宇津救命丸公式サイト|夜泣き、かんむしには宇津救命丸

Home » ブログ » 名古屋展示会 & 名物グルメ 続き

ブログ

blog

名古屋展示会 & 名物グルメ 続き

妻の検閲で「前置きが長い」と言われたので、肝心の展示
会の話を先にします。

会場の名古屋国際会議場は、朝食を食べた店から歩いてすぐ。
とてつもなく巨大で要塞のようです。

建物の中も広くて迷子になりそう。
中庭にあっ騎馬像(柵の高さで巨大さが分かります)。
ダ・ヴィンチが制作していた未完成像を復元したものらし
いです。

会場では、龍角散さんのご厚意でブースに相乗りさせても
らいました。前日から専務がセッティング。
いくつものフォーラムがあり、休憩時間に参加者が展示場
へ見に来るそう。

薬は試供品といえども、薬局やドラッグの店舗以外で配れ
ませんが、今回、龍角散さんがこの建物の中で販売の許可
を取ってくれました。その名も「リュウカクサンドラッグ」。
許可は7年もありますが、実際は今日限り。

ちゃんと部屋に区切ってあり、広さも規定通りでほんとの
店舗と同じです。サンプルの配布だけならもっと簡便な許
可があればいいのに。

じつは私が今日来たのは薬剤師としての使命もあったのです。
きょうの受講者は主に薬剤師や医師なので。

講演の中に、在宅者における家庭薬の活用というテーマの
フォーラムがあり、家庭薬の特長と試供品の配布もあると
アナウンスしてくれたみたいで、終わった時にドッとお客
さんが押し寄せました。

かんむしの定義を聞く薬剤師や、生薬の家庭薬を研究して
いるという大学教授など、様々人と話ができました。
昼過ぎにお客さんが一段落し、この店舗も店じまい。

話を前日の夜に戻します。

宿泊プランはわざと朝食無しにしました。名古屋のモーニング
サービスはデラックスと聞いていて、是非食べてみたいと。
繁華街のど真ん中ですから絶好の機会です。

しかし、夕方にふと気づきましたが、明日は祝日だし、朝
7時半から開いてる店ってあるのかな?
ホテル近くの喫茶店を検索し、片っ端から電話で聞いたら、
案の定休みか早くても8時から。せっかく期待してたのに。

近くのコンビニで買って朝食べるという手もありますが、
すでにモーニング食べたいモード。しからば会場のそば
で探すと・・・ありました、7時からやってる店が。

翌朝、地下鉄に乗り、駅から携帯のナビを頼りにその店に。
ありました、コメダ珈琲。店の中に早くも数人並んでて、
お年寄りが朝食食べに来ている感じです。

メニューを見て気付きましたが、コメダ珈琲は全国チェーン。
なーんだ、どこの地域のモーニングも同じメニューだ。

普通のモーニングとコーヒーを美味しく頂きました。

展示会の帰り際、某社長と名古屋駅でお昼を食べることに
しました。
名古屋でひつまぶしの次に食べたいのが味噌煮込みうどん。
地下街に有名な山本屋の店があるので楽しみです。

 

ところが、連休の最終日だからか、山本屋を初め、どの店
も行列です。唯一並んでないのが味噌煮込み、ひつまぶし、
味噌カツなどと何でもあるお店。なんだか不安だけど・・・
まっ、いいか。

味噌カツに心を動かされながら初心貫徹で味噌煮込を注文。
全然期待はしていなかったけど、美味しかったです。

名古屋はグルメの宝庫です。