宇津救命丸株式会社

夜泣き、かんむしに宇津救命丸国内唯一のこども専門総合医薬品メーカー



やわらか社長の楽しいぶろぐ


最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 5.2.3

« 街で見かけたユニークな商品 | メイン | いいものは原料から »

薬育とイベント

先日、工場の地元の宝積寺駅でロックサイドマーケット
というイベントがあり、当社の専務が薬育の一環として
「家族の健康を守る家庭薬」というテーマで講演を行い
ました。


私も見に行こうと宝積寺の町を通ったら、いつも人けの
無いメインストリートを家族連れがぞろぞろ。駅前の駐
車場は軒並み満車でした。前もって知り合いのお店の
駐車場を借りておいてよかったです。
tooriDSC02776.JPG

歩いて駅前広場に着くと、どこにこんなに人がいたのか
と思うほど沢山の人で賑わってました。
hitoDSC02754.JPG

何も聞いてなく、たんなる町のイベントだと思ってたので
ビックリです。あとで聞いたら、高根沢町だけでなく県内
外の人気店が70店舗近く出展し、来場者も首都圏から
来る人もいるのだとか。宇都宮発の電車がのきなみ満
員だったそうです
ひとDSC02759.JPG

このイベントの主催者は、宇都宮の大谷石採石場にあ
るロックサイドマーケット(大谷ミュージアム)だそう。
なぜここで?と疑問が湧きますが、宝積寺駅や隣接し
た施設が大谷石を多用しているからかもしれません
(ロック=石)。
ishiDSC02795.JPG

さて、専務のトークショーがある建物の中へ。
今回は専務の妻が薬草入浴剤のワークショップもある
ので、受講者は限定10名の2講演です。
kanDSC02777.JPG

講演のきっかけとなった「薬育」という言葉ですが、これ
は行政の主導で、薬に関する正しい使用法や副作用
などの知識を教育しようという試みです。
その背景として医薬品販売の規制緩和があり、消費者
が医薬品のメリット・デメリットを十分に理解し、適正
に使用することができるように知識の普及が必要となっ
たからです。
kjouennDSC02766.JPG

ちなみに、育薬という言葉もあって、間違いやすいけど
まったく別の意味。こちらは文字通り薬を育てることで、
主に新薬の話なので省きます。


最近はセルフメディケーションという言葉も浸透してき
ているようですが、これからは、⾃分(家族)の健康の
ために、正しい知識を持っていくことが求められ
ています。それには市販薬を有効に使うことも含まれ、
年間4兆円にもなる破綻寸前の医療費を抑える目的も
あります。


話の内容は、医療用薬と一般薬の違い、主作用と副作
用、薬の服用の仕方、薬を飲みやすくする補助剤の上
手な使い方などと、一般薬でも確定申告をすれば税金
が控除されること(医療費の合計が10万円以上)など
でした。


話の後、講師が専務の妻に代わり配った材料でよもぎ
の入浴剤の作り方を指導。夫婦二人三脚です。
nyuuyokuDSC02773.JPG

お昼を食べようと思ったら、どこもかしこも長蛇の列。
仕方なしに、高根沢町の給食パンと、自動販売機でお
茶を買って食べました。ちなみに、米どころの高根沢
では、米粉を入れたパンを推奨しており、モチモチし
た食感がいいですね。


あとで聞いたら、この日だけで1万5千人だったとか
(主催者発表)。今回で6回目で、初回の来場者はたっ
た300人だったそうですから大隆盛です。
今後高根沢町の発展につながればいいですが。