宇津救命丸株式会社

夜泣き、かんむしに宇津救命丸国内唯一のこども専門総合医薬品メーカー



やわらか社長の楽しいぶろぐ


最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 5.2.3

トップページ > 宇津救命丸Blog

« 2017年11月 | メイン

2017年12月 アーカイブ

2017年12月13日

中国3千年の知恵 お灸デビュー

私の肩コリは超一流で、マッサージに行ったりいろんな
解消の道具を使ったりしています。

肩こり解消グッズ


コリの解消にはお灸もありますが、「モグサを使う=
熱い+めんどくさい」という感覚で、私の選択肢にはあ
りませんでした。


むかしは、背中のツボにこんもりモグサを乗せて火をつ
け、どんなに熱くても我慢するのが江戸っ子だったとか。
銭湯に行くと、背中にお灸の黒い跡が点々としているお
年寄りがいて、そのイメージも良くありませんでした。


お灸は3千年前に中国で生まれ、遣隋使や遣唐使によっ
て日本に伝わり、仏教とともに広まったとか。鍼(はり)
と違って手軽な民間療法だったようです。
お灸は「熱い=苦痛」ということから、むかしから叱るこ
とを「お灸をすえる」といってマスコミなどでも使ってま
したが、鍼灸の組合からイメージが悪いと訴えがあった
そうで、最近は聞かなくなりましたね。


今年の中ごろ家内がヘルニアになったとき、親戚の鍼灸
師の先生が家内の腰にお灸をしてくれました。それは初
めて見るもので、薄い丸い金属の板の上に固めたモグサ
が乗ってて、火をつけると徐々に金属の板が熱せられて
熱を伝えます。それだけなのでとっても手軽。


どうやったら簡単にお灸が出来るか熟考したのでしょう。
まさに「きゅうすれば通ず」。
私もやってもらったら、なかなか気持ちよかったです。
SEN2DSC_1401.JPG

市販にも同じ物があるということで、送料無料のヨドバシ
カメラで調べました。一覧を見ると、熱さの強弱によって
何タイプもあります。最初、熱い方が効くと思って、上か
ら2番目に強いのと、一番弱いのを注文しました。


届くと、さっそく親戚にマジックで印をつけてもらった
ツボで試すことに。最初強い方でやったら熱いのなんの。
江戸っ子のやせ我慢も辛かったでしょう。弱い方でもけっ
こう熱いので、皮膚の薄い所は要注意。
あとで鍼灸の先生に聞くと、熱いのを無理にやるよりも、
弱いのを何度もやってツボを温め続ける方がいいと言わ
れました。
SENDSC_1398.JPG

最近足の裏にしびれが出ることがあり、いろんな検査を
やっても原因がわからず、治療も出来ません。でも、足
の裏にお灸をすると、一時ですがしびれが治ったような。
URADSC_1433.JPG

それ以来ツボにはまり、妻と毎日のようにやっています。
欠点は、何か所もやると煙がすごくなることです。無煙
タイプもあるようですが、やっぱりお灸はこれでないと。

2017年12月 7日

いいものは原料から

ちょっと前の話ですが、地元のテレビ局の旅番組でうち
の工場に取材に来ました。
訪ねて来たのは、栃木県出身の男性タレント?と、同じ
く栃木県出身のモーニング娘の新人。取材で私が紹介す
ることも多いのですが、今回に限っては専務が率先して
引き受けました。


後日そのオンエアを見ると、うちの工場の次に訪れたの
がちょっと離れたお蕎麦屋さん。十割蕎麦にこだわった
お店で、そんな店があるとは知りませんでした。
美味しそうなので早速行ってみることに。


1日30食限定なので早めに行こと11時半に行くと、すで
に駐車場は満車。店は11時からでした。この店の前は何
度も通っていましたが、失礼ながら店構えからそんなに
こだわりのある店とは思いませんでした。
ローカル放送とはいえ、やっぱりテレビの影響は大きい
ですね。
SOBSADSC02623 (2).JPG

私の車のナンバーを見てご主人が「遠いところから・・」
と言うので、じつは同じ番組で息子が出たという話をし、
その話で和みました。


ご主人は蕎麦粉にこだわっていて、そのときどきで仕入
れを変えるそう。それはうちにも共通してて、生薬の原
料もこだわればきっと効き目も違うはずです。


今回は県内の馬頭と北海道の蕎麦粉で、ざるは2種類
の味が食べ比べられるみたい。水だけで食べる水蕎麦
も食べてみたかったけど、限定3食できょうは売り切れ
だそうです。残念。


最初は塩で食べて欲しいと会津の岩塩をもらいました。
十割蕎麦にありがちなボソボソ感がなく、コシがあって
蕎麦本来の香りがします。
ここまでするのに試行錯誤で苦労したそうです。

蕎麦の左右の色が違います。右が・・・忘れました。
SOBSADSC02623 (1).JPG

蕎麦が美味しくても、つゆが残念という店が沢山あり
ます。中には薄くて醤油を足したくなるようなものも。
とくに東京の蕎麦つゆに慣れていると、塩っ辛いぐらい
じゃないと物足りなくて。でもこの店のはドンピシャ。


ご主人にそう言うと、これは業務用の市販のつゆだと
正直に。といってもけっこう原価が高いので、県内で
使ってる店はほとんどないそうです。
我々が食べ終わったころ、お店は空いてきました。
テレビに出ても、この辺ではこれが限界なんだとか(後
日行ったときは30食完売してましたが)。


翌日、工場にそのお店のご主人から電話がありました。
なんだろう?と電話に出ると「きのう、ジャケット忘れて
ましたけど」と。それもユニクロ。かっこ悪るーい。

2017年12月 1日

薬育とイベント

先日、工場の地元の宝積寺駅でロックサイドマーケット
というイベントがあり、当社の専務が薬育の一環として
「家族の健康を守る家庭薬」というテーマで講演を行い
ました。


私も見に行こうと宝積寺の町を通ったら、いつも人けの
無いメインストリートを家族連れがぞろぞろ。駅前の駐
車場は軒並み満車でした。前もって知り合いのお店の
駐車場を借りておいてよかったです。
tooriDSC02776.JPG

歩いて駅前広場に着くと、どこにこんなに人がいたのか
と思うほど沢山の人で賑わってました。
hitoDSC02754.JPG

何も聞いてなく、たんなる町のイベントだと思ってたので
ビックリです。あとで聞いたら、高根沢町だけでなく県内
外の人気店が70店舗近く出展し、来場者も首都圏から
来る人もいるのだとか。宇都宮発の電車がのきなみ満
員だったそうです
ひとDSC02759.JPG

このイベントの主催者は、宇都宮の大谷石採石場にあ
るロックサイドマーケット(大谷ミュージアム)だそう。
なぜここで?と疑問が湧きますが、宝積寺駅や隣接し
た施設が大谷石を多用しているからかもしれません
(ロック=石)。
ishiDSC02795.JPG

さて、専務のトークショーがある建物の中へ。
今回は専務の妻が薬草入浴剤のワークショップもある
ので、受講者は限定10名の2講演です。
kanDSC02777.JPG

講演のきっかけとなった「薬育」という言葉ですが、これ
は行政の主導で、薬に関する正しい使用法や副作用
などの知識を教育しようという試みです。
その背景として医薬品販売の規制緩和があり、消費者
が医薬品のメリット・デメリットを十分に理解し、適正
に使用することができるように知識の普及が必要となっ
たからです。
kjouennDSC02766.JPG

ちなみに、育薬という言葉もあって、間違いやすいけど
まったく別の意味。こちらは文字通り薬を育てることで、
主に新薬の話なので省きます。


最近はセルフメディケーションという言葉も浸透してき
ているようですが、これからは、⾃分(家族)の健康の
ために、正しい知識を持っていくことが求められ
ています。それには市販薬を有効に使うことも含まれ、
年間4兆円にもなる破綻寸前の医療費を抑える目的も
あります。


話の内容は、医療用薬と一般薬の違い、主作用と副作
用、薬の服用の仕方、薬を飲みやすくする補助剤の上
手な使い方などと、一般薬でも確定申告をすれば税金
が控除されること(医療費の合計が10万円以上)など
でした。


話の後、講師が専務の妻に代わり配った材料でよもぎ
の入浴剤の作り方を指導。夫婦二人三脚です。
nyuuyokuDSC02773.JPG

お昼を食べようと思ったら、どこもかしこも長蛇の列。
仕方なしに、高根沢町の給食パンと、自動販売機でお
茶を買って食べました。ちなみに、米どころの高根沢
では、米粉を入れたパンを推奨しており、モチモチし
た食感がいいですね。


あとで聞いたら、この日だけで1万5千人だったとか
(主催者発表)。今回で6回目で、初回の来場者はたっ
た300人だったそうですから大隆盛です。
今後高根沢町の発展につながればいいですが。