宇津救命丸株式会社

夜泣き、かんむしに宇津救命丸国内唯一のこども専門総合医薬品メーカー



やわらか社長の楽しいぶろぐ


最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 5.2.3

« 初めての調理とサツマイモ栽培 | メイン | アセトアミノフェンについて  ご説明とお詫び »

愛すべき、ユニークな友人

先日書いた、生涯役に立たないだろう「男縛り」を
マスターしたユニークな友人の話しです。
大学時代、お互いの夫婦ともども同級生で、なおかつ
同じ部に所属していた旧知の仲。


もう時効ですが、新入生歓迎会で先輩にビールを飲ま
され、酔って寝かされ隣りでゲーゲー吐いてたのが彼
でした。それから半世紀、私はあいかわらず飲めませ
んが、彼は朝からワインを飲む酒好きに。


知り合った当時は藤圭子、その次に吉田拓郎の歌に
夢中で、彼の車に乗るとずーっと同じ歌を聞かされ参
りました。先日久しぶりに彼の車に乗せてもらったら、
今度は坂本冬美の[喝采]をエンドレスで聞かされ・・・
相変わらずでした。


当時彼は免許をとったばっかりで運転が教本に忠実。
踏切で停まると必ず窓を開け、列車が来るか音を聞く
のです。田舎の無人踏切じゃあるまいし。それを真冬
でもやるので寒いのなんの。そういえば、彼はコート
を着て運転してたような。


むかしの車はエンジンの精度が悪く3千キロまでは慣
らし運転が必要でした。
彼が新車を買ったとき、その慣らし運転を早く済まそ
うと首都高速をグルグル何周も周ったという逸話があ
ります。元祖ローリング族?


ある夜、彼の車に同乗していると「もっと暗い所へ行
こう」と誘われドキッ!!
やばい!ではなくて、新しく付けたフォグランプの明
るさを見せたかったのでした(当時、超明るいフォグ
ランプを付けるのが極一部で流行)。


夜、私が自宅にいないとき、彼が電話をかけて来たこ
とがありました。そのときたまたま父が出て、緊張し
た彼は「あのー、僕・・・」と言ったら、父は私だと
思って「何やってんだ!早く帰ってこい!」と一括。
それ以来、父を恐れてました。


一度彼の家に遊びに行ったことがあります。
すると部屋にパチンコの台があってビックリ。中古を
売っている店があり、そこで買ったとのこと。
私も同じものを買い、12Vの電気をつなげてちゃんと
ランプが点滅。しばらくチンジャラ遊んでましたが、
いかに生産性がないかを悟り、その後もパチンコ店に
行ったのは1回きりです。


友達とみんなで旅行に行ったときのこと。彼がお酒を
食事の席に隠し持ち(当時はみんなやりました)、湯呑
に入れて飲んでたら、突然中居さんがお茶をつぎに来
てばれました。別に怒られなかったけど。
その後ご飯が来ましたが、なぜか彼の食べてる食器が
大きい。「それおひつだよ」。動揺したのか酔っぱら
ってたのか、個人用の小さなおひつから直接食べてて
みんな大笑い。


彼と彼の奥さんは当時付き合っていることを部内で隠
し、私も知りませんでした。彼はサッカーをやっていて、
ある日友人たちと応援に行くと、そこに彼女が来てて
ビックリ。それ以来、4人で食事や旅行に行くように
なりました。


その後二人は結婚しました。
7・8年前、夫婦で栃木の実家に遊びに来ることにな
りました。しかも、物好きなことに高速バスで。
一度乗ってみたかったのだそうです。
お昼ごろ宇都宮に着くので迎えに行くはずでしたが、
着いたと電話がかかってきたのは3時ごろ。


後で聞いたら佐野のアウトレット経由で、高速の降り
口が大渋滞(まだ出来たばかりの頃)。満席だった乗客
は全部アウトレットで降り、宇都宮まで来たのは彼ら
二人だけだったそうです。
それでも、宇都宮の美味しいケーキ屋を事前に調べ、
お土産にと買って来てくれました。


彼がタブレットを買ってゲームをしようとしたら、家
にWi-Fiがなくて出来ず、近くのインターネットカフェ
の前に行って、入らずに外でやったという話も聞きま
した。


彼はボードやカードのゲームが好きで、年に1回の友
人たちとの旅行に必ずいろんなゲームを持ってきます。
年を取るとルールを覚えるのもシンドイので、6歳で
も出来るゲームというのを持ってきます。でも、いま
まで彼が勝ったことはほとんどありません。
家で誰にも相手にされず、いつも1人でやってるそう
です。面白いのかな?不思議。


先日実家に来てくれたときも、段ボールにいっぱい
ゲームを持って来ましたが、ゲーム嫌いの家内は寝た
ふりし、本人も酔っぱらって自滅してました。
ゲーム090.JPG

翌日、朝早くから客間でドスドスと音がするので、
家内がそっと覗くと彼がハタを織って・・・
じゃなくて、1人でラジオ体操をやってたそうです。


彼は世話好きで、料理を作ってくれたり、実家の掘り
ごたつの掃除までしてくれて。


鍼灸師の免許を持ってるので、毎日奥さんをマッサージ。
彼のお父さんは97歳でまだお元気で、毎日彼が1時間
マッサージしてあげるそうです。
私にもよくやってれますが、まだ免許取りたての頃、
針を打たせてと言われたときは断りました。


愛妻家でやさしくて、ちょっと変わっているけど愛す
べき友人です。