宇津救命丸公式サイト|夜泣き、かんむしには宇津救命丸

Home » ブログ » 別れ

ブログ

blog

別れ

札幌に独身で一人で住んでる大学からの友人がいます。
年に一度10月に旅行会があり、ここ数十年来、彼は毎年
参加していました。

今年も予定を決めようと彼の携帯にメールをしたら、受信
不能のメールが。几帳面な彼が連絡なしでアドレスを変え
るわけないし・・・そういえば、以前友人が彼のPCにメール
を送っても届かないと不思議がってました。その時はそん
なに気にもしてませんでしたが・・・。

自宅に電話をしたら「この電話は使われていません」と。
携帯があるから倹約のために解約したのか?と、一途の望
みを持って携帯にかけたら、同じ答えが返ってきたので
ビックリ。これは何かあったとしか・・・

彼の親戚や札幌の友人の連絡先も分からず、翌日、職場に
電話をしました。すると悪い予感が的中。4月の末に亡く
なったとのこと。

しばし茫然。
あんなに元気だったのに。その8日前にメールのやり取り
をしてました。メールじゃなくて電話で話せばよかった。

その後、つてをたどって多少の情報がわかりました。
もともと心臓が悪かったから多分それが原因ではないかと。
札幌に友人はいたので、飲み会の席とか職場で倒れたら何
とか助かったのではと思うととても残念です。

大学1年のとき同じクラスで、人なつっこく話してこられ、
それから50年の付き合いでした。
彼とはいろいろな思い出があります。

若いころは人に無理強いするところがあって、餃子はラー
油で食べるものだと言い張り人にも強要。
すき焼きをしたときは、これが正式と強引に肉を全部先に
入れ、煮すぎて固くなり全員からブーイングなんてことも。

スキーで山の頂上でコーヒーを入れて飲むと言い張り、一式
持ってコッフェルで湯を沸かして飲みました。が、すぐに
コップが冷たくなるほどの寒さ(また持ってきたのがアルミ
のコップ)。その後二度とやると言わなくなったから懲りた
んでしょう。

一緒に新宿の立食い寿司屋に行ったとき、コハダを20個
頼んで片っ端から食べ続けました。このとき変な奴だと思
いましたが、後で聞いたらコハダは安いからだという理由
でした。

倹約を理由に、定食はいつも味噌汁無し。それでご飯を食
べる前に必ず人の味噌汁に箸を入れ、濡らし食べてました。

校庭でアイスクリームを食べてたら、アイスがポロっと地
面に。すると彼は、すかさずパッと拾って食べました。
すぐ拾えば平気だと。彼は3秒ルールの元祖です。

歯が丈夫なのが自慢で、受け狙いで歯でビールの栓を開け
てました。いまになって歯が弱ったと後悔しきり。

歯は丈夫でもお腹は弱く、よくお腹をこわしてました。
スキーに一緒に行ったとき、頂上でトイレに行ってしばら
く帰らない。極寒の吹雪の中で待たされ、凍えました。

彼はワンゲル部だったから、力は強かったです。
校庭の横に車を止めようとしたら、軽が変な停め方をして
て停められない。そこで彼と仲間は軽を持ち上げ、動かし
てスペースを作ってくれました。

当時、大きなフォグランプを車のバンパーに付けるのが
マニアで流行。彼はそれを父親所有のフェアレディZに付
け、お披露目すると言って得意気に校庭に乗り入れて来ま
した。でも、目測を誤って壁に激突。大きな音とともに
2つのフォグランプはオシャカとなりました。

彼は「アラビアのロレンス」が大好きで、レーザーディスク
を買いました。でも再生機器を持ってない。たぶん一度も
見なかったことでしょう。

荒井由美の歌が好きで、酔うと低音・音痴で歌い出し恥ず
かしかったです。

数年前に彼もスマホに換えましたが、起動するのに認証が
いります。彼は面倒な暗証番号にし、しかも老眼だから
時間がかかる。だから写真を撮るときいつもシャッター
チャンスを逃してました。

私がブログを始めたとき、人の生活なんかに興味ないと言っ
てましたが、いつの間にかファンになっていて、いろいろ
感想や指摘をしてくれました。いつも楽しみにしてると
言ってたのに・・・

でも、いつもバイク仲間と雄大な台地でツーリングし、夏
は毎年沖縄でダイビング、そして1年に1度の同級生との
旅行と、70歳になっても人生を謳歌してました。
そう考えたら幸せな人生だったかもしれません。

お兄さんが彼の遺骨を引き取り、生まれた地の千葉の霊園
に納骨されたのだそうです。

今年の旅行で彼のお墓参りをすることにしました。