夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 続・なつかしの鉄道博物館

ブログ

blog

続・なつかしの鉄道博物館

二階に行くと、鉄道にゆかりのある展示がありました。

むかしの改札口。

崎陽軒のシュウマイ売り。
駅弁の最初は、宇都宮駅で売ってたおにぎりだそうです。

他の展示物の半分ぐらいは旧交通博物館にあったような。
あまり動きもなく、子供たちにはちょっと退屈かもしれま
せん。

いよいよ博物館のメインとなる巨大レイアウトへ。
子供の頃万世橋の交通博物館に通ったのも、このレイアウト
が見たかったため。レイアウトとは、いまで言うジオラマ
のことで、歴史がめっちゃ古い鉄道模型の世界ではなぜか
こう呼ぶようです。

会場に入るともう走行が始まっていましたが、席がいっぱ
いで奥の上の方に座らせられました。照明が変わって朝⇒
昼⇒夜⇒朝と再現していきますが、全体的にうす暗く、席
も離れているのでよく見えない。むかし、ガラス越しにか
ぶりつきで見てたときの方がよかったなー。しかも、現役
の現役の電車ばかりというのもいま一つ。

デモストレーションが終わっても、いくつかの電車は走っ
てて、そばで見ることが出来ました。こっちの方がよく見
えてよかったです。でも、ジオラマとしては生活感がなく、
臨場感に欠けてます。

一階に戻り建物の外に出ると、乗り物のミニ新幹線があり
ました。

発車間際で何も考えずに乗り込むと、まわりは親子連れ
ばかり。オジさん二人は浮きまくりです。外観はよく出
来ているのに中はただの箱。暑い日だったので、狭い車
内はムンムンです。これは真夏はヤバいでしょ。

博物館を一周するのかと思いきや、100メーターほど動い
て折り返し。えーっ!おさるの電車より短い。
折り返した駅には親子連れがずらりと待ってました。降り
るのがちょー恥ずかしい。そこで、二人ともスーツ姿だっ
たので、他のテーマパークから視察に来たようなふりをし
て降りました。

見学の感想
古い列車の展示は興奮しましたが、他の展示がいま一つ。
特に期待していたレイアウトがイマイチだったのでちょっ
と残念でした。