夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 3丁目の夕日

ブログ

blog

3丁目の夕日

だいぶ前ですが「ALWAYS 続・三丁目の夕日」という映
画のDVDを見ました。


この映画がヒットしたのは、映画のストーリーもさることな
がら、やはり団塊の世代の人たちのノスタルジーでしょう。
私は団塊の世代よりも若干若いのですが、映画の設定の
昭和34年には8歳だったので、前作も含めて懐かしい場
面がいろいろ出てきます。
特に印象に残ったのが、前作の家に初めてテレビがくる
シーンで、テレビや電気冷蔵庫の出現は、生活まで変え
る革命的なできごとでした。
それまでの冷蔵庫は木製で、氷屋さんがリヤカーで氷を
運んできて、ノコギリで切って入れていきました。
当然氷は2~3日で溶けてしまいます。ですから冷蔵庫
というよりは、保冷庫といったほうが適切かもしれません
(テレビについては次回特集で)。
私が小さいころ、田舎にあった電話はまだ交換台を呼び
出すタイプでした。
電話をかけるときはハンドルを廻して交換台を呼び出し、
番号を告げると一度受話器を置いてつながるのを待って
います。急ぐ時は交換台に[至急」と告げるとすぐにつな
げてもらえますが、たぶん特別料金をとられたのでしょう。
電話も各家庭にはなく、電話のある家は近所の人に貸し
てあげたり、「呼び出し」といって近所の人にかかってきた
電話を取り次いであげたりしていました。友人によると、
当時の電話帳には、呼び出しの家は「呼」と書いてあった
そうです。
とにかく近所の人はみな親切で、いまのように隣の人に
殺されたり、嫌がらせをされたりする殺伐とした時代では
考えられません。
家の周りに住んでいる人はほとんど顔見知りで、お店に
行けば「どこどこのぼうや」とみんな知っていました。
映画のなかの登場人物のように、お節介な人がいたり、
事情通がいたり、おしゃべりな人がいたり・・・でも人情
があって、それで街の秩序も保たれていました。
話しは映画に戻りますが、この映画は模型好きにも見所
があります。
大阪に行く列車の「こだま号」とか、アメリカに飛び立つ
飛行機は一部模型で、CGとの組み合わせでほとんど本
物と見分けが付きません。飛行機にいたっては、わざわ
ざアメリカまで行って、実在する現役の飛行機の音を録
音して来たとか。
最近の映画は洋画の影響(制作費のケタが違いますが)
か、リアリティーを追求し、当時の場面が細かく再現され
ています。いま上映中のインディー・ジョーンズなどは、
CGもセットも使わず街ごと1950年代に変えてしまって
いました(内容は???でしたが)。
そこまでして、やはり印象に残る映画は作られるのでしょ
う。