宇津救命丸公式サイト|夜泣き、かんむしには宇津救命丸

Home » ブログ » 孫とサメ

ブログ

blog

孫とサメ

栃木県では、サメを食べる習慣が今でもあり、スーパーな
どで普通に売っています。サメの肉はアンモニアを含くん
でて腐りにくいので、内陸の栃木では、輸送手段が乏しい
昔は重宝されたのかもしれません。

おもに煮つけにするそうで、煮凝りが好まれるようですが、
最近は唐揚でも食べられているようです。

話は変わって、孫はサメがお気に入り。水族館で強そうな
サメに一目ぼれしたようです。その孫に、サメの唐揚げが
あると言うと、食べてみたいということに。そこで、実家
の近くの食堂に行くことになりました。

当日、店のそばまで行くと、孫はだんだん不安げに。
「サメに食べられちゃうんじゃないの?」と言ってます。
一体、何を想像しているのか・・・

店に入ると、「サメはどこにいるの?」とキョロキョロ。
どうも彼の頭の中では、あのサメの姿で出て来ると想像し
ているようです。

当然ながら、出て来たのは普通の唐揚げ。それを見て孫は???
味は、あぶらっこい白身の魚という感じです。そして妻
は、なぜか食べてお腹をこわしました。相性ですね。

その後東京に帰えり、しばらくして孫が「またサメ食べ
たい」と言っていました。彼の心理はナゾです。