夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 台風一過

ブログ

blog

台風一過

9月の終わり~10月の初めに、続けて台風が関東を直撃し
ました。自宅はなんともなかったですが、栃木の実家に行
ってみると、多少の被害がありました。

古い薬師堂や長屋門の被害はなかったですが(昔の建物は
つくづく丈夫)、庭の太い紅葉の枝が折れて道を通せんぼ。
一人で動かそうと思ってもびくともしません。

こういうときは、チェーンソウで切り刻んで運びます。
先日新しいチェーンの刃を買っておいてよかった。

裏庭では、もっと太い幹が折れて堀の中に落ちてました。
さすがにこれは業者に頼まないと。この堀はうちの敷地内
にありますが、田植えの季節に農業用水が流れるので、
メンテナンスはうちがやらなくてはなりません。
一昨年周りの杉林を伐採したので、だいぶ風の影響が強く
なりました。

道具小屋の屋根のブリキ板が吹き飛ばされていました。
小屋はもう使っていないですが、見栄えが悪いので修理し
なくては。屋根の横木が古いので、上にあがって直すのは
危険。あくまで応急修理です。

こんな感じ。

以前、母屋の屋根を瓦屋さんが無料で点検すると来て、瓦
がズレているので補修しないとダメと言われてました。
けっこうな金額で、目に見えない所なので確認できずに躊
躇してたら今回の台風。どうなったか心配で、ハシゴを
かけて上がって見ました。

屋根って下から見ると大して高くないようにみえますが、
上から見下ろすとけっこうな高さ(身長分がプラスされるので)。
斜面になってるので足場が悪く、瓦がズレないように登っ
ていくのが大変。
上まで登って見渡すと、外れた瓦はない様子・・・という
か、瓦屋さんが言ってたズレてる場所ってどこ?不思議??

ハシゴから屋根に移るときはわりと簡単でした。でもハシゴ
に乗り移るのは怖い。しかも、力がかかるとハシゴが動い
て危ない。命の危険を感じて、家の中にいる妻を大声で呼
びました。でも、台所でチャーハンをジャージャー炒めて
て聞こえない。

呼び疲れてどうしようかと思ったとき、たまたま遊びに来
ていた三男が出てきました。私を見上げて「何してんの?」
・・・って、見ればわかるだろ!
危うく家で遭難するところでした。

去年、スズメバチに8カ所も刺されて死にかけましたが、
今年はなぜかまったく見かけません。雨が少ないときは巣
が増えると聞いてましたが、今年のあまりの暑さにハチも
労働意欲が無くなったのかも。去年病院で処方してもらっ
たショック防止用の注射器の有効期限が切れかけてますが、
今年はもういらないかも。

ハチの代わりに今年多いのがでっかいカマキリ。擬態で木
の上では茶色、葉の上では緑になっています。じっとして
るので見つけてビックリ。でも、カマキリについて調べて
みたら、場所によって毎回色が変わるのではなく、長く生
息してる場所の色に変わるのだとか。白い壁の上では白?

今年は栗と柿が豊作です。でも、拾った栗の9割が虫食い
でした。

そろそろサツマイモの収穫と銀杏を拾いにいかないと。