夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 中国来客歴史絶賛

ブログ

blog

中国来客歴史絶賛

先日、中国の貿易商のお客さんが工場見学に来ました。
日本に帰化されてるので日本語は話されますが、話に夢中
になると中国語が混ざりだしてどきどき解読不能に。

その方の話では、いま中国では小児薬が不足し、日本の
小児薬は注目を浴びているのだとか。でも、輸入審査は厳
しくハードルは高いようです。

薬師堂や史料館を見学し、うちの420年の歴史にたいそう
興味を持たれました。中国は近年まで内戦や混乱が続いて
いたので、歴史の長い企業が無いのだとか。
2時間しか見学時間がないということでしたが、見学して
いて時間が足りないと次の予定をキャンセルしてしまいま
した。

ちょうどこの時は庭の紅葉がきれいで、書院からの眺めは
は抜群でした。

寒くなってくるこの時期、お客さんがみえたときは火鉢に
火をいれると珍しがられます。いまは雰囲気作りの小道具
みたいなものですが私が子供の頃は立派な暖房器具でした。

炭の火を起こすのは叔母の担当。わざわざ外で七輪を使っ
て起こします。妻は、炭の火のついた匂いが好きなのだ
とか。

妻に、お土産を東京で買ってこさせたら、こんなクリスマス
バージョンのお菓子を買って来ました。

超人気の店で並んで買ったと妻は自慢げでしたが、お客
さんは中国のお年寄りの男性です。まったく・・・