宇津救命丸株式会社

夜泣き、かんむしに宇津救命丸国内唯一のこども専門総合医薬品メーカー



やわらか社長の楽しいぶろぐ


最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 5.2.3

« 思いで深い俳優 | メイン | 初めての調理とサツマイモ栽培 »

プレイバック 安産祈願

孫が生まれて1カ月が過ぎ、もうすぐお宮参りに行くこ
ろです。でもその前に時計を巻き戻して出産前に安産
祈願に行ったお話を。


去年の11月、無事に健康な子が生まれるますようにと、
息子夫婦と4人で水天宮にお宮参りに行ってきました。
うちの子供たちのときは家内の実家の方に行ったので、
水天宮にお参りに行くのは初めて。でもむかし戌の日
に境内の前でチラシを配りに行ったことはあります。
もちろん許可を得て。


久しぶりに行ったら様子がまったく変わっていたので
ビックリ。以前は一段高い境内に社殿が建っていたの
に、全体が大きな建物に変わってました。
SUITENNGU147.JPG

中に入ると、戌の日でもないのに七五三や外人の観光
客もいて参拝者がいっぱい。お祓いの受付するのも長
い列です。
NAIBU137.JPG


そのあと待合室で待つのですが、ここも妊婦さんと家
族で溢れてました。テレビに受付番号が出て(たしか)、
まるで病院の待合室みたい。
MACHIAI140.JPG


終わった後近くで昼食を食べようと思ったら、どこも
かしこもいっぱい。かわりに洒落たケーキ屋さんを
発見。近くに有名な和菓子屋さんもあったので、無事
な出産を願ってケーキとお団子を買い、自分にお供え
しました。
DANCO154 (2).JPG


DANCO154 (1).JPG
日本人は全般に信心深いとはいえないですが、若い人
がむかしからの習慣をまだ守っているのでちょっと安
心しました。