宇津救命丸公式サイト|夜泣き、かんむしには宇津救命丸

Home » ブログ » 晩夏のミステリー

ブログ

blog

晩夏のミステリー

まだまだ暑い日が続きますが、ちょっと涼しくなるお話を。

工場で玄関に来客があるとセンサーでチャイムが鳴ります。
でも、たまにチャイムが鳴っても誰もいないことが。それ
も、いつもだいたい3時から4時の間でたいてい2回。

私も何度か経験しましたが、ほんとに誰もいないのです。
タヌキかキツネのピンポンダッシュ?

工場では、前の工場長(私の叔父) が工場が心配で、見に
来て帰るのでは?とまことしやかに。叔父は長年工場長を
勤め、80才で亡くなったのです。

話は変わって、先日工場に行ったとき、みんなが何かを話
していました。
聞くと、以前役員室(工場長室)だった入口の壁にある在室
のランプが突然点灯したというのです。

いまは倉庫になっていて、もちろん誰もいません。しかも
そのランプのスイッチも取り外したはずだと・・・
お盆は過ぎたけど、まだ工場を見守ってくれるのかな。