宇津救命丸公式サイト|夜泣き、かんむしには宇津救命丸

Home » ブログ » 陽気で親切な植木屋さん

ブログ

blog

陽気で親切な植木屋さん

実家の敷地内に木が沢山ありますが、うっそうとしてきて落葉
の掃除も大変なので、思いきってプロに切ってもらうことにし
ました。薬師堂の垣根も手を焼いてたので、こっちの方も頼む
ことに。

頼んだのは、数年前から工場の入口にある赤松の剪定を頼んで
いる造園業者(いわゆる植木屋さん)。 300年前からある松の選
定を任せてるので腕は確かです。その上、料金はリーズナブル
で、何本も頼んだにもかかわらず、格安の見積りでした。
木が沢山あるから助かります。

安い理由の一つが自前の高所作業車など重機を持ってること。
持ってない業者に頼むと高額なレンタル料金がかかるのです。

木を切るとき、まずクレーンに付けたかごに乘って枝を落と
します。

次に倒れないようにクレーンで吊って、チェーンソー
で幹を切り倒す。落ちた枝はユンボでまとめて挟みトラック
に載せてました。あれがあると便利そう・・・

親父さん(社長)は明るく陽気でダジャレ連発。すぐに昭和歌謡
を歌いだし、話好きで仕事が終わっても30分ぐらい話しして
いきます。立ち話なので蚊に喰われて・・・。なんとも楽しい
人ですが、息子さんは呆れてます(妻曰く ウチと一緒)。

農業高校で講師をしたり、茶道と生け花を習っていたり。
小さい頃から那珂川のそばに住んでるので、アユを投網で捕る
腕はプロなみだそうですから人生が豊かです。

いつも沢山の鮎をくれますが、今回はそれに加えて大好物の
シャインマスカットや、家で作ったお米まで持ってきてくれ
ました。このお米が自慢の種で、確かに甘くておかず無しで
も食べれます。

アユは昨晩採ったそうですが、すぐに冷凍したみたいです。
天然のアユだから、小さいけれどジューシーでした。

人がいいから、頼んでいない木を切ってれたり、重くて動か
なかった倒木を運んでくれたり。サービスで、ユンボで
荒れ地の整備までしてくれました。やっぱりユンボ欲しい・・・

プロが使う道具の使い方や説明までしてくれました。歳を
とったらやっぱり道具です。これはリュック型のブロアー。

薬師堂の垣根もスッキリ。
before

after

いまは中が見える方が防犯になるそうです。

親子二人で5日かけてやってくれたのですが、なんと、早く
終わったからと値引までしてくれました。何かを頼んで
こんなこと言われたのは初めてです。

気は心、また頼みたくなりますね。