夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 出張した一万燈祭  上

ブログ

blog

出張した一万燈祭  上

8月の11日に宇津薬師堂の一万燈祭をやりました。
一万燈祭は、人々の健康を祈願して江戸時代から続いてる
宇津薬師堂のお祭りです。いまでは町や観光協会の後援も
あって、高根沢町のこども祭りとして定着してきました。

今回わけあって薬師堂から離れ、元キリンビール工場の跡
地でやることになりました。そのいきさつは・・・

年始めに町長に面会したとき、8月に高根沢町の町制60周
年記念式典があると聞きました。その後、同日同所で民間
の有志が「高根沢フェスティバル」をやるのでスポンサー
になって欲しいと要望が。これは渡りに舟と、一万燈祭も
参加させてもらうことになりました。

本来は薬師堂のお祭りなので、別の場所でやる是非もあり
ましたが、町のお祝いということで割り切ることに。
最初に10時20分から一万燈祭。町の式典が14時半。16時
から高根沢フェスティバルが始まって、最後は打ち上げ
花火でフィナーレということで決定。

ポスターを作って駅やスーパー、郵便局、JAなどに持って
行き貼ってもらいました。ありがたいことです。
一万燈祭ポスター

こども祭はこどもが主役。いままで協力して頂いた保育園
や小学校に参加を呼び掛けると、みなさん快諾して頂きま
した。それどころか新規に2つの保育園からお神輿に参加
の希望があり、前回4基だったお神輿が6基に増えました。

高根沢にあったキリンビール工場は、町のシンボルとして
30年間創業してましたが、9年前に閉鎖になり、いまは更
地となって町のイベントや映画の撮影に貸し出されてます。

まだ行ったことがないので規模感がわかりません。そこで、
管理している町の企画課の方に連れてってもらいました。
門を開けて中に入ると、広いなんてもんじゃありません。
東京ドーム7個分あるそうで、見渡す限り原っぱ。残され
た舗装道路の直線はまるで滑走路です。

あまりに広すぎて、どこで何をやってるかわからなそう・・・
後日、東京の立ち食いそば店の前でのぼりを見て、これだ!
とひらめきました。会場の周りにのぼりを立てれば場所も
わかるし少しは賑わうでしょう。というわけで、ネットで
注文。デザインが出来てれば1週間で出来上がり。

雨が降った場合に備え、工場跡地に隣接する元キリンビール
の体育館も借りることになりました。町の力はスゴイ。

雨も心配ですがこの頃連日の猛暑だったので、子供たちの
熱中症が心配。とにかく日陰なんてないし下はコンクリート
ですから。薬メーカーの祭で何かあったら大変です。

高根沢フェスティバルが大量のテントを探していて、それ
とは別に借りなくてはならない。これは早いもの勝ち?
すぐに毎回お借りしてる商工会に連絡し、無事4基確保出
来ました。

今回は祭の場所が違うので、祭の前日に薬師堂の掃除をし、
住職に来て頂いて読経をお願いしました。

いつも悩まされる天気です。直前に本土直撃の台風があり
ましたが、台風一過とはならず、ぐずついた天気。
当日の予報もくるくる変わって曇りから雨になり、前日の
夜は大雨になりました。

会場を移すか中止すべきか・・・今年のお祭の運命は?