宇津救命丸株式会社

夜泣き、かんむしに宇津救命丸国内唯一のこども専門総合医薬品メーカー



やわらか社長の楽しいぶろぐ


最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 5.2.3

トップページ > 宇津救命丸Blog

« 2017年3月 | メイン | 2017年5月 »

2017年4月 アーカイブ

2017年4月 8日

注射の話

先日病院で定期検査の採血をしました。
私の腕の血管は細いので、下手くそな看護師さんに当
たると何度もやり直しになり、挙句に違う腕にしましょう
と。特に血を見慣れない男性は採血が苦手だとかで、
確かに目をそむけてしまいます。


最近お医者さんで注射をされることが少なくなりました。
私も年に数回の採血と、年末のインフルエンザの予防
注射ぐらいでしょうか。


むかしは医師=注射と連想するぐらいすぐに注射をした
もので、「先生に注射してもらえばすぐ治る」と神話みた
いなものがあった気がします。だから当時は注射をしない
と「あの医者はヤブだ」と言う人も。


しかし、子供にとってはたまったもんじゃありません。
幼稚園に入る前、私の一つ違いの姉は医者が大嫌いで、
往診に来た先生をぶん殴ったり、裸足で脱走したりして
母を困らせ・・私は母の背中で子供心に恥ずかしくて。


むかしは、よくお尻に注射をされたものです。家内は
やっぱり嫌で逃げ回り、お母さんと先生に押さえつけら
れてお尻にチクッ。子供心に逃げ切れないと悟ったそう
です。


小学生のころ、予防注射のときは一列に並ばされ、同じ
注射針で次々に注射をしてました。いまじゃ考えられま
せんが、肝炎になった人はこのころうつったという話も。


大人になってからもまだ注射器はガラス製で、針と一緒
に煮沸消毒して使い回してました。どこの診察室でも、
片隅で注射器を入れた金属製の箱が沸騰してました。
近所の先生の所に行ッたら、診察室が雑然とし、汚い
ガラスケースの中に注射器が無造作に置いてあって・・
大丈夫かなと不安になったこともあります。


注射針を使いまわしていると、だんだん切れ味?が悪く
なってきて痛いのなんの。
むかし一週間ぐらい入院してたことがあり、毎日注射を
しに看護婦さんが来るのですが、一人注射のヘタな人が
いて、さらに切れない針だったときは最悪でした。


古代では、葦の茎を斜めに切って注射針の代わりにした
と聞いたことがあるような。どんなに痛かったでしょう。
逆に世界一細い注射針は日本の町工場で作られてると
かで、蚊に刺されても痛くないのをヒントに、蚊の口器を
模して作り、これが刺しても痛くないんだとか。


いままでの恐怖の注射ベスト3
1番は、肺炎になったとき、肺に直接針を刺して水を吸
いだしたときです(逆注射?)。右手を頭の上に乗せて看
護婦さんが押さえつけていたのですが、あまりの激痛に
思わず看護婦さんの手に爪を立て「痛ーい!」と。


2番目は、虫歯の神経に直接麻酔の針を刺されたとき。
奥歯が虫歯になって神経が露出し、治療の前に麻酔を
打つことに。最初歯茎に注射をしていた先生が、何を
思ったか露出した虫歯の真ん中に直接針を刺して・・
これも飛び上がるほど痛かったです。


3番目は、目玉に麻酔を打たれたとき。白内障の手術
のときです。全然痛くなかったけど目に針が迫る恐怖。
怖かったです(映画の拷問シーンを彷彿)。


話しは注射器に戻り、その後プラスチック製の使い捨て
の時代が到来。一方で、捨てられた注射針の扱いなど
医療器の廃棄物も問題になりました。


いま私が通う病院で採血するときは、針と注射器が別々
でチューブで繋がってます。その注射器にはポンプがな
く、試験管みたいのを入れると中が真空になってるのか
自然に血液が吸い込まれていきます。看護師さんは針
を刺すだけ。


女性の看護師さんが10人ぐらいいて順番に呼ばれるの
ですが、こればっかりは若くてかわいい看護師さんより、
ベテランの看護師さんに当たることを願ってます。


2017年4月 3日

ペンキ塗りは天職?

ペンキ塗りに開眼し3月は実家のペンキ塗り月間でした。


今度は大型トラックの通用門を塗ることに決定。
柱の錆がひどいけど、高さが4m近くあるので塗るのは
大変そうです。


ハシゴを持って出動しましたが、上にあがってみると命
の危険を感じるほど高い。グラインダーの使用は危険な
ので、手でヤスリをかけ錆を落としました。
HASHIGO095.JPG


高いといえば、本社の前の電柱に鳩がとまり、玄関前が
フンだらけ。そこで東京電力に電話して、鳩がとまらな
いような対策を頼みました。
早速作業に来てくれたのですが、1人は命綱1本で作業。
自分の経験から、見ててこっちがハラハラ。
DENNCHUU016.JPG

ちなみに、これが鳩除け。
以来、鳩は別の電柱へ行ったようで、頼んだ者勝ち?
HATOYOKE017.JPG

話しは戻って・・・
塗料はもちろん錆止め入り。こんな高い所で二度塗りな
んてゴメンです。今回塗装に初めてローラーを使ってみ
ましたが、これがほんとに簡単で便利。外国映画で、よ
くローラーを使って外壁や部屋の塗り替えをしてますが、
これなら難しくないかも。

スポンジが塗料を含むのでローラーの力加減が重要。
RORA096.JPG

最初は柱と扉の枠だけ塗ろうと思ってたのですが、塗り
終わったら塗らない所の汚いのが目立って・・・結局全
部塗ることになりました。
DSC_0890.JPG


連休は三男が来て手伝いました。
今度は違う場所の門とフェンスを。私が言うのもなんで
すが、なんでこんなに沢山門があるのか・・・
塗装の要領は得て来たけど、やはり錆落としが大変です。
不器用な息子でも猫の手よりはマシ。

before
SHIYOUZENN 058 (1).JPG

after
SHIYOUGO067.JPG

三男が帰ると、今度は家内が参戦。
前にプロのペンキ屋さんが来たとき、奥さんが手伝って
いるのを家内が見て、簡単そうだから自分にも出来ると
思ったそう。ところが、あとで家内が塗った所を見たら、
ムラはあるわ塗り残しはあるわ・・・結局私が塗り直し。
ペンキ屋さんの奥さんに謝りなさい。

フェンスの塗り替えが一番見栄えがします。

before
F1096.JPG

after
F2098.JPG

前回塗った鉄門の、錆びて空いた穴をなんとかしないと。
ANA085.JPGのサムネイル画像


パテで埋めて何とかしましょう。本職だったら溶接する
とこですが、パテで埋めるなんて模型オヤジの発想です。
二層になったパテを練って混ぜ塗り付けますが、大きい
穴は埋めるのが大変でした。
PATE079.JPG


ちょっとデコボコすぎたけど大丈夫かな。
SHIYOUZENN 058 (2).JPG

1日おくとカチカチになり、グラインダーで平らに削れ
ました。
PATE077.JPG

ペンキを塗れば出来上がり。まっ、こんなもんでしょう。
DSC_0986.JPG

本格的にペンキを塗るのは初めてでしたが、プラモの
技術が役立ちました。
塗れば塗るだけきれいになるのでやりがいがあります。
地元の話題になるように、工場をピンクに塗っちゃおう
かな。

2017年4月29日

知らないってスゴーイ その3(車編)

「知らないってスゴーイ」第3弾。
今回は車にまつわる話です。

どっちが得?
私は車を運転していて、下りの坂道や止まるときにシフト
ダウンをしてエンジンブレーキを使うのが長年のクセ。
安全な上にブレーキの消耗も少なく、ほとんどブレーキ
の部品を交換をしたことがありません。


その話をディラーのセールスに自慢げに言ったら、たし
かにその方が安全だけど、ひんぱんにシフトダウンする
とミッションを傷める可能性があると言われました。
ブレーキの交換は数万円だけど、ミッションの修理は数
十万かかりそう。それ以来、なるべくシフトダウンはしな
いようにしています。知らないって損をする?


暖機運転
いまの車は性能がよくなって、慣らし運転なんて必要な
くなりました。最近それを知ってビックリ。
以前は車のエンジンの完成度が低かったので、長持ち
させるには3000キロまでは回転を上げるなとか、水温が
上がるまで動き出さない方がいいとか言われてました。


むかしうちの会社にいた配達のおじさんが、それを聞い
てエンジンの水温を早く上げるため、寒い朝にエンジン
をバーバーふかしていました。それってまったく本末転
倒です。知らないってスゴーイ。


ワイパー2題
(家内編)
家内が免許取りたての頃、車でデパートに行った帰りに
雨になりました。免許の教習中に雨に降られたことがな
かったのでワイパーの使い方がわからない。やっとワイパー
の絵の付いたレバーを見つけ、それを入れたら後ろの
窓のワイパーがシュッシュッと。


もう一つわかったのは、そのレバーを引くとウインド
ウォッシャー液が出てワイパーが数回動くこと。仕方な
く家内はそのレバーを何度も引いて家に帰ったそうです。


(友人編)
友人と車2台でスキーに行ったとき、途中で友人がウインド
ウォッシャーが出ないと言い出しました。たいていは液
がないかノズルが詰まっているかです。
ボンネットを開けて見ると液は入ってますが、レバーを
引いてもポンプのモーター音がしません。やっぱり故障?


すると、そのレバーを引くたびメーターパネルのランプ
がチカチカ点滅。よく見ると・・・なんだ!これ、引いてた
のはパッシングライトのレバーじゃないか!
彼は、前の車や行きかう車に意味もなくパッシングを浴
びせていたのです。彼は初心者?いやいや、もう何十年
も乗ってたベテランです。「知らないってスゴーイ」の
優勝者。


カーナビ
まだカーナビが出始めでその機能が低かった頃。
横浜に三溪園という庭が素晴らしい公園があるので、そ
こに行こうとなりましたが、その名前が思い出せない。
たしか、なんとかケイ・・・そうだ!金沢八景!
ナビに打ち込み目的地の地図を確認せずに出発しました。


横浜に近づくとカーナビが横浜横須賀道路に行けと指示。
あれっ、横浜市内じゃなかったっけ?しばらく走ると、次
のインターで降りろと指示がありました。料金所を出る
と金沢自然公園の看板が。なんか違うような気もするけ
ど・・・ここ?


駐車場に停めると、バスが迎えに来るのでバス停で待っ
てるように言われました。しばらくすると、動物の形をし
たバスが。??? 嫌な予感をしながらもバスに乗ると、
着いた所は金沢動物園。ここ絶対違う!(やっと気づいた)
知らないってスゴーイです。


連休に入るので、私のブログも連休です。

2017年4月14日

(慶応ではない)陸の王者

慶応大学の応援歌に「陸の王者慶応]という歌詞がありま
すが、「陸の(競技の)王者慶応」としてもらわないと、いく
らなんでも戦車には敵わないでしょう。


戦車は「殺人兵器だ」などと言う人もいますが、男性だっ
たらみんな興味はあるでしょう。近くで見ると「戦うための
兵器」というより、単純にその力強さと頼もしさを感じます。


特に60歳以上の我々の子供時代は、戦後の占領軍の言
論統制が終わった反動だったのか、少年誌には戦艦大和
や零戦、戦記マンガが溢れ、それを読んで育ったので、
そのメカの魅力が刷り込まれた気がします(軍国主義とは
違います)。


一方、現代の若者の一部ではガルパンブームで(ガールズ
パンツアーの略・女子高生が戦車に乗って争う競技の
マンガ)、大洗市が全面協力するなど、若者のとらえ方は
もはや兵器ですらない感じです。


実物の戦車は見ようと思えば見れますが(朝霞の広報センター
に展示)、動く戦車に乗ることはなかなか出来ません。
しかし、先日そのチャンスがやってきました。


自衛隊のOBの方から、家庭薬のオーナー会で戦車の試
乗をしないかとお誘いがあったのです。自衛隊の役目を
知らしめるPR活動の一環の様です。しかし、日にちが指
定されている上に突然だったので、メンバーで行ける人
は2人。そこで、急きょ息子と、業界の息子の友人に声を
かけました。


事前にもらったスケジュールは分単位の過密さで、戦車
の試乗は午後となっていました。でも、天気予報は当初
曇りだったのに、数日前から午後から雨となりガッカリ。
息子は強烈な雨男で、誘わなければよかった・・・


すると前日に連絡があり、試乗を午前中に替えてもらっ
たとのこと。ラッキーです。


模型雑誌に新発売の自衛隊車両の広告が載ってました。
そうだ!価格も手ごろだし作っておみやげにしよう。
小さいのですぐ完成すると思ってましたが、あげるとな
ると力が入り、塗装を含めて1週間かかりました。更に
部品をなくしてもう1個買うはめに。思わぬ出費です。

自衛隊車両は初めて作りましたが、迷彩塗装が複雑。
全長が8cm弱と小さいので、エアブラシで塗るのが
大変でした。道路も作ってジオラマ風に。
keikai008.JPG


ケースに入れてそれなりに。
MIYAGE009.JPG

訪問したのは御殿場の「自衛隊 富士学校」という、陸自
の幹部を養成する学校です。
入口の衛兵は、市ヶ谷の自衛隊正門の衛兵と違って銃に
弾倉を装填してました。つまりいつでも発砲できる体制。
敷地内でも隊員が銃を携行して歩いていて、他にない緊
張感がありました。
SEIMON010.JPG

最初に、資料館の1室で総務の方から富士学校の概要
の説明がありました。歩兵、戦車、火砲、通信などの
クラス?が一カ所にあるのは世界でも珍しいそうです。
その資料館のガラスケースに、自衛隊車両の模型が沢
山並んでました。聞くと、隊員の中にもマニアがいるそ
うです。

塗装はまあまあだけどみんなよく出来てる。ヤバイ!
TENNJI014.JPG

戦車の試乗は月に1回関係者のみで行われているそう
ですが、今回は我々の為にセッティングしてくれたと聞
いて恐縮しました。


外に出ると午後を待たずに小雨が降ってました。小雨だ
からまだ大丈夫そう。ここまで来て中止だったら・・
グラウンドに着くと、そこには黒っぽい大きな戦車と、
6~7人のスタッフがスタンバイしてました。


まず隊長から説明が。
試乗するのは90式戦車といって1990年に正式化された
1世代前の戦車です。でも、いまだ現役だそう。
最新の戦車は演習で酷使して稼働率が悪く、今回用意
出来なかったそうです。まあ、乗れるだけでも。


昔の戦車の搭乗員は4~5名いたそうですが、いまは
自動化が進み、車長、装填手、操縦士の3名だけ。
「自衛隊も人手不足で」と冗談を言ってました。
いまは危険な仕事に就く人がいないそうなので、その
うち昔のフランスみたいに外人部隊が出来るかも。


以前は、試乗専用としてエンジンデッキの上を柵で囲
い5~6人が乗るスタイルでしたが、今回は砲塔の中に
入って本物の戦車兵と同じ目線で見れるとのことです。

試乗の前に、見学者用のコートとヘルメットを貸してくれ
ました。だんだん雨が強くなる。
KINEN019 - コピー.JPG

さあ、いよいよ試乗。
後ろのデッキから乗ると見た目以上に大きく感じます。
左の煙突みたいのは環境センサー。
DEXTUKI021 (1).JPG

砲塔のハッチから覗くと、1mほど下にステップがあり、
そこに降りるのだそう。ちょうど、ドラム缶の上から入る
感じで腕力がいります。現役の戦車なので内部は極秘。
見えないように周りはキャンバスで覆われてました。

左が車長、右が砲手(私)。私もしゃちょうですが。
DEXTUKI021 (2).JPG

上半身を露出して出発。場所がグラウンドということも
あるでしょうが乗り心地はわりとよく、音もそれほど大
きくありませんでした。

こういうアングルはなかなか撮れません。
MESENN024.JPG


直線で50キロほど出て、雨が顔に当たってビショビショ。
隊員はこんなこと日常なんでしょうね。
BAKUSOU028.JPG


砲塔に入るのも大変でしたが出るのも大変。引きづり出
されるのはカッコ悪いので、必死に懸垂のように腕力を
使って脱出。いやー、戦車兵にはなれません(当然)。
試乗メンバーが5人だったので、最後にもう一回誰か乗
れると言われジャンケン。負けました。
試乗で2回乗った人は始めてだそうです。くやしー。


昼食は食堂で、富士学校の副校長と幹部の方とで隊員
食を食べました。副校長は空挺隊出身で、イラクに行
った苦労話とかいろいろ裏話が聞けました。

お昼は有料。たしか370円ぐらい。
CHUUSHOKU031.JPG

その後売店に案内してくれました。お土産というより
実際に隊員が使う実用的な物が多く、面白い物が揃っ
てました。時間が10分しかなく残念。

自衛隊御用達。
BAITEN033.JPG

その後、校長を表敬訪問。廊下のガラスケースにも車
両の模型がずらり。お土産渡しづらい、やめようかな。


校長は戦車隊出身ということで、こちらもいろんな話
が聞けました。現在他国の軍隊が本土に上陸してくる
可能性はほとんどなく、本土で戦車の必要性は低くな
っているとのこと。今後戦車は南や北海道に移し、
ゲリラなどのテロに対してスピードが出て即応力のあ
るタイヤ式の車両を増やしていくとのことでした。

こんなやつ。これは戦車とは言わない?
装輪142 (2).JPG

砲弾やミサイルの種類はいろいろあって、中には1発
1億円もするのがあるそう。対費用効果を考えると、
安いポンコツの目標には使えないと話されてました。


みんなに促されてお土産を贈呈。すると校長が、私が
作った車両を見て、これに乗せてあげましょうかと言
ってくれました。作ってきてよかったー。
今度はオスプレイを作ってこようっと(正式導入決定)。


ちなみに、私が作って来た車両の正式名は軽装甲機
動車で通称LAV(Light Armoured Vehicle)というそう。
かわいらしい略称で、キリッとしたみなさんが「ラブ」
「ラブ」と呼んでいるのがちょっとおかしかったです。


みんなで記念写真を撮り、最初の資料館に移動。
ここには、江戸時代末期に創設された旧陸軍の資料や、
自衛隊の前身である警察予備隊からの資料が並んでま
した。中でも目玉は、靖国神社が欲しがってるという
明治天皇の正装。ここにしかないそうです。
TENNNOU039.JPG

雨の中グラウンドに展示してある車両を見学しました。
初期の自衛隊で使っていたアメリカの払い下げ戦車も
あり、某模型メーカーが寸法を計りに来たとか。
AMERIKA050.JPG

すると、そこに残念なお知らせが。
校長が乗せてくれると言った「ラブ」が出払ってて手
配できなかったとのこと。残念!
でも気持ちだけでも嬉しいです。


私が作ったのはこの車両。イラクにも派遣され、よく
ニュースに映っていました。私が作ったモデルもここ
に模型メーカーが来て採寸したのかな。
TEISATU042.JPG


雨に降られましたが、戦車に乗れて貴重な体験が出来
ました。
自衛隊についてはいろいろ意見があるでしょうが、こ
れらの兵器を保持しているからこそ他国への抑止力に
なり、侵略も受けずに平和に暮らせていられるのだと
思いました。


2017年4月18日

種まきとWお花見

今年東京の桜は、開花宣言をしてから3週間以上も咲
いていました。


例年は東京と栃木では開花に半月ほど差があり、東京
の桜が散ってから実家の方の桜が咲きはじめてました
が、今年は東京と栃木の桜が続けて見られました。


今年も千鳥ヶ淵は人でいっぱい。車を科学技術館の駐
車場に停めて武道館の方に歩いて行くと、某大学の入学
式が終わった直後でもの凄い人。さらに、靖国通り
に抜ける田安門近辺は桜の見物人と重なって、まった
く動かない程の大混乱でした。
TAYASUMON014.JPG

人をかき分けながら千鳥ヶ淵を歩くと、相変わらずここ
の桜は別格。今年は、周りから中国語があまり聞こえて
こなかったような。
CHIDORIGA029.JPG

あの群衆の中には戻れないので、千鳥ヶ淵を一周して
駐車場に戻りました。
CHIDORI2032.JPG

ビルとお堀と桜という初めて見た風景。
BIRU034.JPG

もう1カ所新宿御苑に行きました。ここもあちこちに桜
が咲いてて見事です。ピンクと白の2種類がありますが、
曇り空だと白は映えないですね。
SHIRO043 (2).JPG

SHIRO043 (1).JPG


清楚な白い桜に対して、情熱的な真っ赤な椿が対照的。
TUBAKI039.JPG

ここも人でいっぱい。この後、栃木でお花見に行って
人がいなくてビックリです。
HITO047.JPG

千鳥ヶ淵で歩き疲れ、ここの滞在時間は30分でした。


東京編・栃木編をまとめて書こうと思いましたが、や
っぱり長くなるので2部に分けます。種まきの話も次
回に。

2017年4月24日

続 種まきとWお花見  

東京でお花見をした1週間後、ネット番組の撮影があっ
て栃木の工場に行きましたが、こちらの桜もほぼ満開。
いい場面が撮れたようです。


毎年行く喜連川沿いの桜を見にいきました。桜の名所で
はないですが、満開のときでもひとっこ一人いないお気
に入りの場所があります。東京のお花見の混雑がウソの
様。
KITURE099.JPG


今年は新兵器のドローンを投入。例年より桜の色が悪い
ような。
DORON1492211409158.jpg

ここら辺はさくら市郊外。名前のとおりあちこちに桜が
咲いてるので、みんな桜は見慣れてるのかも。でもせっ
かく咲いたのに、見てくれる人がいないと桜も咲きがい
がないでしょう。
sakura111.JPG

この通りは桜の名所。左右に咲いてるときれいですが、
やっぱり見に来ている人はゼロ。
MEISHO097.JPG


数カ所の桜を見ましたが、今年はうちの薬師堂のシダレ
桜が最高にきれいでした。
YAKUSHI127.JPG

ここでもドローンで撮影しました。目線と違った角度で
見ると新鮮です。ソメイヨシノの白とシダレ桜のピンク
のコントラストが鮮やか。
YAKUDORO1492230038959.jpg

ドローンで撮影していると近所の親子が見にきました。
上空からみんなで記念撮影し、その人の家の鯉のぼりも
撮ってあげました。どうやって送ろうと思ったら「ラインで」
と言われ、送り方が???自分でやってもらいましたが、
もはやアドレスなど不要なんですね。バーコードで・・・
もうわかりません。
KOI1492762653733.jpg


烏山街道沿いにシダレ桜が群生。まあ植えたんでしょう
けどこれはスゴイ、負けました。
DSC_1080.JPG

桜の花見も一段落すると、あちこちに生えてきた雑草が
気になります。2週間前に来たときまだ生えてなかった
のに・・・
SHIBASAKURA138 (2).JPG

種まきの話はどうなったんだって?
そうそう、さかのぼること3月末、知り合いの畑を手伝
いに行って、大根の種を撒くという栄誉を授かりました
(知人曰く、菜園者にとって種撒きは無情の喜びだそう)。


そのとき初めて小型の耕運機を運転しました。使い方が
わからず、引っ張られるままに歩いていると、「早い!
もっと深く掘って!」と。なるほどこうやるんだ。貴重
な体験でした。
KOUUNNKI081.JPG

土を耕したら雑草防止の黒いビニールを敷き、バーナー
であぶって種を撒く穴を開けます。そこを浅く掘って種
を撒くのですが、深さは、まさに権兵衛が種まいてカラス
が穿れるぐらい。あの歌の真実がわかりました。


種を渡されたら、それが水色だったので「えっ!」。
聞いたら、殺菌・防腐処理がしてある目印に着色してあ
るのだそうです。後でネットで見たら、それがほんとの
色だと思ってる人がいて・・知らないってスゴイ。
TANE074.JPG

種まきしてから10日後、もう芽が出たとメールが来て
ビックリ。雑草だって伸びる訳です。
IMG_1973.jpg

話しは実家に戻ります。
庭にチューリップや芝桜も咲いていましたが、これから
しばらくはひたすら雑草との戦いです。
CHURIPP134 (1).JPG


SHIBASAKURA138 (1).JPG

東京に戻ったら(4月の19日)まだ桜が散らずに残って
ました。今年はどうなっているのでしょう。
SAKURA