宇津救命丸株式会社

夜泣き、かんむしに宇津救命丸国内唯一のこども専門総合医薬品メーカー



やわらか社長の楽しいぶろぐ


最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 5.2.3

« 最近発見したこと | メイン | お盆休みあれこれ »

パートナーの呼び方は?

長いお盆休みが終わりましたが、その間のことをまとめ
るのには時間がかかるので、今回はミニ情報(テレビの
受売り)でお茶を濁させてもらいます。


女性の配偶者の呼び方はひとによってさまざま。
私は「家内」と言ってますが、嫁・妻・女房・奥さん・カミさん
など、いろんな呼び方があります。
先日テレビでその謂れ(いわれ)と、正式な呼び方はどれ
なのかをやってました。意味を知ったら呼びづらくなり
ますね。



もともと「よい女(め)」からよめになったもので、息子が
選んだ連れ合いのことだそうです。自分でよい女って言う
のも・・・



当然ながらこれが正式な呼び名。親に結婚を認められた
女性で、日本最古の呼び名。でも、妻と呼んでる人は少
ないような。


女房
使用人の女性のことで、平安時代ではその部屋のことを
指したそう。意味を知ったら怒るでしょうね。


奥さん
奥の方の部屋にいる女性のことから奥方と呼ばれ奥さん
になりました。自分で呼ぶのは持ち上げすぎ?


家内
むかしはほとんどが専業主婦だったので、家の中にいる
から家内。共働きだと家外?いまの時代にはそぐわない
言い方になりました。


カミさん
「目上の人」という意味からきた呼び方。ある意味これ
が正解という人も?むかしの恐妻家は「やまのカミ」と
も呼んでましたね。


ばけべそ
いまは言わないですが、落語かなにかで聞いたような。
自分の奥さんを卑下した呼び方で、化け物がベソをかい
たようなひどい顔ということらしいです。
「うちのばけべそです」と紹介されて、下手に頷いたら
大変。


うちは結婚したとき三世代同居だったので、ご用聞き(*)
が祖母を大奥さん、母を奥さん、妻を若奥さんと呼んで
ました。最初のころ、若奥さんと呼ばれて母が返事をし、
「違うんだ」とガッカリしてましたが、いまや妻が若奥さん
の座を奪われ、同じことを言ってます。
(*)毎日注文を取りに来て届けてくれる酒屋・八百屋・
  魚屋さんの若い衆のこと。


男性のパートナーも、亭主・旦那・夫・やどろく(死語)
などいろいろ呼び方がありますが、情報がないのでまた
今度に。