宇津救命丸公式サイト|夜泣き、かんむしには宇津救命丸

Home » ブログ » サファリパーク

ブログ

blog

サファリパーク

暗い話題ばかり続いたので、今回は明るい話題を。

今年の初めに、息子夫婦と孫と一緒に富士サファリパーク
に行ってきました。

最近、孫は動物に興味を持ち出しました。
以前、息子がサファリパークに連れていく約束したのに、
大人の事情で上野動物園になってガッカリしてました。
それ以来サファリパークは孫の悲願。
ちなみに尊敬する動物は「サイさん」だそうです。

むかしサファリパークに行ったのは、まだ子供が小さかっ
た30年ぐらい前。マイカーで園内を回れるのがウリでした
が、動物に傷つけられそうでヒヤヒヤ。ダチョウに迫られ、
バックで逃げたこともありました(当時はまだ空いていた)。

途中、割引チケットをセブンイレブンで購入。4人分だと
割引金額もバカになりません。

園内をマイカーで回れば入場料だけですが、むかしの悪夢
がよみがえり別料金で巡回バスに乗ることに。クマやライン
にエサやり体験も出来るとのこと。

バスの形はライオンや象など10種類ぐらいあり、発車時
間によって変わります。次はサイバスで、孫が乗りたいと
言ってたので、ちょうどよかった。

今回は見送ったライオンバス。

入口はジュラシックパークみたいです。

動物の種類によって隔離されてて、最初はクマゾーン。
野生とはいえ緊張感ゼロ。なんて油断してたら大変なこと
になります。

次はライオンゾーン。
エサをもらえる場所がわかってて、ちゃんと左右に分かれ
て待ってます。目の前に来るので迫力ですが、来るのは
メスライオンばかり。

オスはグータラ寝ています。

まあ、そうじゃないママライオンも。

運転手さんの説明が面白く、飽きさせません。
孫は、尊敬するサイさんを見て大興奮。

各所に監視員の車がいます。過去に車から客が降りて大事
故になったことがありましたからね。人件費が大変そう。

最後のエサやり体験はラクダ。
ラクダのケンカは唾をかけあいますが、じつはあれはゲロ
だそう。最悪な動物です。

一周回って帰ると、レンタルのサファリカーが何台もあり
ました。4人で乗れば高くない。また来る機会もなかなか
ないので、ここは大盤振る舞い。お昼を食べてから借りる
ことに。

お昼を食べ、サファリカーの予約時間までふれあい牧場へ。

サファリカーの車体はかなり汚れてて、やっぱりマイカー
で回らなくてよかった。

ほんとの名前はナビゲーションカーだそうで、車載の
タブレットで各動物の説明が聞けます。さっき一度説明を
聞いてるのでよりわかりやすかったです。

4輪駆動で、マイカーが入れないところにも入れ(指定さ
れた場所で)、窓からエサやり体験も出来ます。バスより目
線が低いので、動く動物がより迫力。
トラが路を横切ったり、チータがスタスタ歩いたり、像が
接近して来たり。バスとはまた違った体験が出来ました。


午後になると、各所にマイカーとサファリカーとバスが停
まっていて、道路が渋滞気味。一周するのにかなり時間が
かかりました。

おみやげにサイのサファリバスを買ってあげ、孫も満足し
た様子です。

今度はライオンバスに乗りたいと言ってるので、早くこの
コロナ騒動が終わればいいですが。