夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 停電

ブログ

blog

停電

先日東京で大規模な停電がありました。
うちのオフィスはまったく影響なかったので、出張に行っ
てる社員からの電話で初めて知り驚きました。
新宿区は百数件しか停電にならなかったのに、うちは選
ばれた1件らしく15分ほど停電になったそうです。
原因は35年前の送電線の漏電だそうですが、いまの日本
で、しかも東京でそんなことが起きるとは。
東京で停電になることは滅多にありまさえんが、15年ぐら
い前に自宅周辺が1時間ぐらい停電になったことがあり、
真夏の暑い夜だったのでほんとに困りました。
外の方が涼しいので出てみると、月明かりに人が集まっ
てるのが見えました。どうやら原因は、近くの電柱の上の
トランスに雷が落ちたらしいのです。
所在なくみんながたむろしていると、サイレンを鳴らしな
がら東京電力の作業車が来ました。ちなみにサイレンを
鳴らしていい車両は・・・長くなるのでやめます。
作業員が電柱に登りクレーンでトランスを交換。30分ぐら
いで作業は終わり、一斉に電気がついたときは拍手が起
きました。東京電力もいろいろあったけど、こういうときは
頼もしいです。
うちの実家の宇都宮周辺は雷の通り道。むかしは夕立が
来ると落雷ですぐ停電になりました。
停電じゃなくても、よく実家の電気は切れました。当時は
家の変圧器の容量が小さく、新しい家電を使ったりすると
すぐヒューズが飛びました。いまはブレーカーがあります
が、むかしはヒューズ(たしか金属のスズ線)がその代わ
りで大容量の電気が流れるとパチッと溶けて切れるのです。
だから予備がないと、切れたら一晩中真っ暗。別の金属
線を代用し、火事になった家も少なくないとか。むかしは
漏電で火事になることも多かったのです。
まだ子供の頃、通りの反対側で大火事があり、あたり一面
が真っ赤な炎に包まれました。原因は漏電と聞いて、子供
心にも怖いものだと刷り込まれました。
最後にもう一つ停電の話題。
東北大震災のあった年の夏、節電ということで各地が順番
に停電になり、各地で大きな影響がありました。
でも、うちの自宅のある新宿区と、工場のある高根沢が停
電になることはありませんでした。それは、新宿区には都
庁があり、高根沢には御料牧場(皇室専用の牧場)があっ
たからでは? これは私の想像でしたが、関係者に聞くと
あながち外れではないようです。
私のブログとしては異例のスピード更新。
写真を入れないと楽なんです。