夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 史上最長の10連休 その2

ブログ

blog

史上最長の10連休 その2

令和元年、最初のプロジェクトは屋根のペンキ塗りです。

実家の裏にある建物で、私の祖父が結婚したときに建てた
もの。私も新婚時代をここで過ごしました。といっても、
もう住めないぐらい古いのです。プロに頼むと、足場を組
んだり養生したりと大ごとになるので、自分で塗ってみよ
うと。ほんとは平成最後の仕事にしたかったのですが・・・

むかしの建物だから屋根が高い。一番上まで上がるのはさ
すがに怖いので、途中の屋根に乘って長い柄のついたローラー
で塗ることに。9時過ぎに始めて屋根に上ると「アチッ!」。
この日は天気が良く、すでに陽に熱せられてまさに「トタン
屋根の猫」状態でした。

これは無理と断念し、翌日6時に起きて再挑戦。トタン専
用の塗料をたっぷり付けて塗りましたが、隅々までキッチリ
塗るのは無理。でも遠目にはなんとかきれいに塗れました。

ついでに塀の上のトタンも塗りました。むかしはコール
タールを塗ってたようでペンキが乘らずに苦労しました。
長さが20mぐらいあり、しかも両屋根なので大変。つい
でというレベルじゃなくなりました。

ペンキ塗りも一段落し、卵を買いにいつもの鶏卵店に行き
くと、おまけに初卵をくれました。初卵とは若鳥が初めて
産んだ卵で、ネットで見ると栄養価が高く味も濃厚で、
とっても貴重なんだそうです。卵かけ御飯にすると最高な
んだとか。それを楽しみにしてたら、なんと妻がゆで卵に
しちゃいました。「ばっかじゃないの!」と大喧嘩。

夕飯に宝積寺駅近くのとんかつ屋さんに行きました。

看板がちょっと・・・なので敬遠してましたが、カツカレー
が評判なのだそう。看板は、もしかして豚にカレーがかか
ってるというシャレ? まさか。

お店に入ると、以外と言っては失礼ですがイメージと違っ
てほぼ満席。私はそのカツカレーを頼みました。すると、
隣の席の親子にカツカレーが。それを見て「え~っ!」。
ビックリするほどの大盛りです。これ食べきれない・・・

しばらくして私にもカツカレーが来ましたが、おかみさん
が「残さないで食べて下さい」と一言。プレッシャー・・・
味は美味しいのですが、大食い選手権なみで食べても食べ
ても減りません。ついにギブアップとなりました。

おかみさんに謝ると、笑顔で「今度は小盛で頼んでくださ
いね」と。ちなみに、隣にいた小学生は完食してました。
スゲー。これで950円は安いです。

五月の連休の風物詩はこいのぼり。首都圏では見かけなく
なりました。

そしていまごろは田植えの季節。実家の周りは一面水田に
なります。ふだん見かけない若い人も手伝いに帰ってくる
ようで、子供も一緒に一家総出で田植えです。

この時期にあちこちの道路に見られる点々と残された土。

落とし主はトラクター。
むかしはちゃんと竹ほうきで掃いたそうですが・・・

滞在中はほとんどペンキ塗りとなり、1日だけ除草代を撒
きました。雑草はまだそれほど伸びてはいませんが、早い
うちに撒くのが鉄則です。

最近、木に寄生するツルが目立ってきました。
人に頼る若者が増えてるそうですが、植物の世界も同じ?