夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 天井絵と薬科大事情

ブログ

blog

天井絵と薬科大事情

工場の敷地内に江戸中期に建立された薬師堂があります。
薬師とは、病を治す薬師如来のことで、クスシという読
みからクスリという言葉が出来たとか(諸説あるかも)。

その天井には、龍の墨絵を中心に56枚の薬草の絵が描
かれています。でも、長い年月の間に雨漏りとかがあり、
だんだん色あせてきてしまいました。

1年前にある薬科大学の先生から、その天井裏の植物の
名前を研究して発表させて欲しいと申し入れが。こちら
も望むところなのでお願いしました。
昨年写真を撮っていかれましたが、今回本格的に撮りた
いと、先日学生さんを連れて再度撮影に来られました。

すでに8割ぐらいの名前はわかったそうですが、あとは
色が飛んでて解明するのに時間がかかるそう。

鴨居にかかってる札の影で見づらい絵は、自撮り棒の
スマホで撮影。下手なカメラより鮮明に撮れます。

撮影が終わったあと、先生と学生さんたちと懇談しまし
た。

いまの就職事情を聴くと、彼らの学校の場合99%が
病院か薬局、ドラッグストアー志望で、製薬会社を志望
するのはほとんどいないとか。調剤薬局の薬剤師争奪が
激化し、募集の年収が半端ないから無理からぬことでは
ありますが ・・・

驚いたのは、4年間在学して1度も実習(化学分析など)
をしたことのない生徒がいたこと。むかしは、オール
マイティーを目指した教育(なれたかどうかは別)で、
実習は必須でした 。授業はさぼっても実習は必ず出た
ものです。薬剤師に問われる職能が変わってきたという
ことでしょうか。

卒業すると年に1回薬剤師の国家試験があります。合格
率はその大学の評価となりますが、合格率を上げるため
にそもそも卒業率が悪かったりして。
私の時代は国家試験が年に2回ありました。いや、父の
時代なんて戦時中で無試験だったから、父も大きなこと
は言えなかったでしょう。

薬剤師が増えると合格ラインを上げ、減ると下げるとい
う話を聞きます。でもこれからは常識問題を3つ4つ入
れ、それを間違えるといくら得点が高くてもアウトにな
るのだとか。

他の国立大学の先生に聞いた話だと、いまは大学1年生
というより高校4年生という感じなのだとか。なかなか
自分から発想することが出来ないので、教育も変わって
いくだろうとおっしゃっていました。