモーターが付いているので、1編成にはなんと48
個ものモーターが付いているのです。当然止まる力も強い
ですが、それを同じ回転数でコントロール出来るのが日本
の技術の凄いところ。


ちなみにフランスの高速鉄道のTGVは、モーター車は前
後に1両づつしかありません。直線の多いヨーロッパでは
これでもいいのでしょうが、安定感は断然新幹線の方が上
でしょう。

「のぞみ」はほぼ10分おきに正確に発車してるのですから、
日本の新幹線を世界が称賛するのは当然です。
nozomi024.JPG

カツサンド「あるある」
互礼会は14時半開催と中途半端なので、会社の近くの万世
の売店で万カツサンドを買って車内で食べました。
カツサンドは、昭和10年に花柳界の芸者さん御用達で始まっ
たそうで日本独特の食べ物。冷めても美味しくていいですね。


富士山「あるある」
途中晴天で、富士山がきれいに見えました。
富士山は日本人の心のふるさと。誰もがその美しさと勇壮
さに惹かれます。戦争中、その日本人の心を挫こうと、米
軍が富士山にペンキをぶちまけ赤く塗ろうと考えたそう。
当然膨大なペンキが必要なので、その作戦はアイデア止ま
りになりました。でも実現してたら一年中赤富士?
FUJISANN021.JPG


御堂筋線「あるある」
新大阪からは地下鉄御堂筋線に乗って梅田へ。
御堂筋線は大阪初の地下鉄で、日本初の公営地下鉄として
1933年に開業しました。梅田から淀屋橋間は日本の地下鉄
では最多の利用客だそうで、東京じゃないのが以外です。

天井が高く、なんとなくモスクワの地下鉄のイメージ。
行ったことないけど映画で見て。
CHIKATETU023.JPG

エスカレーター「あるある」
大阪では、エスカレーターの左側に立っているとじゃまに
なります。東京では左側に立ち、急いでいる人が右側を歩
いて行きますが、大阪では逆なのです。じゃあ、どこの地
方から右に立つのかと調べた人がいて、なんと右に立つの
は大阪だけだったそうです。その理由は諸説ある中で、大
阪万博の時に混雑し「左を空けてください」とアナウンス
したのが始めてというのが有力だそう。


会場はリーガロイヤルホテル。東京ではリーガロイヤルが
普通ですが、大阪ではロイヤルホテルと言う人が多いので
混乱します。以前の名前がロイヤルだったんですね。


会場に早く着いたので、エスカレーターの出口に立って
来た人に順にご挨拶。会が始まる前に、ほとんどの人に
ご挨拶できました。


新年会が始まると、メーカー・卸代表の挨拶に続き、3人
の来賓の祝辞、その後乾杯の挨拶となりましたが、すべて
の挨拶が終わるまで約1時間。その間立ちっぱなしで年々
腰が痛くなってきます。


バイキング料理「あるある」
料理はバイキング形式+寿司・天ぷら・そばの出店。
バイキング料理とは北欧の食事形式を真似たもので、日本
独特の名称です。帝国ホテルが最初に始め、当時上映され
ていた映画「バイキング」の豪快な食事シーンをヒントに
命名したのだとか。


料理は沢山あったけど、時間が時間だけにさすがにそんな
に食べれません。バイキングもいいけど、こんなに残って
もったいない。
卸・メーカーの各社長と懇談し、あっという間に閉会とな
りました。


牛肉「あるある」
帰りに、新大阪駅で美味しそうな近江牛のお弁当がありま
した。夕飯食べると言ってきたのに、買って帰ったら家内
が怒るだろうなと思いつつ、やっぱり買ってしまいました。
GYUMESHI025.JPG

むかしは、1晩市場に置いただけで近江牛の名前を付けた
ひどい店もあったそうですが、いまは決められた地域で育っ
たという厳格な決まりがあるそうです。


しかし、近江牛は自分で越境することもないからわかりや
すいですが、海の中をあちこちウロウロしている魚介類は
どうなんでしょう。福井の越前で採れたズワイガニが越前
ガニ、大分の佐賀関で採れたのが関サバ、関アジ。東京の
犯人が栃木で捕まると栃木県人?・・・は冗談ですが、漁
場をブランドにしちゃったのが凄いですね。


よく、高級牛肉を現すのにA5ランク・A4ランクと言い
ますが、肉質に関係するのは数字の方で、A・B・Cは関
係ないそうです。でもB・Cより見栄えがいいので、Aが
よく出回るのだとか。


和牛と国産牛は違います。和牛は黒毛を始め肉専用種の4
種だけで、国産牛には乳牛などが含まれるそうです。
でも、和牛にはオーストラリア産やアメリカ産もあるから
ややこしい。だから山形牛やとちぎ牛など、地名をブランド
化した付けた牛肉が増えたのかも。

2017年1月24日

誤った情報提供に関するお詫びと訂正

日ごろよりブログを読んで頂きましてありがとうございます。
このたび「宇津救命丸五苓散」が8割処方であったにもかか
わらず、一部のお取引先様へ満量処方であるとご案内してし
まったことにより、お客さまへ誤った情報が伝わっていたこ
とが判明しました。


私どもの誤った情報提供が、お客さまやお取引先様にご迷惑
をおかけしまったことを深く反省し、お詫び申し上げます。
この事実を重く受け止め、今後は情報の収集・解析・管理を
厳格に行い、正しい情報とより良い商品をお届けする所存で
ございますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

なお、本件に関してのお問い合わせは下記までお願いいたし
ます。

宇津救命丸株式会社お客様相談室
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-3
電話番号:03-3295-2681
受付時間:9時~17時(土・日・祝日を除く)