宇津救命丸株式会社

夜泣き、かんむしに宇津救命丸国内唯一のこども専門総合医薬品メーカー



やわらか社長の楽しいぶろぐ


最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 5.2.3

« パートナーの呼び方は? | メイン | タイヤ交換出来ますか? »

お盆休みあれこれ

今年の当社のお盆休みは長く、そのうえ10日に薬師堂
の行事の(一万燈)を行ったので、合わせて10日間も
栃木の実家にいました。


一万燈
今回の「一万燈」は、昨年のお祭りのような催しは行わ
ず住職の読経だけ。でも見学者は受け付けたので50人
ほどが訪れ私も何組か薬師堂と史料館に案内しました。

今回は掃除、読経、後片付けをすべて1日で。お祭りも
効率化です。
KANNRYOUDSC01997 (2).JPG

KANNRYOUDSC01997 (1).JPG

今年も住職から薬師堂のお札を頂きました。
見学に来られた方に配りましょう。
OFUDADSC02090.JPG


花火
12日に鬼怒川で花火大会がありました。
実家からは10キロほど離れてますが、毎年林越しに打
ち上げ花火の頭がちょこっとだけ見えます。
そこで、今年はドローンで夜間空撮をしようと張りきっ
ていました。


夜の7時半になって大きな音と共に花火が打ち上がり
いよいよ打ち上げ開始。最近は地方局の生中継があ
るのでテレビで様子がわかります。
佳境に入るのを待ってから、ドローンを庭に持ち出し
ウォーミングアップ。スタンバイOKとなって発進したら、
急に音が聞こえなくなりました。


不思議に思って部屋に戻りテレビを見ると、なんと子
供にインタビュー中。え~っ、なんでこんなこと!
子供のデザインした花火を打ち上げるのですが、小規
模なので音も光りもここまで届きません。


仕方なく第二部が始まるのを20分ほど待ち、今度こそ
と思ったら、今度は一般人が壇上に上がり、家族への
思いやプロポーズの言葉を語り出しました。
それに合わせて花火が上がるのですが、これも小規模
で見えない。テレビ向けの演出なんでしょうが、見に
来てる人は退屈しないんでしょうか。


それも終わって、いよいよ最後の第三部。
最後は豪快に行くというので急いで離陸して空中待機。
すると・・・遠くの方で音と光が。ドローンのカメラで見
るとかすかに明かりが見えます。
今回から会場が広くなり最後は川下の方で打ち上げた
みたい。待ってた1時間は無駄となりました。

火事かミサイルか!?
結局何がなんだかわからない写真となりました。
1503390527888.jpg

1503390538761.jpg

お盆
お盆のお迎えは13日で、送りが16日です。
毎年の飾りつけのついでに、家内が、いや妻が仏壇の
中を掃除しました。位牌が沢山あって団地のようです。
IHAI2DSC_1768 (1).JPG

IHAI1DSC_1768 (2).JPG

IHAI1DSC_1768 (3).JPG

毎年欠かさない飾り付け
DOXTUKYOUDSC02045 (2).JPG

ずっと雨続きでしたが、その間隙を縫って墓参りに。
以前はキュウリの馬とナスの牛を作って供えてました。
これは、ご先祖に馬に乗って早く来てもらい牛に乗っ
てゆっくり帰ってもらうという意味です。
キュウリに乗って早く帰って・・なんて、逆にしちゃ
ダメです。


14日は住職がお見えになり、読経して頂きました。
高齢化の影響で、毎年初盆の数が増えているとのこと。
今年は60件もあるそうです。


恐怖の雑草地獄
夏の前半は猛暑続きだったためか、裏の敷地が背の高
さ以上もある雑草で埋め尽くされ、凄いことになってま
した。休みが長いので毎日刈れば一掃出来ると思って
たのに、記録的な雨続きで数日しか出来ず心残り。

まずは雑草に覆われたお宮さんを救援。
OMIYADSC02008 (1).JPG

なんとかたどり着けるようになりました。
OMIYA2.JPG


雑草地帯にせめて道だけでも確保しようと、刈払機一
丁で切り込んで行きましたが、背が高い雑草に囲まれ
ると閉塞感に襲われます。
MICHIDSC_1797.JPG


100mほど進むと方向がわからなくなり一度撤退。
反対側から切り開いてやっと開通しました。
あとはプロに頼むことに。
KAITUUDSC_1819.JPG

ホルスター
前回買った携帯用の防ハチスプレーをポケットに入れ
てたら、屈んだとたんにボタンが押され、ズボンが薬
剤まみれになりました。そこで、西部劇のピストルの
ホルスターみたいに携帯用のドリンクホルダーに入れ
ることに。ハチに襲われたら早打ちで一網打尽です。

カウボーイというよりメキシコの革命軍。
kauboi2049.JPG


のびすぎのすぎ
雑草ばかり刈ってたら、中庭の杉が伸び放題。
SUGI2DSC02026 (2).JPG

密集していて暑苦しいので、思い切って上をぶった切
りサマーカットにしました。
SUGI2DSC02026 (1).JPG

ミョウガ
今年もあちこちに自然のミョウガが沢山生えました。
6月に籍を入れた三男夫婦が来て、山のように採って
ましたが、半分は花が咲いててダメだったようです。
MYOUGADSC02053.JPG


アユ
その三男夫婦を連れて、烏山の「一ツ石」ヤナヘアユ
を食べに。今年はなぜか川の中にヤナがありません。
YANADSC_1777.JPG

ここのアユは焼き立てで、ジューシーでおいしいです。
AYUDSC02036.JPG

AYU3DSC_1778.JPG

カエル
雨続きなので、カエルがことのほか元気です。
あっちこっちに大小のカエルが出現。水辺で何時間も
じーっとしてました。
MUCHINDSC_1792 (2).JPG

こっちのカエルは無賃乗車。
MUCHINDSC_1792 (1).JPG


昭和の人間
いろいろ働いたので、仕事納めに妻と地元に出来た
イタリアンの店に行きました。わかりづらい辺鄙な場
所にあるのに人気があって、予約をしないと入れない
ことも。


お気に入りは地元の新鮮な野菜を使ったバーニャカウダ。
イタリアのピエモンテ語で「熱いソース」という意味だ
そう。生野菜を、アンチョビ・ニンニク・オリーブオイル
などで作った濃厚な温かいソースをつけて食べるのです。

BANYADSC_1806.JPG

そのソースが絶妙で、フォカッチャ(イタリアのパン)に
つけて食べるのがまた美味しい。おかわりをしょうと
店員さんを呼び止めたのですがフォカッチャの名前が
出てこない。


「このソースをつけて食べたいので、えーっと・・・
パンください」。「?? バケットですね?」。バケットは
フランスパン。「違う違う、ほら、さっき食べたパンみた
いな四角い・・」「あ~、フォカッチャですね」。
「そ・それ!」。われながら情けない。


パスタを2つ頼んだら、量が多くてメイン料理が頼め
なくなりました。帰り際にシェフにその話をしようとし
たら、思わずスパゲッティと言ってしまいました。
つくづく昭和の人間です。