夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » なつかしの鉄道博物館

ブログ

blog

なつかしの鉄道博物館

先日、鉄道好きの友人と、大宮にある鉄道博物館に行って
きました。以前は、神田の万世橋に交通博物館としてあり、
小学校のころからよく行ってました。もちろん、子供たち
も何度も連れて行きました。

初めて行ったのは小学校の帰り。楽しみにして3時半ごろ
着いたのに、4時で終わりだから入れないと言われてガッカリ
したのを覚えてます。当時の管轄は親方日の丸の国鉄でし
たから。

それはともかく本題へ。
電車で大宮まで行き、そこからニューシャトル(東北新幹
線の両脇を走ってる電車)で一つ目の駅で下車。駅から博
物館までは歩いてすぐです。

地面に書いてあるのは時刻表。だんだん期待が高まります。

これが入口

チケットを買って中へ。スイカが使えるのはさすがです。
順路がわからずちょっとウロウロしましたが、右奥に実車
の大展示場が見えました。ここには昔の客車から電車、蒸
気機関車から電気機関車まで数十両が展示され、よくテレ
ビでも紹介されててます。

鉄道マニアほどではないですが、懐かしい車両にそれぞれ
思い出があります。

昭和中期の省線電車。いまの山手線や総武線で、国鉄にな
る前の鉄道省の管轄だったころの呼び名です。

床が木でコールタールが塗ってあり、塗り替えたばかりは
臭いのなんの。でも、こんなに小さかったんですね。当時
のラッシュは、いまと比較にならないほどの地獄でした。

むかしは蒸気の煙の汚れが目立たないように、客車の色は
茶系のぶどう色でした。

冷房なんてなかったから夏は窓を開けっ放し。トンネルに
入ると黒い煙が車内に入って大騒ぎでした。

なつかしい客車内。垂直の背もたれは、いまのシートに比
べたら拷問です。

私が小学生のときの修学旅行は大阪で、まさにこの椅子。
夜行列車で8時間ぐらいかかったでしょうか。しかも冬で
スチーム暖房が暑く、眠れずにみんなデッキにいたのを覚
えています。

その後蒸気と入れ替わった電気機関車も同色となりました。
こどものころ、「カッコイイ」と思った流線型の電気機関車。

このころから電化が進み、煙の汚れもなくなったので、色
も映える青に変わってきました。
北海道から乗った、思い出のある北斗七星(の同型)。

客車の色が変わるにつれ、機関車もブルーになりました。

これは、東京~大阪を6時間50分で走ったこだま号の改良型。
こだまはビジネス特急とうたってましたが、その前は特急
列車でも8時間10時間かかったので大躍進です。

見覚えのある蒸気機関車。
万世橋の交通博物館にあったような。

見るのが珍しい新幹線(旧型)の連結器。
出たり入ったりしてデモストレーションしています。

この蒸気機関車は、ターンテーブル風の台に乗ってます。
後でこれが実物通り回転すると知り(1日2回)、見逃し
て悔しがることしきり。

新築になった隣の建物には新幹線が展示されてましたが、
やっぱり国鉄時代の車両の方がノスタルジーがあっていい
ですね。

つづく