夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 東京湾横断旅行

ブログ

blog

東京湾横断旅行

先月(11月)は大学時代の友人の同窓会旅行が3つも重なりました。


一つ目はブログにも載せた酒好き集団と河口湖へ。二つ目は卒業
以来40年ぶりの同級生たちが実家に来て、柿採りして帰りました。
最後は自動車部時代の仲間3人で、勝浦と横浜へ行ったのです。
なぜ方向違いへ? それは後ほど。
仲間一人が大病をし、治ったということで3年ぶりに4人で会う
のを楽しみにしてましたが、今度は喘息になり、結局また3人に
なりました。薬剤師の不養生。年寄りは身体に気を付けないとい
けません。
自動車部出身だけあって、若い頃はみんな運転をしたがったもの
ですが、年をとるにつれ運転をなすり合いするようになりました。
今回も誰が車を出すかで譲り合いです。私もたまには楽がしたい。
友人の買ったばかりの新車で行こうと言ったら、潮風で塗装が痛む
から嫌だと拒否られました。いつの時代の新車なの? でも彼は車
を出さずに正解でした。それも後ほど。
結局、もう一人の6年オーバーの車で行くことに。
今回の主旨は、観光よりも美味しいものを食べようというもの。
お昼をどこで食べるかという話に、一人が房総に美味しいドイツ
料理店があるとのこと。せっかく房総に行くのに? ということで、
九十九里にある海鮮の店に行くことにしました。
ここは何回か行ったことがあり、ハマグリなどの貝を炭火で焼いて
食べるのです。人気のお店ですが、前回行った時より倍ぐらい広く
なってました。
ku031.JPG
我々が頼んだのは、ハマグリ、サザエ、ホタテのセット。いま食品
偽装が問題になってますが、九十九里産のハマグリと他のハマグリ
では値段が倍も違います。ここまで来たら、やっぱり九十九里産で
しょう。
fu (2).JPG
今日の宿は、友人が入会しているリゾートクラブ。残念ながら温泉
ではないので、「温泉に入りながら海が見たい」と切望し、日帰り
温泉に寄ることに。ネットで調べておいた場所に行くと、なんだか
巨大な建物です。
中に入って料金を払おうとすると、入場料は1人1890円!!
「高い!!」という抗議を無視し、会計幹事の強権発動でチケットを
購入。ところが、予想に反してお風呂から海はまったく見えません。
それでしばらく二人から文句を言われ続けました(心が狭い)。
でも、お湯はこげ茶色をしており、なかなかいいお湯でした。
海辺に建ててなんで海が見えない?
fu (1).JPG
突然ですが、会計幹事の心得は?それは、なるべくお金を細かく
崩しておくこと。なぜなら、最後に余った会費を分配するとき、お札
が残ると崩さなくてはならず面倒だからです。受付の近くに両替機
があり、これ幸いと千円札をザクザク崩しました。
海を眺めながら、宿に向かってドライブ。みんな昼にビールを飲ん
でるので、もちろん運転は私です。むかしは車に乗った途端飲んで
たから、62歳で少しは大人になりました。
途中コンビニに寄り駐車場に停めると、隣の車が急にバック。何を
思ったかハンドルを切りながらバックしたので、バンパーで友人の
車のボディをガリガリ。しかも、降りてきた青年は手に棒アイスを
持ってます。いやはや信じられません。。
相手は全面的に非を認め、示談で即決。新車を買った友人が「乗っ
てこなくてよかった~」と一言。
ホテルは冷蔵庫がカラということで、ここで飲み物を買いました。
もちろん、万札を崩して。
ホテルは高台にあるタワーで、部屋から素晴らしい眺望が望めます。
大浴場もありますが、温泉でないのが残念。
ho (1).JPG
sa (2).JPG
夕飯は、ホテルで聞いた地元の割烹へ。駐車場は満車に近く、なか
なかの繁盛店の様子です。席についてメニューを見るとリーズナブル
な値段でどれも美味しそうなものばかり。取り合えず刺身の盛合せ
と大好物の金目鯛の煮付けを注文しました。
さし.JPG
マグロは赤身ながら、今まで食べたことのないような美味しさ。
金目の煮付けは、1800円でまるまる一尾です。本場の伊豆で食
べたときより安くて美味しかったです。
サイズがわかるように指を入れて撮りました。
kin (1).JPG
生牡蠣も旬です
kin (2).JPG
満腹になってホテルに帰ると、地獄の時間が待ってます。ゲーム好
きの友達が、いろんなゲームを持ってきてやらされるのです。
麻雀ならともかく、62才を過ぎた年寄りがファミリーゲームで真剣
にバトル。お酒の量はほどほどなので、早く就寝となりました。
翌日、遅い朝食のあと出発し、勝浦の海中公園に。チケット売り場
の前で、見知らぬ家族から割引券をもらいました。親切な人もいる
もんですが、モロ売り場の前というのがちょっと・・・
展望室は水深70mにあり、いろんな魚が泳いでいます。
tou083.JPG
まるで水族館のよう
mure078.JPG
ずいぶんいるなと思ったら、どうも上から餌をまいてるようです。
sa (1).JPG
お昼は、最初にドイツ料理を提案した友人が、今度は中華を提案。
まあ、魚はたっぷり食べたので、それもいいでしょう。「場所は?」
と聞くと「横浜」と。よ・横浜 !? まあアクアラインで行けばそう
遠くはないですが・・・というわけで冒頭のように勝浦から横浜へ。
アクアラインはいま800円ですが、また3000円に戻る可能性
があるらしいですね。森田知事も大変です。
中華街に行くと、日曜ということもあって凄い人。外国人も沢山見
かけます。
hito104 (1).JPG
目的の店は叉焼が有名で、ショーウィンドに焼豚がぶら下がって
ました。
つる104 (2).JPG
外で20分ほど待たされましたが、お土産だけ買ってく人もいます。
やっと中に入れてもらい、叉焼と皮付き豚バラ肉とソバを注文。
buta.JPG
自分のおみやげに叉焼とスペアリブを買いました。
cha.JPG
ここで問題発生。張り切ってお金を崩しすぎ、大きなお札があり
ません。まさか硬貨だけで払うわけにも行かず、仕方なく自分の
持っるお札と交換。おかげで財布は小銭でパンパンです。原因は、
集めた会費が少なく分けるほど残らなかったこと。
千葉に旅行に行って、横浜で昼食。家内に言ったら「あなたたち、
変わってるねー」。