宇津救命丸株式会社

夜泣き、かんむしに宇津救命丸国内唯一のこども専門総合医薬品メーカー



やわらか社長の楽しいぶろぐ


最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 5.2.3

« 男縛り | メイン | 思いで深い俳優 »

Missing 消えたスマホの謎

家内は、いつも家で「スマホがない!」と探してます。
そんな時はスマホに電話。するととんでもない所で鳴
って発見します。でも家の中ならまだしも、最近は実
家に置いてきたり、レストランに忘れたり・・・


連休中の夜、矢板に住む家内の妹夫婦と一緒に食
事をし、翌日の朝、スマホがないと騒ぎだしました。
またかと思って電話をかけると、呼び出し音が鳴って
いるのに近くで着信音が聞こえない。車の中を探して
もありません。


料理店を出て真っ直ぐ実家に帰ってきたので、料理
店に忘れてきたのか。いや、もしかしたら駐車場で落
としたのかも。そういえば、家内がバッグから物を出
していたのでそのときに・・・


もう一つの可能性は実家の表の鉄門の所。大きな鉄
門でいつも家内が降りて開けるのです。
今日は工場が休みで行って見たけどありませんでした。


やっぱり料理店だ。
そこで店に電話すると、部屋も駐車場も探したけど
ないとの意外な返事。そんなはずは・・・


もう一度携帯にかけたらまだ鳴ってます。そこでドコモ
に連絡し、GPSで探してもったら電源が切られてるとの
こと。えーっ!いま直前に誰かが切った!? 拾って持っ
て帰ったのか?


携帯は情報がてんこ盛り。これはヤバいです。
取り敢えず使えないように止めてもらいましたがチップ
を抜かれて悪用されたら・・・(チップにどんな情報が
入っているか知りませんが。写真は多分料理のばかり)。
いつも明るい家内が、この時ばかりはしょげてました。


翌日、料理店の住所を管轄する大田原警察に電話し
て、遺失物がなかったか尋ねましたが答えはNO。
紛失届を出しに行くのは遠すぎる・・と思ったら、電話
で受け付けてくれました。


だけど不思議。誰かが拾ったとしても、届けないでど
うしたのか。東京だったら転売するとか悪用することも
あるでしょうが、ここら辺じゃ・・・
栃木県人(特に田舎の方)はまじめで親切な人が多い
と思ってましたがそうじゃない人に拾われたのか。
家内は諦め、保険を使って新しいスマホを買いました。


これにも話があって、わざわざドコモの店に電車で買
いに行ったら休みでがっかりして帰ってきました。
ドコモに電話したら電話でいいとのことで、翌日には
新しい携帯が届きました。便利な時代です。


そんなことがあった1週間後、私の携帯に着信履歴
がありました。見慣れぬ番号だけど局番は実家の方。
気になってかけなおすと、「さくら警察署です」。
さくら警察は実家の管轄署。意外な答えに頭が回らず、
何かやらかしたかなと・・・


電話をもらったと話すと、一旦保留になって遺失物係
りの方が出ました。「奥さん、携帯電話を落とされま
したよね」。そっちか!やっとわかりました。
家内が届けたときに私の携帯番号を言ったのです。


色はわかっていましたが、メーカーとか型番とか聞か
れてもわからない。警察の人も確認出来ずに困って
いる様子です。そこでどこに落ちてたのか聞くと、宇
津救命丸の工場前だと。えっー!!!!


「もしかしてあなたは・・」と聞きづらそうに言われ、
「宇津救命丸の社長です」というと「ああ、やっぱり!」。
これで証明できたようです。
一万燈祭でお世話になり、署長さんも来られてるので
いっぺんにフレンドリーな会話になりました。


思い返すと、当日家に着いたとき家内がトイレに行き
たくなって急いで降りたのでそのとき落としたようです。
朝、それを誰かが拾って、わざわざ警察に届けてくれ
たのでしょう。ありがたいけど、なんで工場のポストに
入れとかなかったのかな?連絡くるまで1週間もかかっ
たのはなぜ?・・・まあ、とにかく事件解決です。

落とした現場
DSC_1348.JPG

ところが・・・意外な後日談が。


翌週工場に行って、みんなに携帯をなくした話をする
と、「赤い携帯ですか?」と。えっ!何で知ってる?
「この前工場の玄関前に置いてあったので、○○さん
が駅前の交番に届けましたよ」。え・えっ!???


詳しく聞くと、置いてあったのは見つけづらい場所で、
家内が落とした5日後に工場の人が発見。誰かが
拾って置いてくれたのでしょうが、発見するのが遅か
った。工場で落とした話をしなかったので、誰のかわ
からず交番に届けたのだそうです。
謎はこれで解けました。


取得物の書類を書くのに40分もかかったそうで申し訳
ない。関係各所にもご迷惑をかけました。そしてやっ
ぱり地元の人は親切でした。少しでも疑ってスイマセン。


こうして数奇な運命の携帯は無事に戻ってきました。
でも、新しい携帯を買っちゃったので、結局ドコモ行き
となりました。
戦争に行って行方不明になり、やっと帰ってきたら妻
は再婚していた・・・という感じです。

親切な人 → 工場 → 社員 → 交番 → さくら警察 → 私 → 家内 → ドコモ(返却)


しかし、いまはなんでも電話で出来る時代なんですね。
今回電話で出来ると学んだことは、
○GPSで携帯の場所の特定(スイッチが入っていた場合)
○SDカードの内容の消去(スイッチが入っていた場合)
○警察への紛失届
○電話会社から代わりの新しい携帯を発送してもらう
 (保険に加入してた場合)

便利な時代です。