宇津救命丸公式サイト|夜泣き、かんむしには宇津救命丸

Home » ブログ » 人参とニンジン

ブログ

blog

人参とニンジン

工場に行ったとき、宇津救命丸の原料のニンジンの仕込みを
してました。

ニンジンといえば、ほとんどの人は野菜の赤いニンジンを連
想されるでしょうが、それとは違う生薬のいわゆる朝鮮人参
です。そのほか高麗人参、オタネニンジン、薬用人参と呼び
方は様々ですがここでは人参と書きます。

「じゃあ、冒頭にニンジンと書いたのはおかしい?」と気づ
いた方は偉い  近年、医薬品の成分表示が生薬もカタカナ
になり、人参の表記がただのニンジンになりました。だから
ややこいんです。

 

もともと日本にあったのは人参で、二股に分かれたその形が
人の姿に似てることからその名前がついたのだとか。

江戸時代より前は朝鮮半島から輸入してましたが、徳川吉宗
の命によって世界で初めて栽培に成功し、各地の大名に「御種」
を分け与えました。そのことから御種人参(オタネニンジン)
とも呼ばれています。

結局、栽培に適した条件(夏は涼しく冬は極寒)の福島、長野
が残り、いまでも薬用の人参は国産品が多く、品質がいいの
です。

江戸時代以降、現在の野菜のニンジンが輸入されました。
人参に形が似ていることから「せりにんじん」と呼ばれまし
たが、名前のとおりこれはセリ科。薬用人参はウコギ科です
からまったくの別物です。そして私は大嫌い。

人参は大きくなるのに5~6年かかります。その間、生えてい
る長いひげを地中に延ばして養分を吸収しつくすので、人参
を収穫した後の数年はそこで作物を栽培することが出来ない
のだとか。だから、自律神経の安定作用や滋養強壮など優れ
た効果があるのもうなずけます。ちなみに、このひげだけで
も高く売られています。

以前、工場の敷地で人参を栽培したことがありますが、全部
モグラに食べられました。このモグラたちは爆裂パワーで地
中を掘って地球の裏側まで行ったかも。

韓国では料理に使ったりお茶にしたりしますが、日本では主
に医薬品の原料に使います。じつは、そのまま食べると、
とってもえぐくてまずい。工場で焼酎漬けにしたこともあり
ますが、バツグンのまずさだったとか(社員談)。

ここで話を戻します。
工場に入荷した人参は、まず水洗いして乾燥させ細かく刻み
ます。

それを金属探知機に通して検査。
産地からの流通過程で万一金属が混入していたら大変です。
小さなお子様が飲む薬ですから、原料のチェックは慎重に。

これを更に粉末にして原料になるのですが、こうして一つ
一つの生薬を手間をかけて加工し、宇津救命丸は出来てい
るのです。