宇津救命丸公式サイト|夜泣き、かんむしには宇津救命丸

Home » ブログ » 日本東洋医学会

ブログ

blog

日本東洋医学会

先日、宇都宮で行われた東洋医学会関東支部の学術大会に
出展しました。

そのメールが突然来たのが8月。初めての方からで、薬剤師
つながりでうちの薬剤師に連絡がありました。

日本東洋医学会関東甲信越支部の学術集会を宇都宮で開催す
るので、栃木県の漢方関係について歴史やPRなどの資料を
展示しないかとのことでした。
ふつう、展示会に出展すると数十万の費用がかかるのが常
識ですが、今回は無料というのが逆に不思議です。

消費者向けや、卸・小売り向けの展示は何回もやっていま
すが、医療関係者向けに理解を深めて頂く展示というのは
なかなかハードルが高いもの。でも、場所が地元の宇都宮
でもあり、展示費が無料ということで参加することに。

でも、通常は展示スペースの広さやテーブルの有無、搬入
など出展方法が細かく決められているのに、どうもそういう
のがないらしく、どうしたものか・・・

そうこうするうち時間がたち、展示会が近づいてきました。
相変わらず詳細がわからず・・・ほんとにやるのかな?

10日前に連絡があり、ネットで検索すると学術大会のHP
がありました。やっぱりやるんだ!!でも詳細が・・・

当日、開催前に展示の用意をするので、早朝に実家を出発。
こういう時は近くだと便利です。展示を臨機応変にと、
ポスターや製品見本、小冊子を積み込みました。

会場に着くと、すでに実行委員らしき人たちが動いていま
したが、誰に話していいやら。取り敢えず、メールをくれ
た方を訪ねました。なんとその方は、今回の大会の会長で
した。

講演会は1階で、展示会場は2階。説明を受け、やっと概要が
わかってきました。

内部の立派な宇都宮文化会館。コンサートとかもやっている
ようです。

最初の部屋で、栃木県在住の3社がポスターや展示物でPR。
隣の部屋で、各先生がパネルにポスターを貼り、時間にな
るとそこで先生が発表をするそうです。イメージとしては
文化際的な・・・

1日立ち会っていましたが、10時から1階で講演が始まり、
お昼を食べながらも講演があるので、展示室の来場者は
まばら。でも中には、宇津救命丸3種類の違いとか、成分の
ことなど、熱心に聞いてくる方もいました。

人が途切れた時、講演会場を覗きに行きました。聴衆は多
かったですが講演内容が難しくてチンプンカンプン。
いまは東洋医学と言っても科学的です。

交代でお昼を食べ、私が一人で立ってヒマしてたら、ポスター
展示の時間になってドドッと人が。一度にいろんな質問を
受けてパニックです。こんなときに一人とは・・・学術大
会の展示はこの時間が勝負のよう。

講演場所と展示室が1階と2階に分かれてたため、展示室を
訪れた方は少なかったですが、何人かは理解をして頂けた
ようで手ごたえがあり、多少のPRにはなったかな。

日本東洋医学会関東甲信越支部学術集会の会長に感謝です。