夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 冬の行事

ブログ

blog

冬の行事

毎年会社の年頭の神事は、本社は神田明神の初詣、工場は
敷地内にある稲荷神社で初午(はつうま)の祭礼を行います。

初午とは、稲荷神社の本社である伏見稲荷神社に神が降り
た日が2月初めの午の日で、このことから初午として全国
の稲荷神社で祭礼を行うようになりました。そして、いつ
しか五穀豊穣、豊作祈願を行うようになり、いまでは商売
繁盛、家内安全の祈願ともなっているようです。

ちなみに、もともとは旧暦の2月なので、本来は春(3月)の
行事だったそう。だから毎年寒いのです。

初午を過ぎると二の午、三の午まであり、今年は初午が2
月2日の土曜日。なので12日後(十二支で数える)の二の午の
日(2月14日)に神主さんに来ていただいて祭礼を行いました。

お供えは、ぽんかん、りんご、バナナ、油揚げ、お酒(お神
酒)と前任者から言い伝わってるものです。しかし、油揚げ
はお狐様の好物でわかるとしても、その他のお供えの理由
はわかりません。当時の神主さんの好物とか?

今回来られた神主さんは、安住神社の宮司さんのご子息。
菩提寺の住職もご子息に代わり、祭礼の方法もちょっとづつ
変わってきています。

お供えは外出の際に私が買ってきました。1枚の大きい油
揚げを買ってきたら、ほんとは5枚入りだったそう。まあ、
お供えも少しはメニューを変えた方が・・・

神事に欠かせないのが雅楽ですが、演奏する人まで連れて
来るのは大変そう。今回、神主さんは持参したICレコーダー
で雅楽の曲を流し、雰囲気は盛り上がりました。
今どきですね。

この稲荷神社のほこらに神様の像があって、箱の裏を見る
と「五穀成就」の他に「酒造安全」と書いてありました。
むかしうちに酒蔵があり(販売していたかどうかはわかり
ませんが)、その時に祈願したものかもしれません。

初午(二の午)の儀も終わり今年も無事に過ごせますように。