宇津救命丸公式サイト|夜泣き、かんむしには宇津救命丸

Home » ブログ » 即位の礼

ブログ

blog

即位の礼

10月22日の「即位の礼」の中継は、栃木の実家で見てい
ました。

カレンダーが休日になっていないので(印刷に間に合わな
かった?)、最近まで休みと気づかなかった人もいたみた
い。そういう私も、先月まで休日というのを忘れてました。

パレードは、台風の被害にあった方々に配慮して延期され
たそうですが、皮肉にもこの日はどしゃ降りで、陛下も被
災地を思うと心を痛めておられたでしょう。

皇室の公式行事は久々に見ましたが、十二ひとえのお姿を
見ているとお雛様そのもの。そういえば従者もいました。

儀式が始まるまでのカウントダウンを表示していた局が
ありましたが、定刻のゼロになってもなかなか始まらない
ので何かあったのかと・・・始まったときはホッとしま
した。その理由は、遅れた要人を待っていたとか、天気の
回復を待っていたとかウワサが。

天皇陛下のおことばは、ハッキリ、ゆっくりでさすがです。
やはり練習されてるのかな。いつも私の挨拶は早いと妻に
言われているので。

陛下のお召しになっていた着物の色は、赤みがかった黄色
で、真昼の太陽の色を現わしているのだとか。古式ゆかし
きその色使いは、日本の美のセンスでしょうね。
そういえば、なんで子供が太陽を描くときは赤を使うので
しょう。

その後雨がやみ、青空も覗くぐらいに。まさしく奇跡の
ようです。天気の回復を待っていたというウワサも、あな
がち間違っていないかも。
人生で、二度の即位と二度の東京オリンピックが経験出来
るとは。人間長生きはするものです。

話は変わって地元のスーパー。前々回に話した、11月に行
われる大嘗祭に使われる地元のお米「とちぎの星」が売っ
ていました。

このときは買わなかったけど、出会った隣の岩本さんにそ
の話をすると、岩本さんちでも作っているそうです。
メインのコシヒカリより1カ月遅いので作りやすいとか。

その話をしてからすぐ、味見と言って親切に持ってきてく
れました。冷めた方が甘みが出て美味しいのだとか。
早速、地元の卵で卵かけごはんにしました。おいしかった。