夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 使わないでこそ保険

ブログ

blog

使わないでこそ保険

自家用車保険の満期が近づき、ネットの保険に代えようか
としばし悩みました。いままでずっと保険代理店でお願い
していましたが、盛んにCMをやってるネット型も気になっ
て。弟は早々と切り替え、安くなったと喜んでいます。

そこでネットで検索すると、各社の見積もりが一斉に取れ
るというサイトがありました。試しに車の車種や年式、保
険の等級、免許証の種類など質問欄を埋めて送信すると、
しばらくして各社から見積が送られてきました。価格に差
はありますが、確かに最低限の補償だけなら安い。
でも家族も使うし、やっぱりそれだけじゃ不安です。

そこで何社かのフォーマットに、オプションの車両保険、
搭乗者保険、レンタカー代や弁護士費用、などなどに丸を
つけてシミュレーションしてみると、そこそこの金額にな
りました。この時点で上下の差はけっこう開きました。

安いのはいいですが、その分サービスが心配です。そこで
一番安かった会社の口コミをみてみると、5つ星と1つ星
の両極端。5つ星の大多数は、とにかく安くてよかったと。
逆に1つ星のほとんどは、事故が起きたときの対応が悪か
ったと憤慨してます。「安くてよかった」と言う人はまだ
事故にあったことがなく、事故にあって初めて真価が問わ
れるのでしょう。

ネット型保険のサービスの実態はわかりませんが、やっぱ
り安くするには何かを削るしか・・・

次に、一番見積もりが高かった会社の口コミを見ると、評
判はまあまあ。そこでシミュレーションしてみると・・・
なんのことはない、いままでの料金とあまり変わらない結
果となりました。そこで、やっぱり今までの代理店にお願
いすることに。やっぱり信頼が第一です。

あれだけCMをやってても、ネット型保険の普及率はまだ
全体の約6%だとか。まだまだ日本は人対人ですね。

いったん見積もりをとると、その後は各社からダイレクト
メールの嵐。車検の前日まで「期限まであと何日です」と
カウントダウンのようなメールが来ました。

ここで保険加入時のお得情報。
むかしの保険料は若い人の方が事故率が高いと保険料も高
かったのですが、最近は老人の事故が多く、若い人の車離
れもあって、若い人の方が保険料が安いのだそうです。
なので、家族みんなが車を使う場合、主たる運転者をゴールド
カード保持者の若い人に設定すると割引率が大きくなるとか。
私も今回知りました。

ネット保険のCMを見て思うこと。
男の人が電話で「(事故の)相手に何を話していいかわから
なくて・・・」と。いやいや、そのぐらい自分でやった方が・・。

警備保障を派遣。
夜中の単独事故なら助かりますが、事故の相手方に警備保
障が来たら心証がよくないのでは。しかし、A社はセコム、
B社はアルソックを派遣すると言ってますが、両社が派遣
されて鉢合わせしたら・・・いや、こっちにも相手にも
セコムが来た方が見ものかな。

お兄ちゃんの車に甥が三脚をぶつけて傷つけたら、にこ
にこ笑いながら「大丈夫、気にすんな!」と。車両保険に
入っているから大丈夫ということですがこれには意義あり!

たいていの保険は5万から10万の免責があり(つまり5万は
自分で払う)、免責がないとしても保険を1回でも使うと
翌年から等級が下がって保険料が上がります。それも1回
だけでなく毎年ですから結構な負担。だからあんな傷ぐら
いで保険なんて使ったら・・・保険会社勤務の友人も苦
笑してました。

いや、それ以前に、車に傷をつけられて即笑顔で答えら
れるこの人は・・・
①車に興味がなく甥が大好き。
②沢山車を持ってて愛着のない車だった。
③保険の入ったレンタカーだった。
④ぶつけた甥のパパの車だった・・・これかな。