宇津救命丸公式サイト|夜泣き、かんむしには宇津救命丸

Home » ブログ » 在宅勤務で増えたのは

ブログ

blog

在宅勤務で増えたのは

本社が在宅勤務を始めて2週間になりますが、その間に増
えたのが、体重と営業電話。
こんな時だから家にいると思ってかけて来るのでしょうか?

前に電話したのを忘れたのか別の人なのか、断っても同じ
会社から何度もかかってくることがあり、こっちも番号を
覚えて出ないようにしています。

おかしいのはお見合い紹介所からの電話で、40過ぎた3人
の息子はとっくに結婚しているのに。いつのデータを見て
いるのでしょうか。

むかしは電話番号が表示されないので、誰からかかって来
たのか出ないとわかりません。
女性の声で「〇〇君いますか?」と、息子の友達のような
電話がかかって来ることがありました。「女性から電話」
と取り次ぐと、息子もいそいそと電話に出るのですが、結
局、英会話とかの営業電話で憤慨してました。

その後携帯が普及しても、相変わらず「〇〇君いますか?」
と自宅にかかって来て、これは怪しいとわかります。
そんな時はみんなが電話してるのか、必ず後ろがガヤガヤ
と騒がしい。

一番怪しかったのは、「ある会社が上場するので、いまの
うちに未公開株を買わないか」という電話。そんなのあり
えないとわかってますが、相手はもっともらしく話します。
会社にも怪しい電話がありました。ブログ参照

そういえば、最近電話の〇〇詐欺という話を聞かなくなり
ました。以前にも書きましたが、「オレオレ詐欺」にはうち
も危うくひっかかりそうに。

離れて住んでた息子からの電話と信じ切って話してました
が、お金の話を持ち出され、妻が「いい勉強になったと思っ
て自分で責任を取りなさい」と一喝。そのうち話がおかし
くなり、「オレオレ詐欺」と気づきました。

続きがあって、その電話番号を消すのを忘れ、しばらくし
てから息子と間違ってかけてしまったことがあります。
「オレだ、オレだ!」と言っても、相手は「ハッ?」。
逆オレオレになってしまいました。

オレオレ詐欺も、その後いろんな手口を変えて巧妙になっ
てきたようですが、「10万円給付詐欺」とかありそうなの
でご用心。