宇津救命丸公式サイト|夜泣き、かんむしには宇津救命丸

Home » ブログ » 房総応援団

ブログ

blog

房総応援団

妻の実家が千葉なので房総方面には馴染みがあり、今年の
2つの大型台風や大雨の被害は他人事と思えません。
9月の台風15号が上陸する3日前に房総に行き、ブログに
載せようと書いたのですが、被害の大きさを考えて掲載を
控えていました。

つい先日も友人たちと勝浦に行ったので、少しでも観光の
PRになればと思い載せます。

(家族編)
夏休みに何処にも行けなかったので、9月の中旬、急に思
い立って房総の温泉に行くことになりました。しかも、
長男の嫁と孫二人を連れて(長男は最初から想定外)。

房総だからやっぱり海のそばがいい。赤ん坊がいるので部
屋に内風呂付は必須。さらに、いくら嫁と仲がいいとはい
え、同じ部屋で一緒に寝るわけにも・・・そこで、二間続
きの部屋がある旅館を探しましたが、条件に合うのがなか
なかありません。

やっと条件の合う旅館を見つけましたが、次の間といって
も二畳。旅館に電話して詳しく聞くと、そこは玄関のタタキ
だそう。事情を話すと、親切に同じ料金でもう1部屋とっ
てくれることになりました。言ってみるもんです。

当日、孫に鴨川シーワールドで13時から始まるシャチショー
を見せたいということで早めに出発。
天気は快晴で、休憩した海ほたるからの景色は絶景でした。

アクアラインを過ぎてからナビが混乱し、一般道を通った
ので着いたのが12時過ぎ。海辺のオシャレなカフェで
ランチの予定が、園内のホットドッグになりました。

晴れてるのはいいけれど、9月にしては厳しい暑さ。孫を
連れて園内を歩くと早くもバテ気味。嫁は赤ん坊を抱いて
ても元気です。若いっていいなあ。

早めにシャチのショーの所に行くと、すでに沢山の人。
前の席は空いてますが、そこは砂被りならぬ水被り。

ショーが始まると、巨大なシャチがジャンプ。大きな水
しぶきが客席にかかります(前席の人はレインコート着用)。
あんなに楽しみにしてた孫は、ビビッて「もう見ない」
「もう見ない」と連発。

と言いながら、目は外せず結局最後まで見てました。
次に涼しい水族館へ。嫁はせかさない教育方針のようで、
子供が興味のある所では飽きるまで見せてました。
おじいちゃんはちょっと飽き気味。
 

帰りにお店でおみやげを選ばせると、意外にも口を開けた
シャチの人形を。あんなに怖がっていたのに、子供の心理
は不可解です。

そこから旅館までは30分。
フロントに行くと、女将さんらしき人が「ベットルーム
付きの広い和室が空いてるのでそちらに案内します。」
と言われたのですが内風呂がないと聞いて断念。残念です。

最初に聞いた部屋の次の間がここ。さすがにこの2畳で
寝るのは厳しかったかも。

すると、先ほどの女性が飛んできて、さっきの広い部屋
にお風呂が付いてたのを忘れていたと。忘れてたって・・
旅館の人がそんなことあるの???

で、案内されて移動すると、さっきとは段違いの広さで
立派な部屋。ご親切に感謝です。

内風呂も温泉じゃないけど石造りで立派。

早速孫を連れて温泉へ。岩を削って作ったトンネル風呂だ
そうです。

初めての経験に孫は「もう出るー」と。少しビビり過ぎ?

夕飯は海の幸がてんこ盛りでした。

夜は和室の方に嫁と子供たちが泊まりました。広い和室に
孫は嬉しくて走り回り、興奮して鼻血を出したそう。

翌朝、旅館の裏が浜辺ということで、孫と二人で行ってみ
ました。暗いトンネルを抜けるので、怖がって抱っこと
せがまれ重労働。

初めて海の波を見たようで、ちょっと驚いた様子。波打ち
際で波に追われて逃げ回ってました。ここでも怖がってた
と思ったら、帰り際に「楽しかったね」と意外な言葉。
子供って裏腹でおもしろいですね。

そういえば、父親(私の長男)が同じ年の頃、レストランで
ほとんど食べなかったのに、スタッフに「おいしかった」
とお世辞を使ったのを思い出しました。親子は似てる。

孫との友情が深まった旅行でした。

この3日後に大型台風が来たのです。
あの海辺の旅館は?シーワールドのシャチは?いろいろ
気になりましたが無事だったようです。

孫は、家に帰ってもシャチの真似をしたり、話も持ち切り。
シャチ愛が凄かったです。

で、先日友人たちと勝浦に行った話はまた後日に。