宇津救命丸公式サイト|夜泣き、かんむしには宇津救命丸

Home » ブログ » 麦秋

ブログ

blog

麦秋

初夏のこの季節を、俳句の季語などで「麦秋(ばくしゅう)」
と言うそうです。なぜ麦の秋かというと、今頃が麦にとって
は収穫の秋であるからだそうです(妻に聞きました)。

工場のある高根沢町には、以前キリンビールの工場があり、
多数の契約農家が麦を作っていました。十数年前にその工場
は移転してしまいましたが、いまでも農家との契約は続いて
いるそうです。

ここだけ見ると秋のよう。

お化けのように大きくなった紅葉を小さく切ってたら・・・

調子に乗って切り過ぎました。

切った枝葉は軽トラ3台分。

違う用事でプロの植木屋さんが来たので、感想を聞くと絶句。
「全部切っちゃった方がよくないですか」と言われました。

紅葉は風にそよぐように垂れ下がった形にき切るのだそう。
全然違いました。まあ、またすぐ伸びます。

後で本を見たら確かにそう書いてありました。しかも切るの
は葉が落ちた後だそう。まさに「年寄りの冷や水」でした。

工場の倉庫を探していたら、むかしの救命丸の景品が沢山
出てきました。40年ぐらい前のです。

いまの子供は見向きもしないかもしれませんが、まだまだ
物が無かった時代ですから、お店が取り合いするほど喜ばれ
ていました。

今の子供はつくづく幸せだと思います。