夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 最近の失敗は・・

ブログ

blog

最近の失敗は・・

ATMの不思議
スーパーにある足利銀行のATMに記帳をしに入りました。
機械に通帳を入れると「この通帳は取り扱い出来ません」
と出てきました。何度やってもダメ。なんで?
まだ新しい通帳で余白もあるし、磁気が消えるには早す
ぎる。

あきらめて出て、不思議に思って振り返ると、そこには
足利銀行と栃木銀行の名前が2つ。エーッ!

栃木銀行はローマ字で書いてあるので気づかなかったよ
うです。もう一度入ってみると、違う銀行のATMが2台
並んでいました。東京では見ない光景です。
そりゃ、違う銀行のATMに通帳入れても記帳する訳あり
ません。

路上駐車の代償
栃木県庁で会議があり、ちょっと気取って自分の持って
いるベスト2のスーツを着ていきました。

車で帰る途中、県庁の写真を撮ろうと思い路上駐車。
車を降りていいアングルを探すうちに車から離れてしま
いました。都心でちょっとでも停めておくと、すぐ駐車
違反でアウトです。

車が気になり、写真を撮って急いで戻ろうと小走りに。
しかし、ゆるい下り坂だったのを見誤りました。勢い
がついたときに歩道のちょっとした出っ張りにつまずき、
あっという間に空中をダイブして滑り込み。

周りに人がいなかったので恥ずかしい思いはしなかった
のですが、膝に激しい痛みが。まずい!と思って立ち上
がって膝を見ると、両膝のズボンに大きな穴が空いてま
した。2番目にお気に入りのスーツが・・・

メガネも吹っ飛んでレンズに大きなキズが出来てました
が、幸い顔は軽い擦り傷。とっさに手をついて守ったの
でしょう。上着も奇跡的に無傷でした。
妻に電話で事の次第を報告すると「骨でも折らなくて
よかったじゃない」と。

後日その話を知人にすると「やさしい奥さんですね。
ふつうは、何やっての!って罵倒されますよ」と言われ
ました。

その奥さんがやらかしました。

折り損の・・・
去年買ったばかりの炊飯器のスイッチが入らなくなりま
した。メーカーに問い合わせると、修理には買った店に
持って行って欲しいと。

繁華街にある量販店だから駐車場がありません。400
メートルぐらい離れた駐車場に停めて持って行くと、炊
飯器が重いのなんの。鉄窯だとかなんだとか機能が付い
たので重たくなったのかな。

お店の1階で修理受付の場所を聞き、6階の家電売り場
に持って行くと、修理は別棟だと。「エ~ッ!話が違う」。
そう言うと、その店員さんが持って案内してくれました。
腕が抜けそうなほど重いのに店員さんも大変です。

やっと修理の受付に持って行くと、蓋を開けた店員さん
がけげんな顔で「あのー、水が入ってますけど捨てて
いいですか?」と言いました。えっ⁉
妻が重さをかければスイッチが入るかと思い、釜いっぱ
いに水を入れ、捨てるのを忘れていたのです。
まったく!重いはずです。

タイヤ交換
工場のバンのスタッドレスタイヤを、普通タイヤに換え
るのを若い社員に頼みました。

むかしはパンクしたら自分で交換しタイヤのローテーション
も自分でやったものですが、いまの人はタイヤ交換をし
たことがないとか。彼に教えてあげようと思ったら、
ガソリンスタンドでバイトしてたから出来ますとのこと。

最初、ジャッキアップとか手伝ってましたが、かえって
ジャマ。彼の方が手際がいいのでむかし取ったきねずかも・・・。
入れ替えは彼に任せ、タイヤをビニール袋から出し、外
したスタットレスを入れてました。

するとタイヤをはめていた彼が「社長!これさっき外し
たスタットレスですよ」と。せっかくビニール袋に入れ
たのに、なぜかまたそれを出して渡していたのです。
かくして彼はタイヤ5本を替えることになり、手伝う
つもりがとんだじゃま者でした。

女性専用
最近の電車には女性専用車両があります。
女性専用は9時半までですが、9時半ちょうどに駅に着
いた車両には当然女性しか乗っておらず、乗るのに躊躇
します。しかしなぜ女性専用車両は端にあるのでしょう。

先日、約束の時間に遅れそうで、ホームに着いた車両に
飛び乗りました。ホッとして周りを見ると、女性たちの
冷たい視線。ヤバイ、女性専用車両だ!しかも時間は
9時25分。中をかき分けて次の車両に行くわけにもいか
ず、次の駅までの時間が長いこと。

「女性専用は男性蔑視」と、わざと乗り込んで電車を遅
らせた男性がいますが、彼の心臓は鉄製でしょうか。