宇津救命丸公式サイト|夜泣き、かんむしには宇津救命丸

Home » 非公開 » 腸内フローラを整えて腸内の平和を取り戻そう!

非公開

%e9%9d%9e%e5%85%ac%e9%96%8b

腸内フローラを整えて腸内の平和を取り戻そう!

おなかは健康のバロメーターとも言われていますが、おなかの調子が身体全体の健康に影響を与えることがわかってきました。 そこで、おなかと健康についてのお話です (一部は中国で行われた腸内フローラフォーラムで発表された話に基づいています)。

腸の中の細菌たち

大腸と小腸の間にいる細菌は1000種類以上、100兆個以上もいるといわれており、その総重量は1.2キロにもなるとか。その菌は、乳酸菌、ビフィズス菌などの「善玉菌」、ブドウ球菌などの「悪玉菌」、大腸菌などの「日和見菌」に別けられます。読んで字のごとくで、「善玉菌」は身体を健康に保つヒローたち、「悪玉菌」は平和を乱す悪者、「日和見菌」は普段おとなしく、騒ぎが起きると良くも悪くも調子に乘っちゃう群衆、といったところでしょうか。
腸内フローラには善玉菌日和見菌悪玉菌がいます

腸内フローラと第2の脳

菌たちの住み家は腸内細菌叢(そう)で、腸内フローラとも呼ばれています。それは、「顕微鏡で見ると花畑のようなので」と聞きますが、実際のfloraの訳は植物群で、花畑とは少し美化していますね。

この腸内フローラは、第2の脳と言われるほど最近は重要視されてきました。
「腸脳相関」といって腸と脳には密接な関係があり、ストレスを感じるとお腹が痛くなる話はよく聞きますが、マラソン選手が大会が近づくと腸の中の菌が増えてくるという実例もあるそうです。

また、腸の細菌が神経系を通じて脳にシグナルを送り、頭の中や身体の部分に影響が出るという話もあり、その代表的な例が自閉症の改善で、腸内環境を整えることにより、子供のひきこもりが改善出来たという論文があります。

腸内フローラは第2の脳とも言われています

腸内フローラの重要性

最近の研究では、腸内フローラの変容によって、肥満、糖尿病、動脈硬化、アレルギーなどの生活習慣病、大腸ガン、肝臓ガンなどの重篤な病気、自閉症、認知症、アルツハイマー病などの神経病になりやすいというデータがあるそうです。いかに腸内の健康が大切かということですが、逆に言えば腸内を健康にしておけばこれらの病気は・・・。

ヒーロー菌の活躍(ヒーロー菌は当社の呼び名です)

腸の平和を守るヒーロー菌の代表は、乳酸菌やビフィズス菌です。
乳酸菌の力もだんだん解明されてきて、おなかの調子を整えるという他に、最近ではかぜの予防や免疫力アップ、アレルギー発症予防効果があるというデータもあるようです。でも乳酸菌には沢山の種類があり、すべての乳酸菌がそうだという訳ではありません。

腸内フローラの乱

普段の腸内は、善と悪が共存して平和が保たれていますが、食事や加齢、抗生物質などの影響でヒーローたちが疲れ減少してくると、これ幸いに暴れ出すのが悪玉菌、それに乗じて加勢するのが日和見菌で、いっきにバランスが崩れてきます。腸内フローラで悪がのさばると、便秘や下痢、アレルギーの他、上記のような病気にまでなりやすくなるといわれています。

腸内フローラのバランスが乱れると、便秘や下痢など様々な病気にかかりやすくなると言われています

善玉菌の援軍

疲れ果て減少したヒーロー菌たちをどうやって復活させるか。
究極は、元気な人のヒーロー菌をそのまま援軍として送り込むのが一番いいそうです。つまり、う○ちを製剤化して飲ませるということで、海外ではれっきとした医療として実施されているそうです。

もちろんそこまでしなくても、食事で摂ることが出来ます。最近「腸活」なんて言葉も聞きますが、援軍となる善玉菌を含む発酵食品や、善玉菌を元気にするエサとなる食物繊維・オリゴ糖などを摂りましょう。
その他に、手軽に効率よく援軍を送り込み、腸内の平和を取り戻せるのが整腸薬です。

整腸薬の選び方

いま、乳酸菌が大ブームで、医薬部外品からサプリメントまで沢山の商品が出ています。乳酸菌は間違いなく善玉菌のヒーロー代表ですが、最近では一定量を飲み続ければ、腸に届くのに必ずしも「生きたまま」でなくてもいいというのが定説のようです。

そして、もっと乳酸菌が活躍できるように「糖化菌」「酪酸菌」を加えたのが「宇津こども整腸薬TP」です。

乳酸菌、糖化菌、酪酸菌は相性がよく、お互いに助け合って増えていく腸内の三銃士です。また、8mぐらい長い小腸と大腸は、場所によって環境が違いますが、3つの菌は活躍する場所がそれぞれ違うので、腸内全体によい影響を与えます。
宇津こども整腸薬TPで腸内の平和をとりもどしましょう。

宇津こども整腸薬TP