宇津救命丸公式サイト|夜泣き、かんむしには宇津救命丸

Home » ブログ » マスク諸事情

ブログ

blog

マスク諸事情

コロナウイルスが猛威をふるい、テレビで連日のように報
じられ、マスク着用を着用する人がだいぶ増えてきました。

1月中旬に、東京の電車内でマスクを付けてる人は3割
ぐらいでしたが、いま(2月初旬)は7割ぐらいに増えたで
しょうか(私調べ)。

以前サーズが流行したとき、マスクメーカが一気に数倍に
増えたそうです。でも、自社で製造している所はその何割
か。そのほとんどが中国で生産されてるそうですが、日本
に来た中国の旅行者が買って中国に送っていたというから
変な話です。

都内のドラッグストアでマスクが品切れ始めた頃(1月末)、
実家のある栃木の量販店ではまだ在庫がありました。
友人のマスクメーカーの社長に聞いたら、もうメーカー
在庫が無く、生産メドもたたないとのこと。こりゃ大変。

なぜなら、工場の衛生管理上マスクは必須だからです。
納入業者はもう品切れで、2月上旬には入ると言ったそう
ですがそれは怪しいぞ。もちろん工場に在庫はありますが、
無くなったら仕事になりません。

そこで少しでも確保しようと量販店に買いに行きました。
少し前まで1人5箱だったそうですが、いまは1人1箱に。
焼け石に水でも買って帰りました。
後で聞いたら家電量販店が意外な店が穴場だったとか。

ある日、地元の町内放送で「WHOが緊急事態宣言を発令
しました」なんて流れてちょっとビックリ。そのぐらい
インパクトがないと、なかなか手洗い・マスクは慣行され
ないのかも。

東京に戻り、通勤時にマスクを忘れてドラッグストアーに
入ったらほんとに品切れでした。と思ったら、妻が100円
ショップでマスクを買って来ました。30枚100円。
品質はどうなってるのかな?

中国では、使って捨てたマスクを集め、また売った人がい
るのだとか。でも、日本では5百円のマスクがネットで2万
円で売られ他国の人のモラルのことは言えないです。

中国でインフルエンザが流行ると、珍妙なマスクをする人
が出てきます。以前はブラジャーをマスクにした人がけっ
こういましたが、今回の珍妙大賞はスイカやカボチャを半
分に切ってマスクがわりにした人たち。水分はあるしお腹
すいたら食べられるし・・・

太いペットボトルをすっぽりかぶった人がいました。
ウイルスは目からも入るそうなので、ナイスアイデアかも。

公共機関はもちろん、お客様相手のデパートの案内係も
マスクを着用。ふつうはマスク着用なんてとんでもないと
言われるお得意先相手の展示会も、今回ばかりはマスク着
用を推奨しています。

むかしマスクは布で洗って使いましたが、いまは1回づつ
の使い捨て。いま、中国と日本の1日のマスクの消費量っ
てどのぐらいになるのでしょうか。

この騒動がどのくらい続くかわかりませんが、使い捨てだ
からと言ってどんどんマスクを使ってしまうと、ほんとに
蔓延してきた時にあるのかが心配です。

お昼を食べに地下の食堂に行ったとき思いました。
密閉された部屋に沢山のお客さんが向かい合わせの席で話
をしながら食べてる。店員さんは大きな声を出しながら
料理を運んでくる。この過密の都心で発生したら・・・

皆さんも、うがい・手洗いは忘れずに。