宇津救命丸公式サイト|夜泣き、かんむしには宇津救命丸

Home » ブログ » 工場界隈(栃木県)のコロナ事情

ブログ

blog

工場界隈(栃木県)のコロナ事情

いまだ先の見えないコロナ感染ですが、工場は在宅勤務と
いかないので稼働中。なので私はずっと工場に来ています。
(コロナ疎開ではありません)

本社は早くからテレワークを採用していたので、東京にい
たときもほとんど自宅にいましたが、工場に行く前の2週
間は細心の注意をし、宅急便すら直接受け取らないように
していました。もともとインドア派なので、家にいるのは
苦痛ではありません。

栃木県全体でいまだ感染者は54人。都心と違って三密にな
る場所が圧倒的に少ないです。
工場(実家)のまわりなんて、市や町と違って、非常事態宣
言前でもほとんど人に会いません。それに、全員が車通勤
ですから(公共交通機関がない)。

それでも工場では万一を考え、対面する作業場にはシールド
を付けたり、出来るだけの対策を。幸い、マスクの在庫も
そこそこ間に合っています。

スーパーは何カ所かあり、安いところは混んでますが、高
くて評判の悪いお店はまあまあ空いてます。人に会うのは
この時ぐらい。

ここら辺は事件も少ない平和な町ですが、最近車上荒らし
が増えてると町内放送で言ってました。もしかしたら景気
が悪くなり、治安も悪くなっているのかもしれません。

食べ物屋さんもテイクアウトが増えました。こちらは車社
会なので、ちょっと離れた場所でも車で取りに行けます。
逆に、出前館とかのデリバリーサービスはありませんが。

イタリアンレストランのお弁当。千円で食べ応え十分です。

別のレストランのテイクアウトピザ。マルガリータが990円。
サラダが380円。税別ですが、東京のデリバリーピザの半
額以下です。

これからゴールデンウイークが控えていますが、こちらの
滞在が長引くのを予想し、プラモもいくつか持って来ま
した。庭木の手入れとプラモの作りづめで肩こりがひどく
なりそうです。