宇津救命丸株式会社

夜泣き、かんむしに宇津救命丸国内唯一のこども専門総合医薬品メーカー



やわらか社長の楽しいぶろぐ


最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 5.2.3

« 栃木にも春の兆し | メイン | 注射の話 »

ペンキ塗りは天職?

ペンキ塗りに開眼し3月は実家のペンキ塗り月間でした。


今度は大型トラックの通用門を塗ることに決定。
柱の錆がひどいけど、高さが4m近くあるので塗るのは
大変そうです。


ハシゴを持って出動しましたが、上にあがってみると命
の危険を感じるほど高い。グラインダーの使用は危険な
ので、手でヤスリをかけ錆を落としました。
HASHIGO095.JPG


高いといえば、本社の前の電柱に鳩がとまり、玄関前が
フンだらけ。そこで東京電力に電話して、鳩がとまらな
いような対策を頼みました。
早速作業に来てくれたのですが、1人は命綱1本で作業。
自分の経験から、見ててこっちがハラハラ。
DENNCHUU016.JPG

ちなみに、これが鳩除け。
以来、鳩は別の電柱へ行ったようで、頼んだ者勝ち?
HATOYOKE017.JPG

話しは戻って・・・
塗料はもちろん錆止め入り。こんな高い所で二度塗りな
んてゴメンです。今回塗装に初めてローラーを使ってみ
ましたが、これがほんとに簡単で便利。外国映画で、よ
くローラーを使って外壁や部屋の塗り替えをしてますが、
これなら難しくないかも。

スポンジが塗料を含むのでローラーの力加減が重要。
RORA096.JPG

最初は柱と扉の枠だけ塗ろうと思ってたのですが、塗り
終わったら塗らない所の汚いのが目立って・・・結局全
部塗ることになりました。
DSC_0890.JPG


連休は三男が来て手伝いました。
今度は違う場所の門とフェンスを。私が言うのもなんで
すが、なんでこんなに沢山門があるのか・・・
塗装の要領は得て来たけど、やはり錆落としが大変です。
不器用な息子でも猫の手よりはマシ。

before
SHIYOUZENN 058 (1).JPG

after
SHIYOUGO067.JPG

三男が帰ると、今度は家内が参戦。
前にプロのペンキ屋さんが来たとき、奥さんが手伝って
いるのを家内が見て、簡単そうだから自分にも出来ると
思ったそう。ところが、あとで家内が塗った所を見たら、
ムラはあるわ塗り残しはあるわ・・・結局私が塗り直し。
ペンキ屋さんの奥さんに謝りなさい。

フェンスの塗り替えが一番見栄えがします。

before
F1096.JPG

after
F2098.JPG

前回塗った鉄門の、錆びて空いた穴をなんとかしないと。
ANA085.JPGのサムネイル画像


パテで埋めて何とかしましょう。本職だったら溶接する
とこですが、パテで埋めるなんて模型オヤジの発想です。
二層になったパテを練って混ぜ塗り付けますが、大きい
穴は埋めるのが大変でした。
PATE079.JPG


ちょっとデコボコすぎたけど大丈夫かな。
SHIYOUZENN 058 (2).JPG

1日おくとカチカチになり、グラインダーで平らに削れ
ました。
PATE077.JPG

ペンキを塗れば出来上がり。まっ、こんなもんでしょう。
DSC_0986.JPG

本格的にペンキを塗るのは初めてでしたが、プラモの
技術が役立ちました。
塗れば塗るだけきれいになるのでやりがいがあります。
地元の話題になるように、工場をピンクに塗っちゃおう
かな。