夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » 新着情报 » 健康アドバイス » 育児の困ったにおすすめ!夜泣き・寝グズリ・夜驚症 その違いと対処法

健康アドバイス

advice

育児の困ったにおすすめ!夜泣き・寝グズリ・夜驚症 その違いと対処法

赤ちゃん(0歳児)は泣くのがあたりまえ。言葉が話せない赤ちゃんにとって、泣いて訴えるのが唯一のコミュニケーションです。でも、夜になって理由もなく泣きだし、いつまでも泣き止まないとほんとに困りますね。「夜になるのが怖い」という新米ママも多いのでは?

赤ちゃんが睡眠中に泣くのは3つのパターンがあります。

夜泣き

生後半年ごろから、赤ちゃんが理由もなく夜中に突然泣き出すこと。昼間は元気に遊んでいて、寝る前もご機嫌だったのに、夜中に急に泣き出していくらあやしても泣き止まない。具合が悪そうでもなく、おむつも濡れていないし空腹でもなく、なんで泣いているのわからないのが夜泣きです。

その原因は、成長に伴って心と身体のバランスが崩れていたり、昼間体験したこで興奮状態になっていると考えられます。

寝ぐずり

夜泣きは赤ちゃんが寝ついたあとに泣き出すことをいいますが、寝ぐずりはお昼寝前や夜寝る前に泣いたり、機嫌が悪くてぐずったり、だだをこねてなかなか眠りにつかないことをいい、生後半年から2歳までが多いようです。

その原因は諸説ありますが、お子様が「眠たいのに眠れない」「まだ遊びたい」「寝るのが怖くて誰かそばにいて欲しい」と訴える自我の芽生えともいえるそうです。

夜驚症(やきょうしょう)

夜泣きは浅い睡眠の途中で泣き出しますが、夜驚症は深い睡眠の途中で泣き叫ぶような症状です。3歳から7歳くらいの幼児が多く、脳の一部だけが起きててほかは眠っている状態なので、声をかけても反応せず、まわりは心配になります。

原因は、お子様の不安や、「嫌だ」「怖い」という気持ちから起きるといわれています。

そのほか「たそがれ泣き」というのもありますが、これは「かんむし」に近い症状なので今回は省略しましょう。

夜泣き・寝ぐずり・夜驚症の対策は?

調べてみるといろんな方法があり、悩んでいるお母さんがいかに多いかがわかります。
その中で、もっとも科学的な方法は入浴ではないでしょうか。

少しぬるめのお風呂にゆっくり入ると、身体をいやす副交感神経が高まり、身体をリラックスさせます。また、身体の深部の体温が下がると眠くなるので、就寝1時間前の入浴が最適。それは、入浴によって深部体温を温めると、その後下げようとする力が働き、深部体温が急激に下がってスムーズな入眠につながるからです。

夜驚症については、お子様の根本の不安を取り除き、気持ちをリラックスさせてあげることが重要でしょう。

宇津救命丸もお手伝いします

夜泣きも寝ぐずりも自律神経のバランスが崩れて起きる症状。宇津救命丸は生薬の力でそのバランスを安定にし、その場しのぎの対処法ではなく、根本から夜泣きを改善します。

夜驚症についても、宇津救命丸の自然の生薬の作用で、お子様の高ぶった気持ちを落ち着かせることが出来ます。

赤ちゃんがぐっすり眠って、静かな夜を迎えたいですね。

夜泣き・かんむし・胃腸虚弱に効く「宇津救命丸」のご説明はこちらから