宇津救命丸公式サイト|夜泣き、かんむしには宇津救命丸

Home » ブログ » 専門家の言うコロナウイルス対策は?

ブログ

blog

専門家の言うコロナウイルス対策は?

いま新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっています。
とくに中国から遠いイタリアで感染者が急増しているのが
意外ですが、その数は日本の14倍というから驚きです。
その原因は、国の経済が赤字で、医療施設や医療従事者が
少ないからだとか。

コロナウイルス対策は、いろんなメディアでいろんな人が
いろんなことを言っていますが、専門家の提言を聞くのが
一番。そこで、先日テレビで順天堂大学の感染症専門の教
授が、長時間にわたってレクチャーしていたのでまとめて
みました(一部加筆しています)。

先生が言うには、新型コロナウイルスは感染力は強いが、
感染者の8割は軽症で、残り20%が重症(その内6%が重
体)。その重症のほとんどが高齢者や基礎疾患(糖尿病、心
不全、呼吸器不全)の人で、若い正常人はそんなに恐れる
ことはないそうです。ただ、症状が軽い分だけ自覚が無く、
人に移してしまう可能性が高いので要注意。

だから政府は会合やイベントの自粛を求めているのですね。
行動を制限するのは、感染ルートが不確かな4次感染を防
ぐのに有効な手段なのだそうです。

日本が他国に比べ感染者数や死亡数が少ないのは、医療体
制が進んでいるからだそうですが、別のメディアによれば、
韓国の患者数が世界2位と多いのは、検査技術が進んでて、
急速に感染者を洗い出し発表しているからだと伝えてます。

では、沢山の人を検査すればいいかというと、医療現場に
人が集中し、かえって感染の危険性が高まるとか。さらに
医療現場の混乱が起きるので、いまは重症者を重点的に治
療することが重要だそうです。

では、各自がいまできるコロナ対策は?
●一番重要なのは手洗いです。それも20秒から30秒間丁寧に。
ポイントは①手を濡らして石鹸を泡立てる②指の間を洗う
③手のひらと手の甲を洗う④指先を洗う⑤手を組んで洗う
⑥親指を包むように洗う。
外から帰った時は、手を洗う前に服を着替え、手を洗った
後に顔も洗うといいでしょう。

●外でなるべく物に触らない。
たとえば、エスカレーター、電車の手すりやつり革です。
感染者がくしゃみや咳を手で押さえ、その手で何かを触る
とウイルスが付きます。そこを別の人が触り、その手で口
や鼻を触ると粘膜から感染します(あくまで可能性ですが)。
だから、手洗いは重要なのです。エレベーターのボタンを
押すときも指先を使わないというのがポイントのようです。

●アルコール消毒
消毒用アルコールもコロナウイルスに有効ですが、最近品
切れ状態が多いので、石鹸での手洗いでも十分とのこと。
余談ですが、中身のエチルアルコールは100%では揮発が
早すぎて効果が無く、60~70%が適しているそうです。

●うがい
先生は、うがいは日本だけの習慣で意味がないと言ってい
ました。これは最近の学説で、喉についたウイルスはすぐ
に体内に吸収されてしまうためです。
他の先生の中には「うがいは有効」と言ってる人もいます
が、うがい薬を使うより、水でうがいした方が効果的とか。
それはうがい薬で他の常在菌なども殺してしまい、免疫
力が落ちるからと言われています。

●マスク
いま、どこの店に行っても欠品で、当分入荷の見込みは
ない様です。でも、マスクは自分が持っている菌をばらま
かないのには有効ですが、ウイルスを予防する効果は低い
そう。第一、ウイルスは目の粘膜からも移りますから。
健康な人には必要ないので、本来の患者の手に入るように
して欲しいとのことです。とはいってもいま車内でマスク
をしないで咳き込んだりしたら・・・持って歩くのは必要
かもしれません。

これも余談ですが、花粉症や喘息の人が社内や車内で咳や
くしゃみをすると、マスクをしてても視線を感じるとか。
そこで、「私は花粉症です」「私は喘息です」と書いた
缶バッジやシールが売れてるのだそうです。なんともはや。

(咳対策で言われているのは)
• 咳やくしゃみが出る時は、他の人にうつさないために
マスクを着用する。

• マスクを持っていない場合、咳やくしゃみをする際は
ティッシュや腕の内側などで口と鼻を押さえ、他の人か
ら顔をそむけて1m以上離れる。
• 鼻汁や痰の付いたティッシュはすぐにゴミ箱に捨て、手の
ひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗う。
(マスクを捨てるときは密閉容器に入れてとも言ってます)

◎ではどうしたらコロナウイルスの症状を見分けられるか。
感染した場合の具体的な症状は、①発熱 ②乾いた咳 ③倦怠
感 ④たん ⑤息切れ ⑥のどの痛み ⑦頭痛 ⑧筋肉痛、悪寒など。
これを見る限りほとんどかぜの症状と変わりませんが、
ポイントは
●37.5度の熱が4日間続いた場合。
●高齢者や基礎疾患患者が37.5度の熱が2日間続いた場合。
●強い倦怠感がある場合。
だそうで、症状があれば10日から14日休めととのこと。
難しい選択です。

この番組では、予防にハチミツとバターを摂ることを推奨
していましたが、ハチミツにはウイルスや細菌を予防し、
含まれるフラボノイドがウイルスの遺伝子を破壊するのだ
そう。ただし、ご存知のように乳児にはNGです。
一方バターは、含まれるビタミンAに免疫力をアップする
力があるのだそうです。
この2つの話題で3時間番組のじつに6割を費やしました。

ここからはこの番組で放送されていませんが、他に出来る
こととして・・・
●身体の弱ってる人になるべく近づかない。
●人と話すときは間隔を摂る。
●不用意に顔を触らない。人は無意識に何度も顔を触る癖が
あります。口はもちろん鼻や目からもウイルスは感染します。
●バランスの良い食事で栄養を摂り、十分な睡眠で免疫力
をアップさせる。
●お子様には感染のリスクが低い様ですが、なるべく人混
みに連れて行かない、帰ってきたらすぐ着替えてお風呂
に入れる(身体を洗ってあげるときは自分の手を洗ってから)。

連日テレビでもコロナの話題ばかりですが、とにかく余分
な情報が多く、不安にさせる話も多いです。先日ニュース
のテロップに、「きょうも感染者が続々」とありました。
「続々」なんてセンセーショナルな言葉は不安を煽ります。
いま出来ることをもっと簡潔に話してもらいたいものです。

●過度に恐れることはない。
●常に入念な手洗い。
●マスクは着けなくてもいいが持ち歩く。
●マスクが無くて咳をするときは注意!
●不要不急なら人ごみに行かない
●熱が37.5度以上続いたら家にいて様子をみる。
●栄養と十分な睡眠を摂って免疫力を高める。

なお、コロナウイルスに関して疑問がある方は厚生労働省
のホームページにQ&Aが載っています。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html