宇津救命丸公式サイト|夜泣き、かんむしには宇津救命丸

Home » ブログ » お見舞い申し上げます

ブログ

blog

お見舞い申し上げます

このたびの台風19号で被害にあわれた方に、心からお見舞
い申し上げます。

東京にいながら、刻々と入る各地の被害を見て心を痛めて
おりました。。

郡山の友人の薬局も床上浸水し、後始末が大変だそうです。
近くの高校の生徒が、ボランティアで手伝ってくれて助
かったと言ってました。

栃木県も数カ所で洪水が発生し、うちの工場を心配された
方々からご連絡を頂きましたが、工場や古い建物はとくに
被害はありませんでした。

予報で「今までに経験したことのない雨と風」と聞いてい
たので、薬師堂や観音堂がどうなるか心配しておりました。
近くに大きな川はないので洪水の心配は無いのですが、風
で屋根が吹き飛ばされないかとか、木が倒れて近所に被害
を与えないかとか・・・

私がまだ幼少の頃、敷地内の堀には常時水が流れていたの
で、大雨が降ると水があふれ、たびたび庭が水没しました。
あたり一面が茶色い水で覆われ、池も川も区別がつかず、
怖くて歩けなかった記憶があります。あんな狭い堀でさえ
そうでしたから、河川の氾濫など想像もつきません。

その後、農地改革で水門が出来、田植えの時期以外は水を
止めるようになって、水があふれることはなくなりました。

東京の下には巨大な貯水施設を造り、今回の雨でも被害を
抑えたと聞きます。大きな河川のそばにも、そのような施
設が造れればいいですね。

まだまだ停電や断水が続いている所もあるようで、いっと
きも早い復旧を祈っています。