宇津救命丸株式会社

夜泣き、かんむしに宇津救命丸国内唯一のこども専門総合医薬品メーカー



やわらか社長の楽しいぶろぐ


最近のエントリー

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

カテゴリー

アーカイブ

Powered by
Movable Type 5.2.3

« 中国3千年の知恵 お灸デビュー | メイン | 工場案内 »

一気に冬へ

前回、11月末に栃木の工場に来たときはまだモミジ
の紅葉が見れましたが、今回12月中旬に来たときは
一気に真冬になっていました。とくに日本に寒波が
来ていて2月並みの寒さです。


手水鉢の水が凍り、庭には霜柱が立ってます。工場
の水道も一部凍結していました。こんなこと、例年
の12月にはなかった気がします。
面白いもので、冬に水道は凍っても、なぜか井戸水
は凍りません。井戸水は、夏冷たく冬は暖かく感じ
ると言いますが・・・
KODSC02914 (1).JPG

SHIMODSC02910.JPG
先日テレビで、老人の冬の死亡率の高い県をやって
ました。一位に輝いたのはなんと栃木県。
北海道や東北ほど家の構造が耐寒になっていないた
め、部屋は温かくても廊下やトイレが寒く、その温
度差が血管に危ないそう。北海道は、家の中のどこ
も暖かいので死亡率は低いらしいです。


外は寒いけど、ずっと手入れの出来なかったお茶の
木の剪定をしました。枝が伸び放題で凄いことに。
CHADSC02895.JPG

写真で撮るとあまり変わり映えしないですが・・・
CHA2DSC02898.JPG
よく見ると、お茶の木の下に黒い小さな実が落ちて
います。元来、花が咲いてから実が出来るのですが、
通常の茶畑で花が咲いているのを見かけません。
それは、花に栄養がいかないよう、咲く前に摘んで
しまうかららしいです。

最近、お茶の実から採れる油が注目されているそう。
KODSC02914 (2).JPG


お茶の木は祖母が植えたそうですが、一度も葉を摘
んだことがないそう。ハーブ好きの嫁と、来年は摘
んでお茶を入れようと言ってます。